2016チャプター房総第五戦 湖畔の宿つばきもとCUP レポート 試合前偏

前回の記事ではプラクティスの流れを

ザっとレポートしました。

 

今回は試合当日前半の流れを、

自分の釣りと絡めながら書いてみたいと思います。

 

試合当日は晴れ

 

前日プラクティスから一日、

この日の予報は曇り時どき晴れとの事。

 

チャプター房総最終戦朝

 

そして降水確率は10%となってます。

これはほぼ雨は降らないと思って間違いないでしょう。

 

そんな感じの試合当日ですが、

朝のタックルチェックでまたしてもペナルティーを

頂いてしまいました(泣。

 

自分もそうですが、

自分がチェックした相手の方にも

申し訳ない思いでいっぱいです。

 

そんな訳で、

今回もマイナス200gからのスタートとなって

しまった最終戦が始まりました。

 

チャプター房総最終戦スタート直前

 

 

当初は参加人数が少なめかと思われましたが、

後の公表では51人参加との事。

 

ハイシーズンよりは少ないですが、

それでもまあまあの人数です。

 

でも、他の大会とはカブってないようなので

昨日ほどは湖上は込み合ってませんでした。

 

本湖へ直行

 

前日のプラクティスで

特に強力なパターンを見つけてた訳ではないので

ファーストポイントのチョイスは適当です(笑。

 

チャプター房総最終戦本湖方面

 

ただ、この日は昨日吹かなかった強めの風が

ダムサイトから鳥居岬にかけて吹いてました。

 

亀山湖ダムサイト

 

そうなると、

水産センター島周りの水が良い事と合わせて

カバーが良い時の条件に入ってます(笑。

 

と、勝手に思い込んで水産センター桟橋横の

ワンド手前のブッシュの張り出しを狙います。

 

後で動画を公開しようと思ってますが、

ここでは最近の自分のキーパーキャッチャーである

ベイトフィネスジグが機能しました。

 

朝イチだし、先行者がいないタイミングだったので

当然エスケープリトルツインのテキサスから

アプローチした訳です。

 

ですがまったくの無反応。

 

これまでならここで移動するか、

そのまま粘るかしか無かったのですが(笑。

 

散々自分がテキサスで触った後に

ベイトフィネスジグを投入。

 

するとその一投目で反応が返ってきました。

 

小さいですが、確実にキーパー以上はある

精神安定剤的なファーストフィッシュです。

 

朝の早い時間にキーパーをキャッチするのは

自分としては非常にレアな展開です(笑。

 

試合の自分の様子を動画に撮って公開するのは

協会の方から許可をもらってますので、

近日公開予定。

 

散々テキサスを撃った後にベイトフィネスジグで釣れるのは

自分的には驚きでした。

 

快調にリミットメイク

 

この後同スポットで

サクっとリミットを作るという異例の展開(笑。

 

チャプター房総では初めての経験です。

今までリミットでは苦労してたので、

本当にベイトフィネスジグ&アバカスシャッド様様です。

 

ベイトフィネス&アバカスシャッド2.8

 

 

教えてくれたパティシエTさんありがとうございました。

 

テキサスに反応しなかった事と

ベイトフィネスジグで釣れた魚が大きくなかった事で

あっさり移動を決意

 

チャプター房総最終戦移動

 

でも、まさかこの数時間後にこのスポットから

テキサスでキッカーを獲る事になるとは…。

 

そんな訳で朝の早い時間にリミットが揃ってるという

チャプターでは初めての経験に

かなり気を良くしてスポットをまわります。

 

早い時間にリミットがあるのが

こんなに落ち着いて試合ができる事を

久しぶりに気づきました(笑。

 

こうなると釣りにも余裕が出てきて、

今まで撃った事がない場所にも

積極的に手を出せます。

 

ただ、ライブウェルの中の魚は合計で

1000gほど(汗っ。

 

少なくとも800クラスを二本入れないと

ノーフィッシュと変わりません(苦笑。

 

最初の入れ替え

 

ここからまあまあ迷走して、

水産センター島を二週ほどした頃でしたか(笑。

 

この日三回目の訪問になる

松下桟橋対面の竹ブッシュで600gが

入ります。

 

ここはは去年のチャプター房総最終戦で

スタート直後に1850のキッカーを獲った

由緒正しいスポットです(笑。

 

これも風が強く吹いたタイミングで

船がブッシュに寄せられても気にせず

奥を撃った事が幸いしました。

 

でも、このブッシュの奥で食うヤツは

大きくはないんですよね(笑。

 

やや外側の水深のある方で食うヤツは

キッカーになる事が多いんですけどね。

 

でも、

この日はこれでも余裕の入れ替えサイズ。

 

ちゃんと測る事もなく、

三つ子のうちの1本をリリース(笑。

 

さあ、あと残った双子も早くリリースしてあげないと。

 

二本目の入れ替えサイズ

 

その後また迷走が続き、

昨日見えバスを多く確認していた

カヌーの発着場からはバスの姿が消え(汗っ。

 

まあ、見つけていただけで食わせられるかは

別の問題でしたけどね(笑。

 

デカい訳でもなかったし。

 

で、残り時間が少なくなってきたので

メインエリアと決めていた水産センターの

島周りへと戻ってきます。

 

チャプター房総最終戦移動2

 

風がさらに強くなったタイミングで、

朝のスポットへ再度勝負をかける事に。

 

しかし、そこにいた先行者がよりにもよって、

2014年度のチャプター房総

年間チャンピオンです(汗っ。

 

何度かお話をした事があるのですが、

カバーネコを得意とする

去年の同時期の優勝者でもあります。

 

しかし、ここで下手に移動を繰り返しても

時間だけ使ってドツボにハマると思い、

近くのブッシュを撃ちながら様子を見ます。

 

で、その手前のブッシュを撃っていると、

チャンプが微妙にそのスポットから

移動したように見えました。

 

少し近づくと、離れた岸際をやってるようです。

 

そこでチャンプが撃った直後でしたが、

自分のは攻め方が違うと勝手に思い込み、

テキサスを投入。

 

その一投目でした。

 

明確なアタリとともにフルフッキング。

 

ビックリバイトでしたが、

体が勝手に反応してました。

 

キロはない感じでしたが、

その日一番の魚でした。

 

強風とアドレナリンのため写真なしでごめんなさい。

 

ここでこの日二本目の入れ替えサイズを

釣ったところで、次回へと続きます。

 

次回は大ハプニング発生!(笑。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。 instagram(インスタ)の方もチェックしてみてくださいね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

wpmaster

本名 欠塚実(カケヅカミノル) 48 既婚 子供三人の父親 東京都足立区在住 ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表