亀山湖 ダウンショットでディープを釣るやり方を改めて解説③

調子に乗りすぎてシリーズ化してしまった

ディープのダウンショットドラッギングメソッド

ですが、もう少しお付き合いください。

 

かつてJBプロトーナメントを逃げるように

やめたあと、亀山湖のローカルトーナメント

に出るも惨敗続きで(泣。

 

そこで唯一JB時代の貯金が効いて、強豪

ロコが集う大会で優勝する事ができた

思い入れのあるメソッドです(笑。

 

ハイシーズンはロコ選手のシャローパターン

やサイトに手も足も出ず、冬になって

ようやく狙って上位に入れるという。

 

さて、余計な話はこのくらいにして、

前回の続きからお話しますね。

 

ドラグワーク

 

前回はディープでデカいヤツを掛けた後に

主導権がバスにある状態から、どうやって

キャッチするのか?という事でした。

 

結論から言うと、もちろんその魚はキャッチ

できます。

 

スピニングタックル

 

それにはドラグを最大限駆使する必要が

ありますけどね。

 

まずフッキングまではドラグを締めておく、

という事を書きました。

 

で、フッキング後にドラグを調整して魚の

突っ込みに対応する訳ですが、それは

サイズによって調整を変えます。

 

小さいサイズの場合はそれほどシビアに

調整しなくても大丈夫なんですが、デカい

ヤツは細心の注意が必要です。

 

とにかく走りだしたら一気に相当な距離を

走ります。

 

それはまさにドラグが悲鳴を上げる、という

表現がピッタリというか(笑。

 

ここで一つ、ドラグのもう一つの使い方を

伝授しておきますね(笑。

 

ソリッドロッドは特にですが、ロッドを立てる

とドラグはでにくくなって、ロッドを寝かすと

ドラグは出やすくなります。

 

これの理屈は簡単で、ロッドを真っ直ぐに

して根掛かりを引っ張る状態が一番抵抗

なくドラグが出る訳ですから。

 

魚を手前に寄せる時はロッドを立てて、

走られる瞬間はロッドを寝かせればより

安全にファイトができます。

 

これを意識してやってみると役に立つと

思いますよ。

 

ただし、チューブラーのロッドの場合は

無理をすると簡単にティップが折れるので

くれぐれもご注意を。

 

指で押さえながら

 

基本はとにかく耐える事で、ドラグを多少

ゆるめに設定しておいて、ラインの出る量

を指で負荷を掛けながら押さえます。

 

走るのが止んだらロッドでこちらに引き寄せ

ながら、またロッドを倒してラインを巻き取り

ます。

 

ロッドで寄せる時ですが、指でスプールを

押さえながら寄せないとドラグが効いて

ちゃんとトルクがかかりません。

 

間違ってもドラグを締めてしまうと

急に走られた時にラインが出なくてブレイク

してしまいます。

 

やはりファイト中ドラグはゆるめに設定して

おくのが良いかと思います。

 

その繰り返しで、何回か止まっては走る、

を繰り返すはずです。

 

自分の感覚では一時間もファイトしてると

錯覚しますが、実際は数分でしょう(笑。

 

そのくらい焦れてくるのですが、そこは

焦らず騒がず、ひたすら耐えましょう。

 

ちなみに魚が一気に走りだした時に

船の反対方向に行ってしまうことも良く

あります。

 

船を回すのが間に合えば良いですが

たまに追いつかない時もあるんです。

 

そんな時、自分は躊躇しないで腕ごと

水にロッドを突っ込んでしまいますね。

 

そのあとエレキを手で操作して船を回し

ます。

 

はたから見てると相当バタバタしてカッコ

悪いと思いますが、やってる本人は

超必死なんで(笑。

 

魚をキャッチした後は腕が千切れそうに

冷たくなりますので、みなさんはもっと

スマートにやる方法を考えてくださいね。

 

ランディングが肝心

 

さて、そんなやりとりを繰り返してるうちに

バスが弱って浮いてくると思います。

 

そうなったらあとはランディングになりますが、

そこが結構大変なんですよ(笑。

 

終わり間際に大暴れするのがバスという

魚ですよね。

 

一度浮いてきておとなしくなったと思ったら

またスゴイ勢いで突っ込もうとします。

 

カバーなどで太いラインに太軸のフックなら

無理やりラインを引っ張って手繰り寄せて

しまう事も可能ですが。

 

2ポンドラインに細軸のフックでは無理は

出来ませんよね(笑。

 

出来る事ならハンドランディングではなく、

普通にネットを使う事を推奨します。

 

とにかく取り込み際が一番暴れるので、

タイミングを間違うとそれまでのファイトが、

まさに水泡に帰すという事に(泣。

 

自分の場合はバスがまったく動かなくなる

まで、根気良くファイトしますね。

 

周りで見てる人が「もういんじゃね?」と

言いたくなるくらい丁寧に弱らせますね。

 

感動の一瞬

 

掛けたときは「鯉か?」と思うようなファイト

も、ようやく無事にランディングすると本当

に感動しますよ。

 

測ってみると意外と長さが無い事に気が

付くと思います。

 

「このファイトでこのサイズか」

と正直思いますね。

 

でもコンディションがスゴイんですよ(笑。

 

ディープで釣れたやつは大体そうですが、

腹がパンパンで筋肉質とうか、健康体

なんですよ。

 

エア抜き

 

だから冬でも元気で良く引くんですよね。

 

この感動を味わいたくて、毎年冬になると

ソワソワしてしまうんです(笑。

 

一見地味な釣りに見えるんですが、実は

かなりスリリングでおもしろいんです。

 

そんな訳でここまで書いてきた今シリーズ

ですが、一応次回で終わりにしようと

思います。

 

最後はリグの作り方やタックルのセレクト、

実績のあるワームのセッティング方法などを

紹介したいと思います。

 

関連記事はこちら↓

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。 instagram(インスタ)

の方もチェックしてみてくださいね。

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

wpmaster

本名 欠塚実(カケヅカミノル) 48 既婚 子供三人の父親 東京都足立区在住 ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表