上げるベイトフィネスと落とすベイトフィネス

ここ数年で始めた初中級者の方で

ベイトフィネスをやる人。

 

上げましたか?下げましたか?

 

自分の場合は下げました(笑。

 

ナイロン30ポンドでテキサスのフリッピングを

やってるところからかなり下げたと思いますよ。

 

でも、スピニングタックルでノーシンカーや

ダウンショットをからベイトフィネスに上げた

場合って、効果薄いですよね。(笑。

 

ちょっとそのへんの考え方をほざかせて

頂こうと思います。

スピニングとベイトフィネスの違い

 

二年前までバスフィッシングから離れてた

自分としては、いまだにベイトフィネスに

馴染めないでいます(笑。

 

すごく軽いものを投げるならスピニングで

良いのではないか?という思いが正直

なところですね。

 

スピニングタックル

 

そもそもベイトフィネスというものとスピニング

の明確な使い分けもハッキリとした答えが

無いのではないでしょうか?

 

キャストの精度とか手返しはベイトタックル

の方が高いという意見もあります。

 

でもスピニングタックルを使うパワーフィネス

をやってる人がこんなにいるというのは、

それが必要だという事ですよね。

 

ではパワーフィネスとベイトフィネスを明確に

使い分けてる人ってどのくらいいるので

しょうか?

 

自分は両方をうまく使い分ける方法が

わかりません(笑。

 

パワーベイトフィネス?

 

ここ二年の間にベイトフィネスを自分なりに

トライしてきましたが、結局わからないまま

今に至ります。

 

REVO LTX-BF8

 

自分のスタイルがテキサスのカバー撃ちを

フリッピングロッドで行うので、対極の釣り

としてのベイトフィネスを模索してました。

 

試合でキーパーをイージーに獲りたいという

思いから始めたんですよね。

 

でも、イージーにキーパーを獲れるような

簡単なシステムなんて無いと言う事が

わかってきて(汗っ。

 

もがいてもがいて辿り着いたのがパワー

ベイトフィネスという、ぶっちゃけ普通の

ライトラバージグの釣りみたいなヤツです(笑。

 

ベイトフィネス&アバカスシャッド2.8

LEGIT DESIGN(レジットデザイン) ロッド レジットデザイン ワイルドサイド WSC 63M
by カエレバ

 

ロッドが6.3フィートのミディアムでリールが

12アルデバランというベイトフィネス機

なので一応ベイトフィネス寄りという事で。

 

でもやってる事はあまりフィネスっぽくないと

感じてます。

 

PEライン1号を使ってカバーに入れ込んで

いく釣りなので、ベイトタックルの良さが

活きてるように思いますね。

シマノ ライン Sephia G5 PE 150m PL-E55N 5C 0.6
by カエレバ

 

タックルは自由

 

一つ大事な事は好きなタックルで釣るのは

楽しい事なのでそれはその人の自由である

という事です。

 

その部分を勘違いしなければ、

ベイトフィネスは楽しいと思えるんですよ。

 

自分の場合はトーナメントでキーパーを

獲るのが目的なので、突き詰めた考えに

なってしまってるんですよね。

 

好きでベイトフィネスを楽しんでる人には

批判するつもりは毛頭無いと言う事を

ご理解頂きたいと思います。

 

ただし、屁理屈をこねてベイトフィネスを

正当化するような意見は受付ません。

 

フロロの4ポンドを巻いてノーシンカーをやる

場合にベイトフィネスが適してる、みたいな

事を言われても全然刺さらないですね(笑。

 

それは楽しみの範囲でやって頂ければと

思いますよ。

 

オープンウォーターはスピニング

 

ベイトフィネスタックルにスピニングタックルの

要素を求めてしまうと、狙う魚は同じに

なってしまいませんか?

 

じゃあスピニングで良いんじゃないの?

と思ってしまいますね。

 

スピニングタックルの方が絶対的に優れて

す事がありますよね。

 

それはドラグ機能とフリーフォールです。

 

最近良く記事で書いているディープの釣り

に関しては、圧倒的にスピニングタックルが

合ってますから。

 

細いラインを使ってダウンショットのような

ライトリグで攻める場合には絶対に

フリーフォールが不可欠です。

 

いくらスプールが軽くても、ラインにテンション

がかかれば手前に寄ってしまいますからね。

 

そしてドラグも超大事ですよね。

 

フロロの2ポンド以下でキロを超える魚を

相手にする場合、ベイトタックルでは

どうしようもできないと思いますね。

クレハ(KUREHA) ライン シーガー R18 フロロリミテッド 100m 2lb
by カエレバ

 

まあ、やれなくはないでしょうけど、すごく

やりにくいはずです。

 

そこをわざわざベイトフィネスでやる必要を

自分は全く感じません。

 

水深がある場所でライトラインを使う場合

絶対的にスピニングタックルに部があると

断言しますね(笑。

 

そこは攻めるという意味でスピニングタックル

を使うところです。

 

狙うスポットの違い

 

スピニングタックルかベイトタックルかで迷う

シチュエーションというのはカバーに対して

ではないでしょうか?

 

正直それ以外の状況でどちらか迷う事は

ほぼ無いといって良いと思います。

 

自分の場合、オープンならスピニングタックル

でカバーならベイトタックルという線引き

ですね。

 

8メートルボトム

 

基本的にスピニングタックルを使う事が

極端に少ないので、出しどころは迷いが

ないです。

 

まあ、結果釣れないだけなんで偉そうな

事は言えませんが(笑。

 

順番で考えるとベイトフィネスはスピニングの

代用品では決してないという事です。

 

いや、ここはパワーベイトフィネスというべき

なのかもしれませんが。

 

何回も書きますが、本人が楽しければ

どんな釣りでも良いと思います。

 

でも、スピニングからのステップアップ的に

考えてのベイトフィネスなら意味はない

でしょうね。

 

なら素直にスピニングタックルをやり込んだ

方が上達するし、デカいのが獲れると

思います。

 

スピニングタックルを超絶うまく使える人が

ベイトフィネスもうまいとカッコ良いと

思いますけどね(笑。

 

さて、では落とす意味でのベイトフィネスに

ついての考えはどうなのか?

 

後日別記事で書いてみたいと思います。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。 instagram(インスタ)

の方もチェックしてみてくださいね。

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です