亀山湖の釣れるディープ実績ポイントを紹介② 月毛沢前フラット~中ノ島

亀山湖のディープエリア紹介の2回めは

柿ノ木下から松下ボート方面に進んだ

インターセクションにあるエリアです。

 

「中ノ島」という名前のエリアとしてしられて

ますが、その一帯が魚が濃いエリアですね。

 

自分の調べた中での解析なので、今時の

高性能魚探で見た画像とは違うかも

しれませんが、

まあ温かい目で見てやってください(笑。

 

二次元の魚探での解析ですが、釣れる

コースなどは実績のあるものです。

 

少しでも参考になれば幸いです。

 

複合エリア

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーの

カケヅカ( @kakedukaSS )です。

 

今回は月毛沢前から中ノ島までのエリア

を紹介するのですが、ここは具体的なピン

がわかりにくいんですよ(笑。

 

月毛沢前

 

というのも、複合的に良いスポットがあって

どこも魅力的なんですよね。

 

そしてフラットと言いながら起伏に富んでて

最深部では17~18mありながら、中ノ島

はボトムが目視できるほど浅くなります。

 

基本的にはこの水中島の周りを攻めるのが

良いと思いますが、その周りのフラットも

釣れるんですよね。

 

そして月毛沢入り口と松下ボートの桟橋

が絡み、さらに橋げたにはゴロタが絡んで

さらに桟橋対面には大規模なブッシュも

あるというゴージャスさ(笑。

 

その気になれば、その一帯だけでかなりの

時間を楽しめると思います。

 

マーカー必須

 

さて釣り方なんですが、自分の場合は

やはりダウンショットが中心になります。

 

ショートドラッギングが一番フッキングが良い

と確信してるのですが、フラットがそれほど

広くないので、結構絞らないと根掛かりの

餌食になります(笑。

 

なのでこのエリアをやり込むなら

マーカーは必須ですね。

 

今時はGPSを使ってる方も多いので、

昔ながらのマーカーブイを使う事は無いの

かもしれませんが。

 

でも自分はいまだに普通のマーカーブイを

使ってます。

結構便利なんですよ(笑。

 

そのマーカーブイの使い方は別記事で

自分なりの使い方を書く予定なので

ここでは割愛しますね。

 

秋口から初冬に良い

 

釣れるディープエリアを紹介してますが、

このエリアはディープだけではなくて、

いろんなタイプの釣りを実戦できるんです。

 

そうゆう意味では魚が散った秋口に最も

適したエリアと言えるんですよね。

 

まずは普通に岸のカバーがあり、橋げたは

ゴロタが入ったシャローからミドルまで

繋がった場所。

 

そして沖には大規模な水中島があって、

そのまわりにはハードボトムのフラットが

あるという。

 

桟橋もあって、ワンドの入り口もあって、

本湖のインターセクションにもなってるという

バラエティーに富んだエリアなんですよ。

 

まあ、現在亀山湖の桟橋は全域で釣り

禁止なので、直接釣りはできませんが、

魚をストックする要素は充分ですよね。

 

オールラウンダー御用達

 

そんな訳でこのエリア、あらゆる釣りが

成立する可能性があるんですよ。

 

細かい釣り方は無制限で何でもアリなので

そこは自由にやってみてください。

 

月毛沢前フラット②

 

上の画像の番号を目安にして説明

しますね。

 

自分のおススメとしては、まずシャローを

ライトリグでサクっとサーチしてみます。

 

①の桟橋対岸の橋げた周りのゴロタに

ノーシンカーを落としてみると高い確率で

反応があると思います。

 

でも、人が入れ替わり立ち代りなので、

タイミングが重要ですね。

 

そしてそのまま横に移動して竹のブッシュに

テキサスを落としてみます。(②)

 

ここは手前から奥までまんべんなく撃って

みたいですね。

 

動画付きの過去記事はこちら↓

 

ちなみにここは秋にビッグフィッシュの実績

が高いポイントでもありますので覚悟して

挑んでくださいね(笑。

 

ヘビーカバースタック

 

そこまでで全く反応がなかったら、沖の

水中島の一番浅いところにライトリグを

入れてみます。(③)

 

その場合はあらかじめ魚探などでスポット

を把握しておく必要があるので、そこは

何とかしてくださいね(笑。

 

もしわからなかったら、とりあえず沖のフラット

をダウンショットで探ってみましょう。(④)

 

岸がダメな場合、沖で反応がある事は

多々ありますからね。

 

そこまでで何も手がかりが無いとしたら、

そのまま月毛沢のワンド内をチェックして

みてください。(⑤⑥)

 

さて、ここまでの一連の釣りを高いレベルで

こなせたら、必ず何かしら反応があるはず

です。

 

オールラウンダーとしても資質が問われる

ある意味難しいエリアと言えるかも

しれませんね(笑。

 

関連記事はこちら↓

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。 instagram(インスタ)

の方もチェックしてみてくださいね。

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

wpmaster

本名 欠塚実(カケヅカミノル) 48 既婚 子供三人の父親 東京都足立区在住 ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表