チャプター房総2016第五戦 湖畔の宿つばきもとCUP レポート 試合後偏

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーのカケヅカ( @kakedukaSS )です。

 

自分が参戦しているチャプター房総についての参戦レポートを書いてます。

 

前回の試合前偏の続きからどうぞ

 

前代未聞のハプニング!?

 

チャプター房総最終戦ハプニング

 

この日テキサスでの二本目が釣れ、かなり興奮してました。

 

しかも朝に見切ったスポットに入り直して、しかもしかも先行者は2014チャンプ。

 

これは自分的には相当自信になりましたね。

 

風のタイミングを読んで、自分の釣りを信じて獲った価値有る1本…

 

に、逃げられてしまいます(大泣き。

 

実はこれまで、キーパーを早い段階でそろえた事がなく、トーナメントマーカーなるものを用意してなかったんですよ。

 

なので、ライブウェルの中の魚を捕まえるのに四苦八苦している最中に船底においた入れ替えフィッシュがエスケープ。

 

これは今後の大きな改善ポイントです。

 

でも、逃げた魚は戻ってきません。

 

この時の心境は「俺、死んだ方がいいかも」でした。

 

この年になって両膝と両手、それに額をデッキにこすり付けてしばらく起きられませんでした(笑。

 

でも、まだ時間はある。

 

帰着の時間までにあと15分くらいは釣りができるはず。

 

そして気を取りなおしてロッドを握ろうとしたら、無い!?

 

二本あるはずのハリアーが1本無いのです。

 

さっき入れ替えフィッシュに逃げられた時に船の上でバタついて落としたらしい(泣。

 

まさに泣きっ面にハチ。

 

この時の心境は「もう死のう」でした。

 

奇跡の連続

 

もうデッドストックで、この世に二本しかなかった?ハリアー80。

 

そしてそのハリアーには手塩にかけてカスタムした13メタニウムがセットされてました。

 

数々のクオリティーフィッシュを獲ってきた長年の相棒がもう自分の手に握られる事は…二度と…

 

あった!?

 

浮いてる!?

 

ハリアー80浮いてる

 

ハリアーって浮くんだ!?

 

でも強風だったので流されてる!?

 

少し離れたゴミに引っかかって浮いてるハリアーをハイバイパスで取りに行きます。

 

ハリアー80浮いてる2

 

無事でした。

 

まさか船から落ちたロッドが浮いてるなんて。

 

しかも結構離れたところにあるのが視界に入るという奇跡。

 

リールに水が入ったとは思いますが、それは帰ってからバラしてやるとして、今は急いで釣りを再開する事です。

 

でもさっきハイバイパスでブッシュに水流を思いっきり当てちゃったけド(笑。

 

でも時間もないし、そのままやるしかない。

 

強風がそのエリア全体をリセットしてくれる事を祈って。

 

そして再開からの一投目でした。

 

再びの入れ替えサイズをゲット!

 

今度は慎重に、魚をウエイインバッグに保管しながらライブウェルの中のチビをリリース。

 

そして残り時間わずかの中で再度トライ。

 

断続的に強風が吹くタイミングに合わせて超接近戦でのバーチカルフリップにこの日最大のキロアップがバイト!

 

短時間の間に自分の釣り人生でもめったにない奇跡の連続でした。(いろんな意味で)

 

帰着ギリギリから検量

 

必死で抜き上げて、またウエイインバッグに保管。

 

てこずりながらライブウェルから一番小さいのをリリース。

 

この時、自分の計算した時間は過ぎてましたが、ソッコーで帰着へと向かいます。

 

ここまでやって帰着遅れは残念すぎるでしょ、と(笑。

 

バッテリーの残量は10V代。

 

ハラハラしながらも、なんとか無事に帰着申告に間に合いました。

 

それにしても、トーナメントマーカーがこんなに大事だと改めて思いました。

 

ライブウェルの蓋を大きく開けると中の魚に全部逃げられる恐れがあるし、といって素手で小さいサイズを捕まえるのは超大変でした(汗っ。

 

あのタイムロスは馬鹿にならないと思いましたね。

 

それはさておき、検量に向かったのですが予想外にローウエイト戦なようで。

 

チャプター房総検量

 

自分のバッグには一時注目が集まりました。

 

結果的にもっと上の方がいたのですが、口々に「今回もフリップですか?」と声を掛けて頂きました。

 

もしかしてブログを見てくれてるのかな?と思うと、なんとも嬉しい限りです。

 

お立ち台の常連選手の方からも声を掛けて頂き少しだけ認めてもらえたようで感激でした。

 

1850g・単日9位

 

チャプター房総最終戦検量前

 

検量の結果は2050gのマイナス200gで1850グラムでした。

 

チャプター房総最終戦9位

 

自分のミスで200gのペナルティーと入れ替えフィッシュのエスケープで数百グラムを減らしてしまった訳です。

 

でも、それに対する悔しさよりも、これからの課題というか、自分にもまだ伸びしろがあると思うと納得ですかね。

 

すべては自分の足りなさが招いた結果です。

 

釣りの方は当初の予定通り「間違ったら勝てる釣り」であることがわかってきました。

 

そして、ペナルティーをもらったからこそ釣り返してやろう、というモチベーションに繋がってるとも言えますし。

 

逃げられた魚を釣り返してやろう、という思いが集中力を絞りだしたのかもしれないですからね。

 

なので、すべてが貴重な経験値として今後に活きるのだと信じます。

 

たとえどんなに有名選手の後だろうと釣れる時は釣れる。

 

どんなにメンタルが崩壊しそうでも踏ん張る事はできる。

 

今年もいろんな勉強をさせてもらいました。

 

この経験を活かして、また来年も頑張ろうと思います。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。 instagram(インスタ)の方もチェックしてみてくださいね。



4 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    wpmaster

    本名 欠塚実(カケヅカミノル) 48 既婚 子供三人の父親 東京都足立区在住 ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表