霞ヶ浦のオカッパリに学ぶ テクトロか大遠投か

レンタルボートでのバスフィッシングが

大好きな、ほぼフリッパーの

カケヅカ( @kakedukaSS )です。

 

そんな自分もバスフィッシングを

始めた頃は当然オカッパリからの

スタートでした。

 

今から20年以上前になりますが。

 

十代の頃は主に

千葉県房総半島の野池で。

 

社会人になってからは

霞ヶ浦のボートドックを中心に

テクトロしてましたね。

 

自分の場合のテクトロというのは

ボートドックの壁際にワームなり

ラバージグを落としてそのまま歩きながら

進むメソッドです(笑。

 

というか、

これってみんなやってましたね。

 

でも、たまに沖に向かって

バイブレーションなどを

大遠投してる人がいたんですよ。

 

当時は、

そんなんで釣れる訳ないでしょ

って思ってたんですよね。

 

バスフィッシングは高い釣り?

 

自分の知り合いでも

そうゆう人がいたんですよ。

 

話を聞くと、

一回釣りに行くと10個くらい

根がかりでルアーを失くすとか(笑。

 

バスフィッシングってお金かかるね

みたいな話をするんですよ。

 

coins-currency-investment-insurance-128867-large

 

それはそんな釣りをしてるから

ルアーをなくすんでしょ?

って。

 

その後自分達と一緒に行くようになって、

その人はワームの存在を知るんですよ(笑。

 

さらにテクトロをしてれば

そんなにルアーを

ロストしないじゃないですか?

 

それからその人の釣りは

それほど高い釣りではなくなりました。

 

でも、何か引っかかるものが

あったんですよね。

 

釣れればデカい

 

自分の見た感じでは、

沖に大遠投して釣れた魚は

総じてデカいんですよ。

 

当時は、

「たまたまハンプかなんかに

偶然当たってそこに居たヤツが

食ってきただけでしょ?」

って思ってました。

 

でも、

タマタマだろうが何だろうが、

沖にバイブレーションを投げて

デカいのが釣れたというのは

事実なんですよ。

 

霞ヶ浦あたりで沖に遠投してる人は

それを狙ってやってたんでしょうね。

 

当時はまったく気にしてなかったんですが、

今ならその狙い方はシビれますね。

 

まあ、

一緒に行っていた仲間の人が

それを狙ってたのかは

わかりませんが(笑。

 

ボートも同じ

 

自分のホームレイクである亀山湖。

 

20160722_044814

 

そこでの現在の自分のスタイルは

超接近戦のカバー撃ちです。

 

そのメソッドはガチの

フリッピング。

 

天然湖のアシ撃ちみたいな

スタイルとは違いますが、

ボートならではの釣りに

違いありません。

 

でも、ボートの釣りでも

大遠投は有効なメソッドなんです。

 

自分は今まであまり

やりませんでしたが。

 

亀山湖の凄腕と言われる人達は

ベイトタックルでもスピニングタックルでも

かなりの距離を遠投してますよね。

 

これは狙いのスポットに届かないから、

ではないんですよね。

 

より離れた方が魚へのプレッシャーが

少なくなるからに他ならないんです。

 

特に軽いものを遠くに投げるのが

今の亀山の主流のように感じますね。

 

でも、自分もこう見えて、

ディープクランクとかバイブレーションを

本湖のオープンウォータで

投げてたんですよ。

 

その時もタックルの遠投性能を

嘆いてたように記憶してます(笑。

 

今の知識とタックルがあればなぁ。

 

理に適ってる

 

霞ヶ浦のオカッパリの人が

沖に向かって大遠投してるのが

どういう意図でやってるのかは

わかりません。

 

でも、非常に理に適ってるなぁ、

と思うんですよね。

 

たしかに狙いのスポットまで

届かないから、というのは

あるでしょう。

 

でも、バスがいるのは沖だけでは

ない訳ですからね。

 

実際に自分がやっていた頃は

テクトロの方が数は伸びたと

思います。

 

たまにデカいのも混じって

きましたしね。

 

でも、狙ってたかというと、

そんな事はなく(汗っ。

 

数を釣る中に、偶然サイズの良いのが

混じるだけでした。

 

沖に遠投してる人は

最初から良いサイズを狙いに行ってる

という事ですよね。

 

誰もは狙えない、

そして魚もプレッシャーのかかってない

良い状態のが食ってくる。

 

それはオカッパリでもボートでも

一緒ですよね。

 

魚との距離を取った方が

プレッシャーがなくて良いに決まってます。

 

適材適所

 

なんか、普段の自分の釣りを

disってる感じになっちゃいますが(笑。

 

キャプチャ

 

要は使い分けですよね。

 

自分としては、手駒が欲しいんです。

 

カバーだけって、潰れる事が

多いんですよ。

 

でも、テクニカルなライトリグは

ヘタクソなので(泣。

 

そうなると、

物理的に釣れる可能性の

高いメソッドに頼る事になります。

 

遠投する事は技術が必要ですが、

その考え方はすぐに実戦できます。

 

意識的に魚と距離を取る、

という感じですよね。

 

それも中途半端ではなく、

フルキャストで届くレベルで。

 

そして機を見て

超接近戦を仕掛ける、という。

 

それが出来たらカッコ良いですが、

今後の練習次第ですかね(笑。

 

とりあえず気持ちだけでも

勉強しに行ってきます。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。 instagram(インスタ)

の方もチェックしてみてくださいね。

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから

2 件のコメント

  • はじめまして、カケヅカさん。いつも楽しくブログを読ましていただいております。
    カケヅカさんに影響されて亀山ダムでフリッピングを修行させて頂いて下ります。 今回のブログ内で言われている、飛距離とプレッシャーにかんして、気になったことがありましたのでコメントさせてく下さい。
    よく考えいるんですが、そこに水深も加わって魚のプレッシャーに影響されているのでわと思っているんですが、カケヅカさんはどう思っています?
    初コメント、長文ですいませんけど、お願いします。

    • コメントありがとうございます。
      亀山湖でのフリッピングはまだやってる人が少ないので
      タイミングが合えば良い魚が釣れると思いますよ。
      超接近戦でのフルフッキングは本当に気持ち良いですからね。

      さて、プレッシャーと水深の関係ですが、
      仰るとおりだと思います。
      過去記事でも書いてますが、実質的な魚との距離が
      大事な事だと認識してますね。
      なので水深が深ければバーチカルでも釣れる訳ですよね。

      そしてそこにカバーがあると、より近くても口を使うと考えてます。
      なので濁りプラスカバープラス水深があると
      亀山湖のカバーは超接近戦が成立すると考えてます。
      参考にしてもらえると幸いです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    wpmaster

    本名 欠塚実(カケヅカミノル) 48 既婚 子供三人の父親 東京都足立区在住 ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表