亀山ダムで【DSTYLE D-SPIKER】を投げてきた

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーの

カケヅカ( @kakedukaSS )です。

 

チャプター房総2016の最終戦が

いよいよ今月末に近づいてきました。

 

前回第四戦からふた月以上

経ってる訳ですが、

展開はまったく予想できません(笑。

 

その間に十分な練習をした訳でもなく、

いつもの通り、不安しかありませんが。

 

そんな中、

先日は貴重な釣行だったので

自分的に数種類のルアーを

試したんですよ。

 

その中の一つ、今話題の

【DSTYLE D-SPIKER】

を投げてきました。

 

1/2オンス・キンクロ

 

20160906_143640_001

 

チャプター房総で使えるスピナーベイト

という事で探してたのですが。

 

久々の釣具屋で

見つけてしまいました(笑。

 

それが【DSTYLE D-SPIKER】。

今まではD-ZONEがフェイバリッド

だったのですが、耐久性が

著しく不安だったので(汗っ。

 

できればもっと丈夫なヤツを、と

探していたところに

良さげなルアーを見つけてしまいました。

 

DSTYLEのルアーは

全品エコ認定品なので

安心なんですよね。

 

20160906_171638

 

トーナメンターにとって、

そこは大きな判断材料です。

 

でも、

釣れなければ意味は無い訳で。

 

その判断は自分の感性に

頼る事になる訳ですけど。

 

そこに関しては

ビビっときました、ちゃんと(笑。

 

まずは一つ買ってみようと

思わせる雰囲気があったんですよね。

 

使用感

 

ルアーの仕様に関しては

改めて書かなくても大体

わかってますよね(笑。

 

20160906_172125

 

 

で、肝心の釣課なんですが、

残念ながら釣れませんでした(泣。

 

これは完全に自分のスキルが

足りないのが原因だと

思われます。

 

ただ、その中でも感じた事を

報告したいと思います。

 

そんな訳で、

とりあえず投げてきました。

 

20160907_054557

 

1/2オンスという事で、

キャストそのものは快適です。

 

特に投げ辛さみたいなものは

感じませんでしたね。

 

スピナーベイトによくある

糸絡みもまったくありませんでした。

 

これはやはり

可動式のアッパーアームが

影響してるのでしょうか?

 

たしかに空気抵抗は少ないように

感じましたし。

 

フォーリング

 

このスピナーベイトならではのアクション、

フォーリング時の姿勢は

ビックリしましたね。

 

ってまあ、

なんとなく想像はしてましたが。

 

実際に使ってみると、

着水と同時にブレードが

ヒラヒラと周り始めるんですよ。

 

大げさではなく、本当に

着水と同時です。

 

これは可能性を感じましたね。

 

状況が合えばおもしろいと

思います。

 

これまで使ってきたスピナーベイトだと

完全なフォーリングはラインが絡んで

出来なかったアクションですね。

 

これは稼動式のアッパーアームと

極限まで薄くしたブレードが

可能にしたアクションでしょうね。

 

アームが太くて安心

 

20160907_141539

 

ここ数十年、国産スピナーベイトは

細軸ワイヤーが主流でした。

 

唯一デプスB-カスタムだけは

太軸ですが、やはりデカバス専門という

イメージが強いですよね。

 

そこに来て、

ハイプレッシャー時にも

使いきれるというコンセプトの元。

 

現役最強バスプロの青木大介プロが

プロデュースしたルアーですから。

 

その時点で釣れる気は

してしまいますよね(笑。

 

でも、実物をみると

それだけではないという事が

わかります。

 

極薄ブレードに可動式アッパーアーム。

 

魅力的な要素は沢山ありますが、

自分が一番心動かされたのは

アームが太いという事(笑。

 

真意のほどはわかりませんが、

もしかしたら、

アームを太くするために

他の機構が考えられたのかも

知れませんね(笑。

 

そうであって欲しい。

 

投げるたびに形状や強度を

心配しなくてはいけないルアーは

ストレスが溜まります(笑。

 

それがハードルアーなら

なおさらですよね。

 

ライン以外気にしないで

ガンガン投げ倒せるルアーは

嬉しいものです。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。 instagram(インスタ)の方もチェックしてみてくださいね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

wpmaster

本名 欠塚実(カケヅカミノル) 48 既婚 子供三人の父親 東京都足立区在住 ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表