デカバス攻略のための考え方 その1 ラインブレイクしないためのルーティンとは

過去に相当数のデカバスをバラしてきた

ほぼフリッパーのカケヅカ( @kakedukaSS )です。

 

しかしここ数年は意外とデカいバスが

獲れてるんですよね。

 

しかも結構試合本番で獲る事が

多いんです。

 

まあ、試合の時にフィールドで出る事が

ほとんどなので当たり前なんですが(汗っ。

 

でも前回の釣行でもスピナーベイトで

50オーバーが獲れたりしてます。

 

これに関しては明確な理由が

あるんですよね。

 

今回はそのあたりの考え方などを

お話させて頂きます。

 

スポンサーリンク

デカバスは誰にでも来る

 

ビギナーズラックという言葉がありますが、

バスフィッシングを始めて間もない人が

デカいバスを釣ったという話は良くあります。

 

15497760082_e6a6e08afd_c

 

これの仕組みなどはここでは割愛しますが、

バスフィッシングを続けていれば

デカいバスが食ってきた経験は

誰にでもあると思います。

 

でも、

問題はその魚をキャッチできるかどうかです。

 

運よくキャッチできる時もありますが、

バラしてしまう事も多いのが

甘チュアですよね。

 

↓ 恥ずかしいバラしのシーン

↑ 2分50秒頃にフッキング

 

これがトッププロになると

高い確率でキャッチする訳です。

 

その差ってなんなのか?

 

自分の考えでは、

それは経験値の差だと思います。

 

それまでにどれだけの数の

デカバスを獲ってきたか、

という事でしょうね。

 

そうは言っても具体的に

どうゆう事なのかわからないので

もう少し突っ込んで考えてみましょう。

 

スポンサーリンク

ラインブレイク

 

今回はラインブレイクに焦点を当てて

考えてみますね。

 

自分の経験上、太いラインは

バラす確立が極端に減ります。

 

20160806_084650

 

ってまあ当たり前ですよね(笑。

 

何が言いたいのか詳しく説明しましょう。

 

デカいバスは単純に重いです。

 

biwako1

 

これが水面に近くなるほど

その重さが影響してきますよね。

 

船べりでのラインブレイクというのは

これが原因です。

 

極端な話、魚を水から抜き揚げると

重さがモロにロッドやラインに

かかってきますから。

 

強いロッドと太いラインを使うだけで

そのリスクは減らせます。

 

そしてデカい魚は体力があります。

 

食った後の引きも強いですよね。

 

そうなると、細いラインでは

強引なファイトは無理ですから、

主導権を魚に渡す事に(泣。

 

広いオープンウォーターなら良いですが、

カバーではソッコーでブレイクです。

 

2016-03-22 08.45.36

 

これも太いラインを使う事で

解決する事ができますよね。

 

ただ、いつでもどこでも太いラインを

使ってれば良いというものでも

ないのはわかりますよね。

 

意味なく太いラインを使っていても

バスが食わなければ意味がないんで。

 

そのあたりのチョイスが経験値、

という事になりますかね。

 

ラインブレイクその2

 

ラインブレイクでのバラしには

まだ理由があります。

 

それがラインにキズが入って

ブレイクするというもの。

 

ここで大事になるのか

ラインチェック

です。

 

20160518_144631

 

これも経験豊富なベテランなら

当たり前にやるレベルです。

 

もう無意識に体が覚えてしまってる

レベルですよね。

 

フロロカーボンの場合などは

ちょっとしたキズでも

それが致命傷になる事が珍しくありません。

 

特に結び目から数10センチくらいは

モロに負荷がかかりますから

神経質なくらいチェックしたいですよね。

 

攻めるエリアによっては

毎キャストごとに

チェックしても良いくらいです。

 

まあ、早い話が

ラインを常にチェックしてれば

ラインブレイクしにくいですよ」、

という事です(笑。

 

20160721_073137

 

会心の50オーバー

 

先日の亀山湖釣行で

DeeePSTREAMのKenDさんと

同船したときの50オーバーですが。

 

色んな要素をクリアした上での

会心の1本だったんですよ。

 

まず、その魚が出る数投前に

杭にスピナーベイトが根がかってるんです。

 

根がかり回収棒?でしつこく回収しようと

粘ったのですが、他の水中にあるラインに

絡んでて取れませんでした。

 

しかたなく、そのままラインを引っ張ったら

奇跡的にルアーが帰ってきたんです。

 

とにかく、

水中にグチャグチャに入ってるラインごと

引き抜いて無事に回収したルアーを

チェックしたら、曲がりもなく、

まだ使えると判断しました。

 

ちなみにその時水中に放置してあったラインは

できる限り回収して持って帰りましたよ。

 

そしてかなりキズが入ってるであろう

ラインを大幅にカット。

 

このときはラインにヨレもあったので

2m以上カットしてやりました。

 

フロロカーボンの14ポンドだったのですが、

キズだけではなく、

根がかりを引っ張った時のラインにかかる負荷も

ブレイクの原因になりますから。

 

キズやヨレ(パーマ)の無い状態の

キレイな部分に結び直して

キャストを再開。

 

その数投後に例の50オーバーが

食ってきたという訳です。

 

20160722_111633

 

無意識に出来るレベルまで

 

自分の場合はカバー撃ちが

普段のメインスタイルです。

 

なのでラインチェックはかなり頻繁に

するのが癖になってるんですよね。

 

それが珍しく巻きをやる時にも

無意識で出来ていたというのが

デカバスを獲れた要因でした。

 

20160722_111719

↑ D-ZONEは殉職でしたが(笑。

 

まあ、根がかりを回収した後に

ラインチェックをするのは

シリアスアングラーなら当然のレベルです。

 

でも、自分も過去に相当数の

デカバスをラインブレイクで逃がしてますから。

 

姿を見る事なくバラしたのを含めると

もう天文学的な数字になると思います(笑。

(天文学的は言いすぎですが)

 

釣りは長時間続ける遊びですから、

中々集中力が続きませんよね。

 

ましてや釣れない時間の方が

圧倒的に多い訳です。

 

だからこそ、

無意識に出来るようにしておけば

いざデカバスが来ても対応できる

という事になります。

 

最初は面倒でも、

やってるうちに癖になって

それがルーティンになりますから。

 

そしてラインチェックをした事で

デカバスを見事キャッチできれば

「釣った感」はハンパないですよ。

 

まあ今回の記事で出てきた50オーバーは

9割り釣らせてもらった魚ですが(笑。

 

でも残りの1割は自分のそうした

無意識に出来てたルーティンが

もたらした感動の1本という事で。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。最新の記事を見にいく

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク





★☆★★☆★ 良かったらこちらの記事もどうぞ ★☆★★☆★



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

wpmaster

本名 欠塚実(カケヅカミノル) 46歳 既婚 子供三人の父親 東京都足立区在住 ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表