【スタンレーバイブラシャフト】 亀山湖でのフェイバリットスピナーベイトだった

スタンレーのバイブラシャフト」。まだ世の中にD-ZONEどころかSRミニすらない頃。

 

亀山湖で良く釣れるスピナーベイトでした。

 

【フェイスブックページへのいいねかツイッターフォローしてもらえると最新記事をお届けできます】

安くて釣れるスピナーベイト

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーのカケヅカ(@kakedukzss)です。

 

すでに出ていたがどうかは記憶が定かではないですが、これと「クリスタルS」が自分のフェイバリットでしたね。

 

ただ、当時のクリスタルSはアームが細くて、今のD-ZONEに近い感じでした。

 

釣れると良く曲がってしまい直してるうちに金属疲労で折れてしまうという。

 

なのでもっぱら、安くてよく釣れるバイブラシャフトにお世話になってましたね。

 

多分今でも釣れる

 

先日D-ZONEですごく良い魚を釣らせてもらい。

 

20160722_111703

 

 

それ以来、自分の中でスピナーベイトをはじめとする巻きもの熱が盛り上がってきてるんです(笑。

 

で、久々に昔のルアーを漁ってたら、なつかしいルアーが見つかったんですよ。

 

それがアメリカ・スタンレー社の名作「バイブラシャフト」。

 

20160730_140701

 

これは亀山湖だけじゃなく、カスミや北浦でも良く釣れました。

 

名も無い野池でも釣れたのを覚えてますね。

 

大きな釣具屋でワゴンセールなどで売られてるのをまとめて買ってくるんですよ。

 

確か一個あたり500円しなかったんじゃなかったかな?

 

見た目は中々ヒドい作りで(笑。

 

↓ 右端のピンクのヤツは単なる使いすぎ

20160730_141131

↑タッチペンで塗り直しただけ

 

ヘッドはバリだらけだし、スカートはすぐズレるし。

 

でも良くできてるんですよ。

 

最大の特徴はアームが先端に向かって細くなってるんです。

 

20160730_140552

 

だからヘッド部は丈夫でブレード部は良く振動するという。

 

多分今でも普通に釣れると思いますね。

 

臆せず撃ち込めた

 

やはり値段とキャスト精度は比例しますよね(笑。

 

特にオカッパリになると、高いルアーはビビりが入ります。

 

若い人に言わせると、「チキる」ってやつですかね。

 

根がかりしにくいルアーではありますが、キャストで引っかかると取りにいけない場合もありますから。

 

水の中では根がかりしなくても、空中ではどうしようもないですよね。

 

そうなると、高いルアーでは思い切ってキビしいところは攻めにくいです。

 

IMG_6683

 

結果的にバイブラシャフトを多様するので、良く釣れるとなってしまってました(笑。

 

でも全く釣れないルアーでは投げる気もしませんから。

 

そこはほどほど良く釣れるバイブラシャフトになりますよね。

 

「安くて良く釣れる」、というルアーとして今も記憶に残ってます。

 

高くて釣れるのは当たり前

 

昔はルアーにチューニングするのは当たり前でした。

 

バイブラシャフトもいろいろ手をいれてましたね。

 

パーケージを開けてからすぐ使ってもまあ、釣れなくはないですけど。

 

でもチョッとイジってやるとより釣れる気がしてくるんですよ。

 

切実な問題として、スカートがズレるんです(笑。

 

ヘタすると、パッケージの状態ですでにスカートがズレてました(爆。

 

まあアメ物ですからね。

 

なので、ラバージグようのタイイング用具でスカートを巻きなおしてやるんです。

 

20160730_140616

 

この時ついでにシリコン製のスカートに替えてやってましたね。

 

ノーマルのスカートは経年劣化でベドベドになってボックスに張り付いたりして。

 

シリコンなら丈夫だし、熱にも強いし。

 

当時はラバージグを自作してたのでタイイングはお手のものでしたね。

 

20160730_140443

 

ルアー自体は良く出来ていたのでチョッとした手入れで使いやすいルアーになったんですよね。

 

高いルアーならパッケージから出してすぐに使っても釣れるでしょう。

 

でも安いルアーを工夫して釣れるようにしてやるのもおもしろいんですよね(笑。

 

ブレードが飛んでいく(笑。

 

バイブラシャフト、ブレードが良く飛ぶんです(笑。

 

これ信じられないかもしれませんが、本当です。

 

昔って国産でもブレードが飛ぶってありましたよね?

