2016チャプター房総第五戦 湖畔の宿つばきもとCUP レポート プラクティス偏

2016チャプター房総第五戦

湖畔の宿つばきもとCUP が

先日9月28日に千葉県亀山湖にて

開催されました。

 

結果はこちら↓

2016チャプター房総最終戦順位

 

すでにNBCホームページの方でも結果が

公開されてます。

 

これで全五戦が終了して2016年度の

全日程が終了いたしました。

 

大会役員をはじめ関係者のみなさま

おつかれ様でした。

 

今年もすばらしい大会を開催して頂き

ありがとうございました。

 

自分は今年も全戦に参戦できて、

自身大変勉強になる一年でした。

 

また来年以降も参戦していく予定でいます。

 

では今大会を簡単ではありますが、

レポートさせて頂きます。

 

雨からドピーカンの前日プラクティス

 

いつものように前日から亀山湖入りして

プラクティスを行いました。

 

チャプター房総前日プラクティス

 

自分の場合、絶対的な練習量が足りないので

細かい釣法を煮詰めるような作業は

プラクティスではできません(笑。

 

前回9月7日以来の釣行なので、

まずは湖全体の水をチェックするのが

自分の中の慣例になってます。

 

この日はめずらしく折木沢上流のチェックを

試みたのですが、おりきさわボートさん前まで

大量のゴミやら流木がすごくて、

それ以上上がるのを断念(笑。

 

折木沢上流

 

自分的にはメインエリアにはならないだろう、

というサボり根性もあり、猪川を含め

そっち方面をバッサリ切り捨て(笑。

 

次に医院下をチェックするも、

どうも水が淀んでる感じで釣れる気がせず。

 

亀山湖医院下筋

 

結局好きなスポットが集中している

本湖にバウを向けた。

 

亀山湖藤林水道

 

途中藤林エリアもチェックしたが、

ここも水が淀んでいて、なおかつ浮遊ゴミも

広がっていたので、自分には攻めきれず。

 

しかもこの日はボート店のハウストーナメントと重なり、

平日にもかかわらず、相当数のボートが湖に浮かんでました。

 

巻物でチェックする算段が、ここまで湖全域で

浮遊ゴミが蔓延しているのと、主要なスポットには常に人がいて、

リズムが悪すぎて自分のスキルではやり切れないと判断。

 

亀山湖浮遊ゴミ1

 

早々にいつものカバー撃ちでのチェックに

切り替える事に(笑。

 

エスケープリトルツインテキサスリグ

 

余談ですが、亀山湖の場合浮遊ゴミは

周年悩まされる問題の一つで、

自分が巻きをやり切れてない大きな要因に

なっております(言い訳)

 

それもあって、重めのシンカーでのテキサスリグは

サーチメソッドとしても優秀であると自負しております。

 

本湖エリア

 

そして本湖エリアですが、こっちは場所によっては

良い水もあるように感じました。

 

亀山湖本湖エリア1

 

でも、良く見ると細かい粒子状のものが

水に混じってて、それが良いのか悪いのか

判断がつきません(笑。

 

それでも水が良いと思えるエリアには

ベイト(オイカワ?)がいたのでバスもいるだろう、と。

 

で、カバーにテキサスを撃っていくも反応なし。

 

前日は午前中が雨で午後からはドピーカン。

 

ただし風はほとんど吹かず、やはり難しい状況。

 

午後からは日が差したと思ったら

その後ドピーカンの真夏日(汗っ。

 

でも、そのタイミングでカバーを撃つと

ポロポロと反応あり。

 

ただし、結構キビしめに攻めないと

反応ないですが…

 

↓ この中に魚が映ってます。わかるかな?

亀山湖ヘビーカバー

 

↓正解はこちら(笑。

亀山湖ヘビーカバー2

 

そんな感じでよりとも島方面までチェックし、

笹川上流手前まで流してみるもノーバイト。

 

帰り道に柿木下対岸のカヌー接岸場で

かなりの数の見えバスを確認して、

明日のお助けスポットとしてプラクティス終了。

 

結局チビを釣るのは苦労しないが、

上は600gが上限でした。

 

ルアーはティムコベイトフィネスジグ2.7gに

フラッシュユニオン アバカスシャッド2.8。

 

亀山湖カバー打ちベイトフィネス

 

これは前回から数釣りにおいて

自分の武器になってくれてます。

 

ベイトフィネス&アバカスシャッド2.8

 

そしてサイズアップにはやはりテキサスという

いつもの釣り(笑。

 

湖全体を見た感触は、

この夏良かったインサイドベンドには

淀んだ水が蔓延していて生命感が

まったく無かった事。

 

当然バイトもまったくありません。

 

変わりにその対岸、つまりアウトサイドの水が

良くなっていて、つい三週間前とは

状況が全く違っているという感じ。

 

それでも自分のいつもの釣りは

死んでないと判断。

 

明日はやりきれるかどうかにかかってくると

腹をくくる、いつもの展開(笑。

 

チャプター房総プラクティス終了

 

プラクティスの結果、

自分の目から見た今回の亀山湖は

「小さいヤツは簡単に釣れるがサイズアップは

超絶難しい」 というもの。

 

それでもウイニングウエイトは

3キロを超えるだろうと思ってました、

この時点では。

 

でも全体的にはキビシイので、

2キロ半ばくらいでお立ち台かな、とも。

 

さあ、明日はどうなるのか。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。 instagram(インスタ)

の方もチェックしてみてくださいね。

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です