木化けのメカニズムを考える カバーで掛けたら自由に泳がせとけ

カバーでバスを掛けたけど、気が付いたら根掛かりに変わってる、いわゆる木化け。

 

これを経験した事がある人は多いと思うのですが、なぜそうなるのか考えてみたので書いてみます。

 

【ページへのいいねを押してもらえると毎日最新記事をお届けできます】

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーのカケヅカ( @kakedukaSS )です。

 

以前書いた中の記事で「木化け」について触れたのですが。

 

カバー撃ちをやる限り、木化けというのは必ず付いてまわると思ってまして(笑。

 

自分も今まで散々痛い目に会ってきたその木化けについて自分なりの考えを書いてみようと思います。

 

スポンサーリンク

木化けとは?

 

まず木化けとは何なのか?というところから考えてみます。

 

カバーで掛けたバスがカバーにロックしてしまったと思ったらバスが消えてフックが木に掛かっているという現象

 

亀山湖カバー脱出

 

という事で良いでしょうか?

 

これは非常にショッキングな事件で、精神的にかなりヤられます(笑。

 

良くあるのは、カバーから距離をとっていて近づいたら化けていた、というもの。

 

逆に超接近戦ではほとんど木化けはありません。

 

どうもそのあたりに木化けのシステムが関係ありそうなんですよね(笑。

 

スポンサーリンク

気づかない

 

カバーから距離を取っている場合、木化けした事に気づかないのがほとんどなんですよね。

 

木化けに気づかない

 

魚をカバーにロックさせて、近づいたら魚だけいなかった、みたいな(泣。

 

かといって、魚をカバーの中で自由に泳がせておいてそれを獲りにいくのも何か怖いし。

 

やっぱりカバーから離れると魚が木化けしてても気づかないんですよね。

 

これは自分も課題なんですが、思い切って魚をカバーで自由にさせておくのが良いみたいです。

 

5557

 

掛けた後にカバーにロックさせるとむしろバレやすいように思います。

 

これは魚の引きを常に感じながら獲りに行かないとダメなんでしょうね。

 

生命感を感じ続けるというか。

 

フックやシンカーがロックしている

 

ではなぜカバーに魚をロックさせると木化けしてしまうのか?

 

それはシンカーなりフックがカバーのマテリアルである木にロックしてした状態だと。

 

逆に魚はフックを自分で外してしまうのではないでしょうか。

 

これはノーシンカーはバレにくいけどジグヘッドはバレやすいという理屈と同じではないかと考えます。

 

カバーフィッシュ

 

カバーの中でロックさせるより魚を自由に泳がせた方がバレないという事は。

 

ラインが枝などにまとわりついてうまくクッションになってるというか。

 

特に竹のブッシュなんかは自由にさせた方がバレにくいと思いますね。

 

ただし、あまり自由にさせ過ぎるとどうしようもなく絡まってしまいますが(笑。

 

フッキングがすべて

 

ここまでの話をまとめると、一応の結論としては「カバーで掛けたらロックはさせない」、という事で良いでしょうか?

 

では、カバーの中で自由に泳がせて絶対にバレないのか?

 

というと、そんな訳はなく(笑。

 

それには大前提として、「フッキングでカエシまで通ってる」という事が言えるんですよね。

 

さらに言うと、肉の薄い部分にフッキングしてると、穴が広がってバレやすい、とも。

 

そう考えると、カバーを跨いでフッキングしてるので太軸のフックでは貫通しない事もあると思うんですよ。

 

フッキング

 

そして、あまりにも硬いロッドだと遊びが無さ過ぎて逆にバレやすい、という事も。

 

そう考えると、割と柔らかいロッドに細軸のフックで掛ける事も選択の余地があるのかもしれません。

 

実は今年の夏に亀山湖で同船したある方がそれを実戦してたんですよ。

 

その釣りはすごくカルチャーショックだったんですよね。

 

この考え方は今後、タックルのシステムを見直して手駒の一つとして構築しようと本気でたくらんでます(笑。

 

終わります。

 

関連記事

● 【初心者必見】亀山ダムでやるプチ・フリッピングってなんだ?

● リザーバーではカバーから遠いと魚をキャッチできないよ

● 亀山ダムのカバーで自分が「バックスライド系ワーム」を使わない理由

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。最新の記事を見にいく

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク





★☆★★☆★ 良かったらこちらの記事もどうぞ ★☆★★☆★



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

wpmaster

本名 欠塚実(カケヅカミノル) 46歳 既婚 子供三人の父親 東京都足立区在住 ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表