【snow peak AE-110 フィッシングニッパーPro】 現時点での究極フィッシングニッパーか!?

今年はこれまで数種類のラインカッターを

購入してきました。

 

長年の課題なんですが、

ナイロンの30ポンドを気持ちよく

カットできるラインカッターを

探してたんですよ。

 

よくあるタイプのラインカッターや、

小型ハサミタイプではナイロン30ポンドの

結び目はうまくカットしにくいんです。

 

そんな時、先日知人から良さげなニッパーを

教えてもらったので買ってみたんです。

 

早速買ってみたので

紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

完全きわ切り

 

snow peak

AE-110 フィッシングニッパーPro」。

 

自分がニッパーに求めたものの一つです。

 

通常のニッパーは

刃の合わせ目が窪んでるので

カット部が見えにくいんですよね。

 

ラインの結び目に対して、

余りラインをキワまでカットする事は

じつは無いんです(笑。

 

2mmくらい残して切った方が

ラインのすっぽ抜けがないような

気がするんですよね。

 

20160806_124819

 

気がするだけですが(笑。

 

ではなぜキワまで切れるカッターが

欲しいのか?

 

上で言いましたが、カット部を

目で見てカットしたいんです。

 

カット部が見えないと、

残りラインの長さが一発で

決まらないんですよね。

 

それがどうも気になるんです。

 

なのでハサミも好きではないんですよ。

 

爪きりタイプのラインカッターでは

30ポンドの結び目はすごく

カットしづらいですしね。

 

やはり刃の合わせ目の面が

平らなタイプが好きです。

 

20160806_125128

 

スポンサーリンク

電気配線用ニッパー

 

今まで切れ味と持ちやすさを両方

合わせ持ったのは、

電気配線用のニッパーでした。

 

機会加工の仕事をしているので、

配線は良くいじるんですよ。

 

それで釣りとは関係なく

持ってはいたんですよね。

 

ある時気が付いて、

試しにナイロン30ポンドを

カットしてみたんです。

 

もう今までにない最高の切れ味!

 

しかも細いラインでも変わらず

気持ちよく切れます。

 

で、少しの間コレをつかってたんですが、

やはり問題はサビ

 

屋外での使用は想定されてないので

表面処理のない鋼です。

 

先日の亀山湖釣行では二日間

雨に見舞われまして。

 

見事にサビが浮いてしまい、

その場で拭いたのですが、

やはり限界がありました。

 

クロムバナジウム!?

 

そこで今回のフィッシングニッパー

なんですが。

 

ネットで見た時に材質が

クロムバナジウム

とあったんです。

 

クロム!?

 

フィッシング用と謳ってる以上

これはステンレスに間違いない、と。

 

鉄にクロムを11%加えると

表面に酸化皮膜を形成して

サビにくくなると言われてまして。

 

つまり鉄にクロムとニッケルなどを

加えたものがステンレスとなる訳です。

 

ようやく探し求めていた、切れ味の良い

ステンレス製のフィッシングニッパーが

見つかった、と思ったのですが。

 

実物をみてチョッとビックリ。

 

20160806_131059_001

 

これメッキだね…

 

うーん、クロムってクロームメッキの事か。

 

チョッと残念。

 

切れ味は最高レベル

 

ただ、そうは言っても切れ味は

最高レベルですね。

 

刃先と根元で切る素材が

別れてるので、ラインは刃先の方で

カットするようになってます。

 

20160805_155335

 

たしかに普段使ってても

根元で切る事ないですよね。

 

その刃先ですが、ナイロン30ポンドの

結び目もまったく抵抗なくカットできました。

 

これは優れものかもしれない!

 

自分の場合、

ワイヤーをカットする事は

まずないと思うので、

このニッパーですべて解決かも。

 

PEもスパッと切れますし、

バスフィッシングにおいては

すべてのラインがこれ一本でいけそう。

 

最後に改善ポイント

 

メッキも二重構造という事だし、

サビや腐食については

淡水ならほぼ心配ないでしょう。

 

同メーカーのもので、ソルトでの使用において

サビが出たという話を聞きましたが。

 

でも自分の場合はバスフィッシング用なので

多分問題ないと思われます。

 

唯一、使用において気になったのが

スプリング機構がないこと。

 

開いたり閉じたりがチョッと、

ほんのチョッとやりにくいかな?

と。

 

20160806_122443_001

 

使ってみてから

 

さて、そんな訳で現時点では

大きな不満はなく、

概ね気に入っております。

 

あとは実際のフィールドで使ってみて

あらためて感想を書きたいと

思います。

 

値段がチョッと高めですが、

ラインカッターを何度も買い換える事を

考えたら気にならないかな、と。

 

今のところお薦めですが、

もしかして使ってみないとわからない

何かがあるかもしれません。

 

でも多分良いものだと思いますよ。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。最新の記事を見にいく

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク





★☆★★☆★ 良かったらこちらの記事もどうぞ ★☆★★☆★



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です