五十嵐誠選手のウイニングルアー【イガジグ】が衝撃的すぎる!

2016 JB TOP50 エバーグリーンカップ桧原湖戦が終了しました。

 

ウイナーは去年に引き続き二年連続で五十嵐誠選手でした。

それにしても強いですね。年間ポイントランキングでもトップの北大祐選手に肉迫する10ポイント差。

 

先日行われたバサーオールスタークラシック出場権をかけた「ザ・ワイルドカード」でも優勝し、初のオールスター出場を決めたばかり。

 

今もっとも勢いのある若手バスプロです。

 

今回の記事ではNBC NEWSより画像をお借りしています。

 

【ページへのいいねかツイッターフォローしてもらえると毎日最新記事をお届けできます】

 

イガジグとは?

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーのカケヅカ(@kakedukzss)です。

 

試合の様子や詳細詳しい結果などは各方面で伝えられてますのでここでは割愛いたします。

 

気になる方はJB NBCの公式ホームページをご覧ください。

 

ちなみに上位5選手が以下になります。

 

一位 五十嵐誠選手

二位 澳原潤選手

三位 沢村幸弘選手

四位 関和学選手

五位 小森嗣彦選手

という事でした。

 

なんですが、自分的に一番気になったのが今試合の五十嵐選手のウイニングルアー。

 

JB【非】公式IDであるNBCNEWS管理者様のツイッターによると。

なんというか、すごい結論になったもんです(汗っ。

 

桧原湖を得意としている五十嵐プロですが、いろいろと詰めた結果こうなったんでしょうね。

 

イガジグ

 

おそらくダミーという事ではなく、これが本当に使ったルアーなんでしょう。

 

ベースは通常のラウンドジグヘッドでしょうか。

 

そこにゲーリー素材のボディーをカットしたものをセットしてますね。

 

そしてスピナーのブレードのスイベルをゴムで止めてるようです。

 

よく見るとカットしたワームはフックの軸に対して中心ではないように見えます。

 

これも何かを意図したものなのか。

 

スゴイ世界です

 

プロ中のプロが終結するTOP50の中で、二年連続で同じ湖の試合を制するとは。

 

今回のウイニングルアーも試行錯誤の末にこうなった事がわかります。

 

おそらくスゴいバランスで仕上がってるメソッドなんでしょう。

 

見た目に同じものを作って、実際に泳がせて見ても同じように釣れるとは限りません(汗っ。

 

というか、おそらく意味もわからないと思います(笑。

 

エリアとスポットと、そこの水深とか流れとか。

 

色んな要素を加味してのこの結論なんでしょうね。(まさかサイトではないと思いますが…)

 

あのレベルの中で突き抜けるには常人には理解できない特別な感性があるんでしょうね。

 

生々しい

 

自分の勝手な想像ですが、今回紹介されていた【イガジグ】は本当に使用してたっぽく思えます。

 

スポンサーあってのプロ選手ですから、どうしても使用ルアーを実際とは違うモノにしてしまう事もありますよね。

 

でも、今回ツイッターに出ていた五十嵐選手のものは信憑性が感じられます。

 

なんというか、スゴいビジュアルなんで(笑。

 

何度も言いますが、きっと相当にもがいて煮詰めていったのがこうなったんでしょうね。

 

そのあたりが生々しいというか何と言うか。

 

今後正式発表されるであろう五十嵐選手の釣り方が超気になりますね。

 

追記

JB/NBC Official siteから

上位選手の釣り方が公開されました。

 

優勝の五十嵐選手、やはりシューティングだったようですね。

 

過去の試合結果はこちら↓

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。 instagram(インスタ)

の方もチェックしてみてくださいね。

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから

2 件のコメント

  • このイガジグって、

    みんなが簡単に制作できちゃいますよね。
    使い方に秘密があるのかもしれませんが。

    商品化の余地が無いというか…。

    邪視ですね…(笑)

    • 結局トータルバランスなんでしょうけどね。このルアーだけあっても、きっとダメなんでしょう。
      まあ、近年のルアーはみんな多かれ少なかれそうですけどね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です