 

スプリットリングが甘いのか、ワイヤーの巻きが弱いのか。

 

キャストの時にブレードが明後日の方に飛んでいってしまうんですよ(笑。

 

今のようにリングやアームが溶接してなかったですからね。

 

そう考えると、今時のスピナーベイトが高いのもわかりますけど。

 

でももっと全然安くしてもらって、自分でイジッてる方がおもしろいと思うんですよ。

 

ブレードも好きなものに交換して。

 

20160730_140846

 

そうゆう楽しみって、今なくなっちゃいましたね。

 

大きなブレード

 

今時のスピナーベイトって小さなブレードが付いてますよね。

 

バイブラシャフトはけっこうでかいブレードなんです。

 

20160730_140733

 

シャフトが太いので小さいと振動が少ないんでしょうね。

 

でもブレードが大きいとメリットもあって。

 

引き抵抗が大きいので、巻いてる感がすごくあるんですよ。

 

ダブルウイローなのに、巻き抵抗が大きくて(笑。

 

当然バイブレーションも大きいのでアピールも大きいんです。

 

シャフトが細くてブレードも小さいスピナーベイトだとプレッシャーには強いでしょう。

 

でも、魚が本気で食いに来てる時は一撃で殉職ですよ(泣。

 

20160723_085806

 

高いルアーとの使い分け

 

1400~1500円するルアーが一撃でダメになるのはちょっとキツいですよね。

 

そうゆうルアーが必要な状況は確かにあるとは思います。

 

なので、安いルアーで探ってみて食わせとしてシャフトの細いスピナーベイトを使えば良いのではないかと。

 

そこでお薦めなのはもちろんバイブラシャフトです。

 

コストパフォーマンスで考えるとこれ以上のスピナーベイトってないんじゃないかな?

 

カスタムする楽しみもありますから、釣った感すごくありますよ。

 

20160730_140828

 

問題はあまり売ってない、という事(汗っ。

 

昔はあたりまえにどこの店でも置いてあったんですけどね。

 

今は見かけなくなりました。

 

ネットで探したら、一部の店で取り扱いしてるようです。

 

ただ、もしかしたデッドストック?

 

良いルアーなのにもったいないですね。

 

また復刻しないかな。

 

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。 instagram(インスタ)

の方もチェックしてみてくださいね。

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから

2 件のコメント

  • かく言う私もアメリカンルアー大好きです。

    バイブラに限らず安いんですよね。アメルア。
    子供の頃に限られたお小遣いの中から沢山のルアーを買おうとすると
    必然とアメルアが選択肢になりました。

    今は持ってないんですがバイブラも使った事あります。
    ブレードのRがデカイからか、スピナーベイトの中では結構な巻き抵抗ありますよね。
    アメリカ人はこれを一日中巻き倒すのかと思うと
    体格体力の違いを思い知らされます。

    今のスピナーベイトラックの中は9割クリスタルエスですが。

    ボーマー、ストーム、へドンとかコットンコーデル
    日本のルアーには無い艶かしさがあります。
    ちょっとした手を加えてあげないと
    購入したそのままでは真価を発揮しないというのもアメリカルアーらしくて好きです。

    • アメものに馴れてしまうと、パッケージから出して何もしないのが逆に心配になったりしますよね(笑。
      バイブラシャフトはスカートがすぐダメになるので、そこが安心というか(笑。ハードルアーは手を入れないと釣れる気がしなかったです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    wpmaster

    本名 欠塚実(カケヅカミノル) 48 既婚 子供三人の父親 東京都足立区在住 ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表