16メタニウムMGLに使える13メタニウム用スプール!?

みなさんこんにちは、

リールメンテナンスアマの

カケヅカ( @kakedukaSS )です。

 

引き続き13メタニウムと

16メタニウムMGLのスプールです。

しかし、このツイート後に自爆(泣。

 

基本構造を理解してなかったので

改めて仕組みを見直す事に。

 

そしてその後何となく理屈上では

スプールが回る方法に辿りつきました。

 

あらかじめ

 

じつはこれについては先に断って

おかなければならないのですが。

 

16メタニウムMGLにおいては今後

各方面からカスタムスプールが

発売される事が予想されます。

 

そのスプールは完全に専用設計で

間違いの無いモノになると

思われます。

 

そうした事を考えると自分がやろうと

してる事は一過性の突貫工事的な

ものかもしれないという事です。

 

それを踏まえた上で参考程度に

見てもらえればと思います。

 

ノーマルスプールの場合

 

現在自分の手元にある

16メタニウムMGLと

13メタニウム。

 

そのスプールをそれぞれ

比べてみます。

 

↓手前が16メタニウムMGL

16メタニウムMGLスプール

 

16メタニウムMGLのスプールには

ベアリングがセットされてます。

 

このベアリングが16メタニウムMGLの

大きな特徴の一つなんですよ。

 

で、16メタのフレームには

この径のベアリングを受ける部分が

設けられてます。

 

16メタニウムMGLフレーム

 

そこまでは誰が見ても

わかりますよね。

 

問題はここから先です。

 

まず16メタのスプールシャフトです。

 

16メタニウムMGLスプールシャフト

 

凹凸のないツルンとした

シンプルなシャフトです。

 

で、シャフトの径を測ると

 

16メタニウムMGLシャフト径

 

約2.6Φ(直径)。

 

で、13メタのスプールがこちら↓

13メタスプールシャフト径

 

約2.98Φ。

 

16メタニウムMGLよりも

約0.4㎜も太いですよね。

 

これだと一見16メタのフレームには

合わないと勘違いします。

 

でも、

13メタニウムに16メタニウムMGLスプール

 

実際はこの通り収まる事は収まって

しまうんですよ。

 

 

ピニオンでは支持してない

 

これが何を意味するのか?

 

つまり16メタのスプールシャフトは

ピニオンギヤの内径より細いので

中で遊んじゃうんですよ。

 

ピニオンギヤ

↑画像処理の勉強しますね(汗っ。

 

ピンゲージ変わりにドリルの軸で

試してみます。

 

Φ3.0ドリル

 

まあまあ、マイナスしてるので

良しとしましょう(笑。

 

これを16メタのメカノブ内ベアリングに

入れてみます。

 

メカノブベアリング

 

普通に入りました。

 

16メタのスプールシャフトは

Φ2.6、

ピニオンギヤの内径は

Φ3.0。

 

シャフトよりもピニオンの内径の方が

約0.4ミリ大きいんです。

 

SHIMANOリールの精度的に

0.4ミリは誤差の範囲では

ないですよね。

 

これはつまり、

スプールシャフトはピニオンの内径では

支持されてない、という事ですね。

 

と、いう事は、

13メタのスプールシャフトの径が

Φ2.98でしたから。

 

16メタのピニオンギヤの

内径と完全に一致する訳です。

 

つまり13メタニウムのスプールシャフトは

16メタニウムに付くには付くんです。

 

ただし、シャフトの径がΦ2.98なのは

先端だけで、

根元部分はもっと細いんですよ。

 

で、問題はここからです。

 

このままではスプールシャフトが中で遊んで

るので、スプールがまともに回転しません。

 

そこで!

 

16メタニウムのキャスコン側にシャフトを

支持するためのベアリングを仕込んで

みました。

 

16メタニウムMGLキャスコン側

 

これなら理屈的には13メタニウム並みに

回転してくれる事になります。

 

で、13メタニウムのスプールをセットして

みると…。

 

20161012_155508

 

20161012_155550

 

ちゃんと収まりました。

ガタ付きも無く、ちゃんと回転しますね。

 

問題点はサイドカップごと13メタニウムの

ものを使わなくてはならない事。

 

そして、外した16メタニウムMGLのものを

13メタには使えない事でしょうか(泣。

 

それでも現場でとっさにスプールを

使いまわせると思えばまったくの

ムダでもないかな?と(汗っ。

 

まあ、

13メタのスプールをセットした

16メタニウムMGLが本来の性能より

劣るのは目に見えてますけどね(汗っ。

 

そして、

逆に13メタに16メタのスプールは

付くだけでその機能は

果たしてないという事になります。

 

まあ、なんとなくやってはみましたが、

やはり突貫工事的な感は否めないですね。

 

でも、この先楽しみなパーツが

出るかもしれないので、もう少し

待ちましょう!

シマノ リール 16 メタニウム MGL XG 左
by カエレバ

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。 instagram(インスタ)

の方もチェックしてみてくださいね。

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

wpmaster

本名 欠塚実(カケヅカミノル) 48 既婚 子供三人の父親 東京都足立区在住 ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表