亀山湖の釣れるディープ実績ポイントを紹介③ ダムサイト前フラット~トキタ岬

自分が実績のあるディープエリアを

紹介しているシリーズの三回目です。

 

今回はダムサイト前のディープフラットで、

亀山湖で最も大規模なディープエリアです。

 

今まではダウンショットのドラッギングを推奨

してきたのですが、このエリアではキャロも

選択肢に入れた方が良いかもしれません。

 

その理由も含めて説明しますね。

エリアの特徴

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーの

カケヅカ( @kakedukaSS )です。

 

じつは最近あまりやってないのですが(笑。

 

ダムサイトの前に広がる広大なフラットで、

トキタボートから沖に伸びている馬の背と

絡んだエリアです。

 

トキタ前フラット2

 

本湖中の本湖、まさにド本湖の真ん中に

位置するエリアで、バス以外の魚のストック

も多いと思われます。

 

水深は最大20mまで落ちてる、と言っても

それほどの起伏はありません(笑。

 

なんというか大きな変化に乏しいエリアです。

 

ただ、大きく水が動くからかベイトが必ず

どこかで絡むんですよね。

 

ダムサイト

 

これまで紹介してきたエリアとは規模も

質も違う感じなんですよね。

 

それでも釣れるからなのか人気のある

エリアなんですよ。

 

周年船が浮いている人気エリアですが、

広さがあるので、普通に魚探をかけながら

探っていく感じになります。

 

狙い方

 

トキタ前

 

さて、このエリアの狙い方なんですが、

なかなか絞りどころがないんですよね(笑。

 

紹介しておいて何ですが、とにかく広く

探ってみるのが一番釣れそうに思います。

 

なので、ダウンショットと並行して、キャロも

投入すると効率良く探れると思います。

 

順番としては、まず①の岸際からです(笑。

 

またシャローからかよ!?という突っ込みを

覚悟で言ってますが、ここは冬にも実績が

あるんですよね。

 

もちろん自分は釣った事ありません(爆。

 

でも、クジは買わないと当たらないので、

撃つだけ撃ってみましょう。

 

まあ、角っこらへんにノーシンカーでも撃って

みると良いのではないでしょうか。

 

桟橋付近は禁止ですから、

誤解を招かないように離れたところを

やってくださいね。

 

ダウンショット&キャロでサーチ

 

そして②③をダウンショットかキャロで

攻める訳ですが、ここも明確なブレイクや

ハンプがある訳ではないんですよ。

 

水深は明らかに変わりますが、わかり易い

のは馬の背くらいですかね。

 

②のあたりが岸から伸びる馬の背になって

ますね。

 

まずは馬の背の近いをザックリ把握して

浅い方から深い方に向かってダウンショット

をドラッギングしてみると良いです。

 

浅い方にポジションを取るなら、キャロで

浅い方に向かってズルズル引いてくると

反応があると思いますよ。

 

これを逆でやると根掛かり頻発で釣りに

ならないと思います。

 

まあ、キャロはどちらでも使えますかね。

 

重めのシンカーがお薦め

 

さて、このエリアのボトムは変化が少ない

んですよ。

 

なので軽いシンカーで引くとワームの動きが

おとなしいんですよね。

 

ここはあえて重いシンカーで引いてやるのが

良いと思います。

 

ズバリ1/2オンスシンカーでのキャロが良い

と思います。

タングステン バレットシンカー【10個】14g 1/2oz
by カエレバ

 

ダウンショットなら3/16クラスが引き抵抗

があって良いと思いますよ。

 

とにかくフラットで起伏がないのでワームが

目立つ方が釣れるように感じますね。

 

自分のやり方はカーリーテール系をズル

引くよりも、ピンテール系を重いシンカーで

リアクションぽくアクションさせるのが好き

なんですよ。

 

ズル引きだけで勝手に動いてくれるし、

リアクションの方がサイズが良いように

感じてるんですよね。

 

おススメワーム

 

キャロにおススメのワームは、ホントは

スラッゴー4インチなんですけど、今は

見なくなりましたよね(汗っ。

 

大体今の人は知らないかな?

 

まあ、シャッド型の結構大きいワームです。

 

使える画像が無いので、よかったら同名

で検索してみてください。

 

で、その変わりと言えばやはりゲーリーの

ヤマセンコー5インチあたりでしょうか。

ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO) ルアー ヤマセンコー 5インチ J9-10-343
by カエレバ

 

いわゆるテールがピンっとなっていて、

根掛かりの後にすばやくスライドしてくれる

タイプのワームが良いと思います。

 

もちろん意図的にジャークさせても

おもしろいと思いますよ。

 

でも深いし広いのでドラッギングして

しまった方が早いですよね(笑。

 

ここに関してはほぼ根掛かりは無いので

結構早い速度で流してみると良いと

思いますよ。

 

根がかって外れた後のリアクションも

鋭くなりますからね。

 

ちなみにラインはベイトなら12ポンドに

リーダー6ポンドくらいで良いと思います。

 

やや細めの方がワームのダートが鋭く

なりますので。

 

そしてここは水産センター方向にある柳島

と呼ばれるスポットとも近いので、そちらも

おススメなんです。

 

柳島

 

でも、せまくて人気があるので入れる事が

めったにないんですよね。

 

まあそこは追々記事にしてみようと思います。

 

関連記事はこちら↓

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。 instagram(インスタ)

の方もチェックしてみてくださいね。

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

wpmaster

本名 欠塚実(カケヅカミノル) 48 既婚 子供三人の父親 東京都足立区在住 ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表