バーサタイルロッドという考え方の真意とは レンタルボートの縛りと対峙する

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーの

カケヅカ( @kakedukaSS )です。

 

今回もバーサタイルロッドについて

考えてみたいと思います。

 

今までも何回か記事で書いてますが、

自分はバーサタイルという言葉は

あまり好きではありません(笑。

 

何か中途半端な感じがして、

「スペシャルロッドでは無い」

というところがどうも。

 

でも、1本のロッドで

必ず一種類のメソッドしか

やらないのか?

 

というと、

そうでもない訳で(汗っ。

 

自分でもイマイチ

割り切れてないのですが、

そのあたりを一回

整理してみたいと思います。

 

○○と□□をやるロッド

 

レンタルボートというスタイルと

大きく関係してるんですけどね。

 

2016-03-22 10.19.53

 

オカッパリほど絞ってないし、

バスボートほど沢山は積めない。

 

自分の場合はプラクティスで

7~8本、試合本番だと

多くても5本ですね。

 

その内訳は、ベイトロッドが

6~7本でスピニングが1本。

 

チャプター房総プラクティス

 

スピニングタックルは1本で

自分の少ない手駒を

すべてまかないますね(笑。

 

そういう意味では

かなりバーサタイルでしょうか。

 

ベイトの場合、

フリッピングロッドは完全に

それ専用のスペシャルロッドです。

 

残りのロッドは逆に専用ロッドは

ありませんね(汗っ。

 

1本のタックルで

必ず数種類の釣りを

まかないます。

 

それって思いっきり

バーサタイルなんじゃないの?

と思われますよね(笑。

 

でも、系統というのがあって、

全く違う釣りをやらせる事は

ほとんどないんです。

 

使い回す

 

屁理屈に聞こえるかも

しれませんが(笑。

 

バーサタイルロッドって、

すべてを高次元でこなさないと

ダメだと思うんですよ。

 

そうなると、自分の使いまわしは

バーサタイルとはかけ離れた

ものですね。

 

とにかく気になる事があったら

手持ちにあるロッドでやってみます。

 

例えば、テキサス用のロッドで

スピナーベイトを投げてみるんですよ。

 

バイブラシャフト

 

で、当然何かが違う訳です。

 

そこを解析して、専用ロッドに

辿り着きたいと思うんですよね。

 

まあ、ロッドを沢山積めない

というのがあるので、

必然的にそうなってしまうんですが。

 

けっこう何でも出来てしまいますが、

やはり専用ロッドは

すごく良いですからね。

 

でも、専用を謳うロッドの前に

合わないロッドを使ってみるのも

良い経験かな、と(笑。

 

テキサスとジグは違うロッド

 

ここで一つ持論を書いておきます。

 

「ジグ・テキサス用」

って書いてあるロッドがありますが、

あれは違和感ありますね。

 

自分的にはジグとテキサスは

まったく別のメソッドです。

 

狙うシチュエーションは

同じような時がありますが。

 

でも、ジグ用のロッドでは

テキサスはやりにくいし、

逆も同じです。

 

2016-03-22 12.47.37

 

自分的なテキサスロッドは

先調子のバットが強いロッド。

 

ジグ用はレギュラーからスローな

テーパーがやりやすいですね。

 

まあ、これについては

自分の釣りがリザーバーの

カバーを中層でシェイクするから、

というのがあるんですけどね。

 

その場合、

フルサイズのラバージグで

中層をシェイクする事は

まず無いですからね(笑。

 

レンタルボートの釣りに関する

記事はこちら↓

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。 instagram(インスタ)の方もチェックしてみてくださいね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

wpmaster

本名 欠塚実(カケヅカミノル) 48 既婚 子供三人の父親 東京都足立区在住 ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表