亀山ダムでテキサスリグを使う一番大きな理由

今回は久しぶりにフリッピングのネタをお話しようと思います(笑。

 

まあ、過去記事でも何度も言ってるんですけど、フリッピングはリズムです。

 

これはフリッピングのフォームとか動作の事ではありません。

 

もちろん動作も大事ですけど、ここでは釣りのリズムの事を考えてみたいと思います。

 

【ページへのいいねを押してもらえると最新記事をお届けできます】

 

スポンサーリンク

根掛かり対策

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーのカケヅカ( @kakedukaSS )です。

 

自分がフリッピングで最も多用するリグはもちろんテキサスリグです。

 

テキサスフィッシュ

 

その理由は沢山ありますが、根掛かり対策というのが大きいですね。

 

まあ、あたりまえでしょ!というツッコミを覚悟で言ってみたんですけどね(笑。

 

でも、多くの人は根掛かり対策をあまり重視してないように感じます。

 

だって、それほど奥には撃ってないですよね?

 

亀山湖カバー脱出

 

亀山の強烈なヘビーカバーの最奥に撃ってる人を見たことないですから(笑。

 

まあ、その最奥からデカバスが釣れるかと言うとそうでもないんですけどね(爆。

 

でも、そこはテキサスリグ以外ではとても撃つ気にならないほどキツいカバーなんですよ。

 

そこを撃てるリグが他にあったらぜひ教えて欲しいものです。

 

スポンサーリンク

釣りはリズム

 

どんな釣りもそうですが、一番大事なものはリズムです。

 

リズムフリッピング

 

タックルが合ってないとか、システムに不安があるとか。

 

ましてやバイトが全然ないとか。

 

そんなリズムはキツいですよね。

 

で、それと同じように、根掛かりばかりしてるとリズムが悪いんですよ。

 

自分の場合、フリップはサーチメソッドでもあるんですね。

 

一箇所でじっくりやる場合もありますが、手早く広範囲を探っていくにもフリッピングなんです。

 

その時に、カバーによっていちいちタックルを持ち替えるのは面倒なんですよ。

 

つまりリズムが悪い。

 

一つのタックルで釣れるまでやり続けたほうが効率が良いですよね。

 

となると、やっぱりテキサスが最強という事になります。

 

重いシンカー

 

自分の中で、テキサスに使うシンカーは5/16オンス(8.8g)が基本です。

 

これが最近では10gのシンカーが使用頻度高めですね。

 

516オンスシンカー

 

その理由もやっぱり根掛かり対策です。

 

シンカーが重い方が根掛かりを外しやすいんですよ。

 

これは厳密には根掛かりではなく、カバーにスタックした場合ですけど。

 

水中・水上問わず、カバーに引っかかったらゆすって取ってやる訳ですが。

 

その時軽いシンカーだと取りにくいんですよ。

 

10gシンカー

 

 

これはやってもらうとわかります。

 

軽いリグやルアーほど引っかかったら取りにくいですよね。

 

ボトムの釣りの場合は軽い方が根掛かりはしにくいと思います。

 

でも、例えばメタルジグなどはあえて重いものを使う事で「根がかっても回収しやすい」という事がありますよね。

 

テキサスリグのカバー撃ちもそれと同じ理屈です。

 

不変のリグ

 

昔から基本的な形が変わらずに今も残ってる基本中の基本、それがテキサスリグです。

 

今年お亡くなりになった林圭一さんも言ってました。

 

どんなにダウンショットリグが火を吹いてもテキサスリグは永久に不滅である」と。

 

これだけ時代が進んでも、変わらず釣れ続けるのは使うからなんですよ。

 

今では誰もやらなくなった他のリグやメソッドもやれば釣れるんです。

 

でも、それじゃなくてももっとやりやすいメソッドがあるからやらないだけですよね。

 

で、テキサスリグの場合は、それ以外のリグが無いんです。

 

つまり換えが効かないんですね。

 

ビフテキとかヘビダンとか、ジカリグとかありますけど。

 

それでヘビーカバーには撃てないですよね。

 

貫通能力とか、魚を誘う性能は上かもしれません。

 

でも、リグが帰ってこないんですよ(笑。

 

亀山湖のヘビーカバーではこれよりリズム良く撃てるリグがないんです。

 

今後手駒が増えてもテキサスリグが無くなる事は無いでしょうね。

 

よかったらこちらの記事も読んでみてください。↓

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。最新の記事を見にいく

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク





★☆★★☆★ 良かったらこちらの記事もどうぞ ★☆★★☆★



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です