亀山湖の釣れるディープ実績ポイントを紹介① 柿ノ木下偏

なんかディープウォーターの事を話し出すと

止まらなくなってしまいます(笑。

 

それだけ思い入れがあるんですよね。

 

なので思い切って細かいポイントまで

紹介してしまおうと思います(汗っ。

 

なんというか、本当に釣れるんだ、という

事をわかってもらいたいですしね。

 

カバーと違ってこれからの時期のディープは

安定して釣れる事が多いですからね。

 

ぜひ試してみてください。

釣れますから!

俺んち

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーの

カケヅカ( @kakedukaSS )です。

 

今回紹介する「柿ノ木下」というポイント

ですが、過去に自分が一番釣ってる場所

なんですよね。

 

ローカルトーナメントでも優勝入賞多数、

一年で最も得意としてる時期のメイン

エリアなんですよ。

 

まあ、結構前の事ではありますが、当時は

このエリアは「カケちゃんち」と呼ばれるほど

一人勝ちしてたエリアでした。

(カケちゃんは当時の愛称)

 

自分としては特に変わった釣り方をしてる

つもりはなかったのですが、それでも周りが

釣れなかったのは何かあったのでしょうかね

(笑。

 

おそらく当時は今ほどディープの釣りが

開拓されてない頃だったんだと思います。

 

トーナメントのオフシーズンでしたし、プロが

本気でやり込むような状況でもなかった

ですからね(笑。

 

なので当時は良い思いをさせてもらって

ましたね。

 

具体的な場所

 

なんとなく地図に印を付けてみました(笑。

 

柿木下

 

もっとソフトの使い方勉強しないとな(汗っ。

 

で、おおまかな場所は上の画像の位置

なんですが、そこは最大水深に近いくらい

深い場所が絡んでるんですよ。

 

増水時は20mくらいの水深になりますね。

 

ベンドを曲がったあたりから一気に

水深が上がって、大体7~9mくらいまで

なるんですよ。

 

柿ノ木下ブレイク

↑わかりにくくてすみません…

 

で、狙いはその上がったところで、亀山湖

のディープフラットの中では結構有名は

エリアなんですよね。

 

その9mくらいの場所をダウンショットの

ドラッギングで流すというイメージです。

 

釣り方は過去記事を参考にしてもらえると

良いかと思います。

 

サイズの釣り分け

 

ここは狙い方でサイズに違いが出るんですよ。

 

それはルアーとかシンカーの重さではなく、

狙う水深なんです。

 

7~9mのフラットから深い方に向かって

流していって、ボトムを切ってもそのまま

流し続けます。

 

シンカーは完全に中層を泳いでるのですが、

ブレイクから少し離れたところで食うヤツが

デカいんですよ。

 

一昨年の12月だったんですが、その時は

40後半くらいのサイズが連発したんですよね。

 

2014-12-10 14.35.24

 

それまでも釣り方で良いサイズが食うのは

わかってましたけど、約6年のブランク後に

そんな事になってるとは驚きでした(笑。

 

これはこの秋冬に自分でも検証しますが、

ブレイクを切って泳がせると良いサイズが

食うのは間違いないですから。

 

フラットでは数釣り、ブレイクでサイズアップ

という事で、ぜひやってみてください。

 

関連記事はこちら↓

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。 instagram(インスタ)

の方もチェックしてみてくださいね。

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

wpmaster

本名 欠塚実(カケヅカミノル) 48 既婚 子供三人の父親 東京都足立区在住 ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表