Fecoルールでも使えるスモラバを作ろう シリコンラバーなら自作OK

フィールドに出る時間が作れず

ストレスが溜まってる

ほぼフリッパーのカケヅカ( @kakedukaSS )です。

 

そんな中、

タックルの整理に精を出してたのですが

急に思い立って、

あるものを購入したんです。

 

それが「タイイングバイス」。

 

これでまたラバージグを巻こうと

たくらんでます。

 

スポンサーリンク

エコルールの理解とともに

 

タックルの整理とともに、

エコルールの解読?にも

力を入れてまして(笑。

 

20160813_235530

 

どうやらちゃんと理解すれば

もっと使えるルアーが沢山

ありそうなんですよ。

 

今までほとんどカバーテキサスでしか

魚を獲ってなかったんですが、

他にも手駒が欲しいんですよね。

 

で、昔は良く使っていた

ラバージグを見直してみると、

シリコンラバーなら自作OKとの事。

 

ジグヘッドがFeco認定品であれば

シリコンスカートで自作すれば

好きな重さで好きな色のものが

作れてしまうんです。

 

20160817_122306

 

そして何より経済的。

 

ザッと計算すると、

一個あたり200円以下で製作可能っぽい。

 

まあ初期投資はありますが、

そこは最低限のものを揃えて

なるべる安くスタートしようかと(笑。

 

20160817_121902

 

スポンサーリンク

巻くの得意なんですよ、じつは

 

やはり経済的という理由で

昔はジグヘッドから自作してました。

 

 

↓ たくさんある未使用品(泣。

20160817_174226

 

バスフィッシングを始めて

結構早い段階から自作してましたからね。

 

もうどのくらいの数を作ったのか

わからないくらいですよ。

 

いろいろ試しましたし、

人にもあげまくりました。

 

20160817_174211

 

結構評判良かったんですよ。

 

モールドを自分で削って、

フックも火を入れて好きな形に

曲げたりして。

 

鉛も精製を自分でやって、

純度をすごく高くしたり。

 

↓ フットボールもたくさん

20160817_174452

↑たぶん一生分ありますね(笑。

 

そりゃあもう、こだわってましたね。

 

いまでも沢山残ってるんですけど、

なにせ鉛製なので…。

 

もちろんチャプター房総では

使えません(泣。

 

でも、ジグヘッドは市販のもので

スカートを巻くだけでも

楽しいですよね。

 

巻くの得意なんですよ、

けっこううまいし。

 

でも、昔のファインラバーの

話ですけどね(汗っ。

 

バイスがイカれるまで

 

今回新しいバイスを購入しました。

 

20160817_121827

 

以前使ってたバイスが

相当イカれてたんですよ。

 

まあ、使いすぎ(笑。

 

カムレバーが擦りへって、

把握が効かない状態まで

なってました。

 

20160817_122344

 

先端の挟む部分も開いてしまっていて、

万力でゴリゴリ直して使ってたんですが、

さすがに金属疲労でグズグズに。

 

そこまでなるまでに、

一体何個のジグを巻いたんだろう(笑。

 

スレッドやワイヤーも色々試して

最適なものを選定したんですよ。

 

巻き方もすごく研究して、

ラバーの開き方が違う事とかが

わかってきたんですよね。

 

でも、自分の中で完成の域に

なったと思って、この先もずっと

使い続けようと思ってたんですが。

 

こうゆう環境になるとはね。

 

もう一度イチから

 

もう一生分のジグを巻いてあったので、

自分用には巻くことないのかな?

って思ってました(笑。

 

でもFecoルールで使えないとわかって、

市販のものを使ってたのですが、

釣れないんですよ(泣。

 

20160314_214006_thumb

 

たかがラバージグ、されどラバージグ。

 

形や大きさが変わると

フィーリングは全然違ってしまい、

タックルも変わってくるんですよね。

 

トレーラーも見直さないとダメだし、

もうイチからやり直しです。

 

でも、それも楽しい。

 

どのルアーにも言えますが、

ルアーの値段とキャスト精度は

比例します(笑。

 

自作して安くできれば

それだけ思い切って攻められますからね。

 

何より、自分で巻けば

思い入れがある分集中できます。

 

次の試合に投入できたら

楽しいな。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。最新の記事を見にいく

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク





★☆★★☆★ 良かったらこちらの記事もどうぞ ★☆★★☆★



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

wpmaster

本名 欠塚実(カケヅカミノル) 46歳 既婚 子供三人の父親 東京都足立区在住 ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表