【フラッシュユニオン・アバカスシャッド】でめずらしく数釣りできた日 九月の亀山ダム釣行 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーのカケヅカ( @kakedukaSS )です。

 

今年に入っても相変わらず数が釣れないスタイルに悩んでたんですよね。

 

試合で1本良いのが入る事はあるんですが、リミットには毎回苦労するという。

 

でも、今回の亀山ダム釣行ではめずらしく数が釣れたんです。

 

大きくはないんですけど、計ったら一応キーパーはあるサイズでしたね。

 

前日に調達したあるルアーが貢献してくれました。

 

BURITSU編集長の北畠蘭知亜さんと同船した亀山ダム釣行での釣課をシェアしますね。

 

フラッシュユニオン・アバカスシャッド

 

今回の釣行前に、フラッシュユニオンのユニオンクローを調達した事を記事にしたんですが。

 

その中で、実は別のものを買いに行ったという事を言ってるんですよ。

 

その別のものというのが同じフラッシュユニオンの「アバカスシャッド」。

 

20160907_133949

 

これは7月の終わりに釣りブロガーミーティングと称して亀山ダムに集合したとき。

 

ブロガーではないですが、メンバーのパティシTさんが教えてくれたんですよ。

 

ちなみに、合わせるジグはティムコの「ベイトフィネスジグ」というヤツ。

 

20160907_134101

 

ヘッドとフックが分離しているめずらしいタイプのフィネスジグです。

 

これのトレーラーに「アバカスシャッド」をセットして使ってみたんですね。

 

小さいサイズが数釣れる

 

これはあまり言いたくないのですが(笑。

 

これまでの苦労がウソのようにあっさり釣れましたね。

 

IMG_4603

 

そしてその日はそれだけが釣れ続きました。

 

特別な使い方はしてません。

 

ライトなカバーや立ち木に投げてヒョイヒョイと軽くしゃくりながら引いてくるだけ。

 

この日は食い上げが多く、ラインがたるんだり気が付くとラインが走ってたり。

 

でもフッキングが良く、バラシは全く無し。

 

IMG_4629

 

1本目に釣れたヤツなんかドラグが緩んでてフッキングでズルッとなったのにバレませんでした(笑。

 

これはやはりヘッドとフックが分離してる事が関係してるのでしょうかね。

 

そしてトレーラーのアバカスシャッドも非常に貢献してくれたと思います。

 

他のトレーラーではバイトも出ないと言った状況でしたからね。

 

ベイトフィネス釣れる

 

今まで苦手だったんですよ、ベイトフィネスって。

 

でも今日で少し変わりましたね。

 

なんというか、成功体験って大事ですよね。

 

単なるキッカケに過ぎないのですが、釣れる事って何より大きいです(笑。

 

これで試合中にリミットを揃えるための手駒が一つ増えました。

 

でも、これブログに書いちゃって大丈夫なのかな?(汗っ。

 

まさかこの後誰もがコレを投げて試合ではスカスカ、なんてならないよね?(笑。

 

まあ、それにしても良く釣れる事は間違いないようです。

 

ただしサイズは選べないようですよ。

 

この日は下は25cmくらい、上は30cmくらいだったかな。

 

このサイズが釣れなくて苦労してたんですよ(笑。↓

IMG_4617

 

でも、もっと煮詰めれば可能性はありそう。

 

すでに次の構想は考えてますから、みなさんは遠慮なく投げて、そして釣ってくださいね。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。 instagram(インスタ)

の方もチェックしてみてくださいね。

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから

2 件のコメント

    • コメントありがとうございます。このワームは本当に良く釣れます。ただし、サイズを選べないのが課題でしょうか。もうワンサイズ大きいのがあっても良いと思ってるんですけどね。4.3インチはでかすぎます(笑。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    wpmaster

    本名 欠塚実(カケヅカミノル) 48 既婚 子供三人の父親 東京都足立区在住 ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表