フィッシングスタイルの大変革で平均サイズが大幅アップ

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーの

カケヅカ( @kakedukaSS )です。

 

自分が今のスタイルであるカバーテキサスの

フリッピングをやる以前は中途半端な

オールラウンダーでした。

 

一応は何でもやるけど、得意なものは

何もなく、好きな釣りも何なのか

わからないという。

 

試合においてもキーパーは獲れるけど、

キッカーは狙えないという破壊力ゼロの

ショボいスタイルでしたね(笑。

 

でも、じつは初心者の頃は結構デカいの

を獲れてたんですよ。

 

その時は好きな釣りを思いっきりやって

ましたね。

ライトリグ一辺倒

 

トーナメント頭でっかちというか、なりきり

ナンチャッて野郎というか(笑。

 

20160829_220903

 

とにかくリミットを揃えてからキッカーを入れる

というのがトーナメントだと勘違いしてました。

 

トーナメンターたるもの、リミットメイクが

何よりも大事だと思ってたんですよ。

 

でも、正直釣りはつまらなかったですね。

 

試合でデカいのがかかってドキドキした事は

一度もありませんでした。

 

あ、JBプロの頃の話ですけどね。

 

試合で50オーバーを釣った事は何度か

ありますし、ドキドキした事もありますが、

どこか冷めてましたね。

 

やっぱり狙ってないんですよね。

 

どうしてもライトリグばかりやってしまい、

一発を狙いにいってないんですよ。

 

狙ってないからドキドキしないし、それでは

試合が楽しくないんです。

 

そのあとJBをやめて亀山湖のローカル

トーナメントに出始めた時も最初は

ライトリグばかりやってました。

 

やっぱりデカいのは

全然釣れなかったですね(笑。

 

すべてライトリグのゴーマル

 

じつは亀山湖で初めてゴーマルを釣ったの

は最近になってからなんです(汗っ。

 

ゴーマル君

 

それまでは40後半までなら

結構釣ってたんですけどね。

 

それもライトリグを置いて、フリッピングの

スタイルになってからでした。

 

不思議なものでJBプロ時代は試合以外

でもスピニングタックルでしかゴーマルを

釣った事がなかったんですよ。

 

それまでのすべてのゴーマルはスピニング

タックルでのライトリグによるものでした。

 

それがその後スタイルをフリッパーにしてから

ベイトでしかデカいのが釣れなくなって

たんですよね。

 

それでもゴーマルは出ませんでしたが(笑。

 

ゴーマルなんて都市伝説

 

本当に亀山湖にゴーマルなんているのか?

なんて思ってましたね(笑。

 

ローカルトーナメントに出始めて4年くらい

毎月必ず出場してました。

 

でも、試合はもちろんそれ以外でも一度も

ゴーマルを釣った事がありませんでした。

 

もはやゴーマルなんて本当はいないのでは

ないか?くらい思ってましたね(笑。

 

で、一度もゴーマルを釣る事なくブランクの

時期に入ります(泣。

 

この時はもうバスフィッシングは当分

できないだろうと思ってました。

 

それから色々あって今の仕事になってから

またトーナメントに出られるように

なったんですが。

 

あれほど釣れなかったゴーマルがここ二年で

複数本釣れてるんですよ。

 

もちろんほとんどがフリップです。

 

まあ、たまに巻いた時のもありますが(笑。

 

災い転じて福と成す

 

釣れるバスの平均サイズも上がってきて、

キロを超える魚も単発なら高い確率で

獲れるようになってきました。

 

カバーフィッシュ

 

まあ、いろいろな経験値があっての事だと

言えるのですが、それよりもスタイルを

大きく変えた事が良かったと思ってます。

 

ライトリグを捨てて釣りのスケールを大きく

変革した事が今の釣課に繋がってると

確信してるんですよ。

 

自分の場合はある意味ラッキーでした。

 

チャプター房総がエコルールだったので、

ほとんど強制的にライトリグを封じられて

しまったので(笑。

 

それまで使っていたワーム類のほとんどが

エコルールに抵触するものばかりで

使えなくなってしまったんですよ。

 

極端に練習時間が少ない事もあって、

得意というか、好きな釣りだけをひたすら

やりきったんですよね。

 

それがフリップでした。

 

長い時間かかりましたが、ようやく順番が

逆だった事に気がつく事ができました。

 

まずキーパーをそろえるのではなく、

まずはデカいサイズを狙える釣りを自分の

ものにしてから、という事なんですね。

 

キーパーサイズはどうにでもなります。

 

まあ、今もまだ苦労はしてますけど、

デカいヤツを獲る方が大事ですからね。

 

いつも必ずではないですが、釣りのたびに

狙えるようにはなってきました。

 

こうなると試合は本当におもしろい(笑。

 

今ライトリグ一辺倒で悩んでる人がいたら

試合に出る事をおすすめします。

 

良い影響を受けてスタイルを変えてみて

ください。

 

デカいヤツが獲れるようになりますよ。

 

フリッピングについての記事はこちら↓

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。 instagram(インスタ)

の方もチェックしてみてくださいね。

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です