デカイ固体が真ん中で釣れるのはもう間違いない事実

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーの

カケヅカ( @kakedukaSS )です。

 

いよいよ秋のベストシーズンに突入ですが、

同時に台風の影響も心配ですね。

 

そんな中、自分のホームレイク亀山湖の

今年の傾向について、

ハッキリと確信した事があります。

 

それはやっぱり、

デカイ魚は真ん中で釣れる、

という事ですね。

 

これまで何回か記事にしてきましたが、

ここで改めて考えてみたいと思います。

 

真ん中の定義とは

 

今年もチャプター房総にフル参戦して、

自分としては確実に成長したと

思ってるんですよね(笑。

 

チャプター房総最終戦

 

それは今年前半にカバーに対して

考え方が進化したのが

大きな要因なんですよ。

 

相変わらずキーパーを揃えるのは

苦労してますけど。

(最終戦では一歩前進)

 

で、その考え方というのが

デカい個体は真ん中にいる、

というもの。

 

でも、だからといって、

湖のど真ん中にフリップする訳では

決してないんですよ(笑。

 

真ん中

 

この場合の真ん中というのは

自分の狙っているスポットの

真ん中という事。

 

まあ、全然真ん中じゃない場合も

多々あるんですけどね(汗っ。

 

考え方

 

カバーを釣る場合、岸際なのか

沖目なのかを考えます。

 

亀山ダム-ウッドカバー

 

そして、さらにその沖目のカバーでも

その中のアウトサイドが

真ん中という言い方になります。

 

岸から沖へと張り出してる

竹や崩落などのカバーは

好きですね(笑。

 

この場合の沖目というのが

自分の考える真ん中という事ですね。

 

こうゆうカバーの場合、

岸際で釣れるのはサイズが小さいです。

 

カバーフィッシュ

 

やはり沖目で食うヤツは

サイズが良いですよね。

 

これはやはりデカい個体ほど

頭が良いと言うか、

老練というか(笑。

 

いつでも広い水域に逃げられて、

なおかつ水深があるので

下にも逃げ場があるという。

 

という事は、ルアーを食った後に

魚が走る方向にも法則性が

あるように思うんですよね。

 

自分がメインに狙う

水深のあるカバーの中層となると、

沖か下に走る訳ですよ。

 

そして食わせる時も、

そのコースを自分が塞いでは

いけない、という。

 

この考え方を軸にして、

今期は結構クオリティーフィッシュを

獲れたように思います。

 

クオリティーフィッシュ

 

自分が岸ベタで

 

先日のチャプター房総最終戦では

これが確信に変わったんですよね。

 

まあ、

タイミングが合ったとも言えるんですが

岸ベタにポジションを取ったら

サイズが上がったという。

 

この時強風が

水産センター桟橋方面から

本湖に向かって吹いてたんですよ。

 

つまり狙いのカバーに対しては

自分のポジションはカバーから

放される形でした。

 

これは好都合ではあったんですが、

エレキ操船がシビアになるんですよね。

 

そこで、

思い切って岸にベッタリ船を付けて

片手で木の枝を掴みながら

沖に向かってアプローチしたんです。

 

リズムフリッピング

↑画像はイメージです

 

強風の効果もあってか、

短時間にキロフィッシュを含む

三本を立て続けにキャッチできました。

 

1本はうかつにもキャッチ後に

船からエスケープされましたが(泣。

 

その日の自分のマックスウエイトを

ほんの30分足らずの間に

キャッチした事になります。

 

風の当たる側が

カバーの沖の方向だった事。

 

自分のポジションを岸ベタにした事。

 

そこにある程度ボリュームのあるルアーを

入れた事などが噛み合って

貴重なバイトを取れたのだと思ってます。

 

ピーカンよりも風が重要

 

自分の場合はカバーに居るバスを

狙うというよりも、

カバーに入ってくるバスを

釣ってるのかもしれません。

 

一箇所のカバーから

1本で止まる時もありますが、

釣れる時は複数本釣れるんですよね。

 

それがチビでもキロフィッシュでも

同じスポットから釣れるんです。

 

カバーフィッシュ

 

釣り方にも関係があると思ってますが、

それはまた別の記事で説明します。

 

ここではカバーの質と条件が

バスの供給を促進してるという事に

しておきます(笑。

 

ドピーカンになって、バスがカバーに

入り込んでくるタイミングも

ありますが。

 

良い魚はむしろ逆のように

感じてます。

 

曇天で強風のタイミングとか

魚が動いてると思われる時の方が

カバーにデカいのが入ってくると

考えます。

 

荒れ気味

 

小魚やギルがピーカンで浮いてるとして、

曇天や強風で魚が沈むタイミング。

 

デカバスはそれをカバーに追い詰めて

捕食するのでは?と。

 

それがカバーに近づいても

大丈夫なタイミングなのかな?とも。

 

実際のところはバスに聞かないと

わかりませんが(笑。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。 instagram(インスタ)の方もチェックしてみてくださいね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

wpmaster

本名 欠塚実(カケヅカミノル) 48 既婚 子供三人の父親 東京都足立区在住 ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表