シニアアングラーの必須アイテム【老眼鏡】 100円ショップで買ったのはすぐ壊れるから

ここ数年でめっきり老眼が進んだ

ほぼフリッパーのカケヅカ(@kakedukaSS)です。

 

去年Jins(ジンズ)で遠近両用の

メガネを作ったものの、

ほとんど機能してないので結局

老眼鏡を併用してまして(笑。

 

やっぱりチェーン店のメガネ屋では

限界があるんでしょうかね。

 

だからといって、

高いお金を出して遠近両用の

メガネを作るのも

なんだかもったいないような。

 

やっぱりここは100円ショップの

老眼鏡で十分でしょう。

 

でも100円ショップの老眼鏡は

すぐ壊れちゃうんですよ。

 

なのでここはリールメンテナンスの

知識を生かして、安い老眼鏡を

少しでも長持ちさせる方法を

考えてみました。

 

スポンサーリンク

軽くて良いのだが

 

自分が愛用してるのは地元の

100円ショップ「セリア」で売ってる

樹脂で出来てるタイプ。

 

20160811_164228

 

このタイプは軽くて掛けやすいんですよ。

 

でも、閉じたり開いたりを繰り返すと

すぐに壊れてしまうんです。

 

今までに10個以上ダメにしてますね。

(マジです)

 

安いからと、予備に何個も買っておいて、

バンバン使っては取り替えるという。

 

これでは100円ショップの思うツボ(笑。

 

結局安くないじゃないか!?

 

という事で壊れる原因を

確かめました。

 

スポンサーリンク

フレーム折れ

 

レンズはまだ見えるのに、

フレームが折れてしまって

使えなくなる事がほとんどです。

 

やはり作りが雑なんですよね。

 

おそらく原価は数円台でしょう。

 

これに年間千円以上出すのは

もったいないんですよ。

 

フレームが折れる原因は稼動部が

固い事。

 

つまりはめ合いが合ってないんです。

 

ならばそこを緩くしてやれば

閉じたり開いたりがスムーズに

なるはず。

 

という訳で、ネジ部をはずしてみます。

 

単純な話でした

 

ネジは普通のプラスネジ。

 

リールメンテ用の精密ドライバーを使えば

簡単に外れます。

 

20160811_164258

 

というか、

それこそ100円ショップのドライバーでも

外せますけどね(笑。

 

20160811_115206

 

そして、外したアーム部の付け根を

フックシャープナーでバリなどを削って

整えます。

 

まあ、フックシャープナーと言っても

ただの細目ヤスリですが(笑。

 

どんだけ流用してんだよ?

とあきれられてると思いますが、

安いものは利用しないと。

 

バリを取ったら再び元に戻します。

 

この後最高級のアルケミーオイル

滲む程度挿してやります。

 

なぜかここは意味なく高級オイルを

使うという。

 

HEDGEHOG STUDIOの社長、

すいません(汗っ。

 

これで長持ち決定!

 

そんなこんなで出来ました。

 

20160811_164428

メガネを二つ掛けるスタイルですが、

これが一番良く見えるんですよ。

 

釣りの時はコンタクトレンズなんですが、

もちろんコレを持っていきます。

 

最悪失くしても100円ですから。

 

おっと、やっぱり100円ショップの罠に

ハマッてる(笑。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。最新の記事を見にいく

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク





★☆★★☆★ 良かったらこちらの記事もどうぞ ★☆★★☆★



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です