20年近く前はバスボートにも乗っていた 泥船だったけどね

昨日から古い写真ばかり見ている

ほぼフリッパーのカケヅカ( @kakedukaSS )です。

 

ベテランアングラーの方には

ただ時代がなつかしいというだけでも

楽しんでもらえるかもしれません。

 

それほど日本のバスフィッシングシーンは

20年の間に変わってきたと思います。

 

自分としても去年チャプター房総に参戦するまで

約6年ほどのブランクがあったわけですが、

その間だけでもずいぶん変わったと

思ったほどでしたから。

 

これが20年前となると、

どれだけ創世記だったか、と。

 

知らないがために、

すごく楽しかったしすごく怖かった。

 

でも、とにかくトライ&エラーの

繰り返しだったのは

この時から変わってませんね(笑。

 

スポンサーリンク

勢いだけで買ったバスボート

 

20年前1996年だったと記憶してます。

 

20160828_220711

 

ちょうど20年前になりますかね。

 

バスフィッシングを始めて数年の自分が

バスボートを買ったんですよ。

 

買ったと言っても、当時の友達との

共同購入でしたけど。

 

で、所有者はその友達だったので

厳密には自分の船ではないですが(笑。

 

でも、ローンは折半だったし、

いろいろ面倒な事は自分がやってました。

 

ある日、霞ヶ浦にある当時有名な

ボートハウス?「80マイルズ」に

友達と行ったんです。

 

もちろん目的はバスボートの購入でした。

 

当初16フィートの新艇を買う予定だったのですが、

当時のオーナーである竹内さんに

「小さい船はつまらないよ」と言われ。

 

当時では大型の部類に入る

18フィートのハイドラスポーツを

中古で購入することに(笑。

 

20160828_220947

 

船舶免許を取ったばかりで

もちろんバスボートを操船したことは

一度もありませんでした。

 

で、これまた当時は安全面に対しての

意識もすごく低く、原チャリでも買うように

バスボートを買ってしまったという(汗っ。

 

本当に勢いだけでしたね。

 

スポンサーリンク

穴あき艇

 

16フィートの新艇が18フィートの中古艇に。

 

16フィートの新艇で当時は

乗用車1台分くらいの値段でした。

 

それがショップ側の強い押しに負けて

店先に展示してあった18フィート、

175馬力エンジンの付いた本格的な?

バスボートを購入する流れに(汗っ。

 

当初の目論見では新艇を買って

小さい船で操船を覚えて

その船でその友達がJBに出るという

予定だったのですが。

 

船体価格だけで新艇の16フィート分かかり、

そこからエレキだの魚探だのを入れると

楽に高級車が買えるくらいの値段に(泣。

 

でも、そこまでくると後には引けず、

涼しい顔をして手続きを進めたんです。

 

やっぱり大きな船は憧れでしたから、

大きな不安よりもバスボートを持つ

喜びの方が勝ってたんでしょうね。

 

20160829_091843

 

 

ショップ側の人達もやけにその船を

薦めてきたし、

よほど良い出物なんだろう、と

 

しかし、

購入後にわかるのですが、

船底に大きな穴の空いた船だったんですね(爆。

 

「そんなの買う前にちゃんと見ろよ」

という突っ込みはごもっともですが、

とにかく勢いだけだったので。

 

ただ舞い上がって、

これでバスボートオーナーだという

優越感しかなかったんですね。

 

まあ、

ここから実際に霞ヶ浦に浮かぶまで

相当に大変な試練が待ってましたが(汗っ。

 

駐艇場が無い

 

冗談みたいな話ですが、

駐艇場は船を買ってから探したんです。

 

結局霞ヶ浦に行く途中の地元の空き地に

直談判して置かせてもらう事になったんです。

 

その交渉やら手続きは全部自分が

やったんですよね。

 

そして月に一回の草刈やらなんやらも

全部自分がやってました。

 

オーナーじゃないという負い目があったので

せっせと船の世話をしましたね。

 

共同購入の友達は一切何も

しないヤツだったので(笑。

 

とにかく当時は船を売るときに

特に何の世話もしてもらえなかったんですね

 

買ったあとの事は知らないよ、的な。

 

もう時効でしょうから言いますけど、

もちろんトレーラー車検もないし、

牽引免許も持ってません。

 

駐艇場から湖まではほんのチョッとの

距離だったので、まだ良かったんですが

当時はそんな人も多かったんですよね。

 

そうゆう事も、何にも知らずに

やってたんですよ(泣。

 

行くたびに故障

 

なんだかんだで、やっと霞に浮かぶ訳ですが。

 

とにかく壊れる船でした。

 

一度釣りに出ると必ずどこかが壊れる

という具合で(笑。

 

なかでもエンジンは常に調子が悪く、

今思えば限界を超えたモノだったのでは?

というレベルでしたね。

 

車と違って、走行距離などがわかる訳もなく

どのくらいの程度だったのかを判断するには

知識が無さ過ぎました(泣。

 

20160829_091849

行くたびにどこかが壊れるので、

ローンを含めた維持費は相当な額で

肝心の釣りは二の次でしたね。

 

当時はバスボートを持つという事は

お金がないとすごく厳しい環境だったんです。

 

持つ側も売る側も、

まだまだ知らない事だらけだったように

思いますね。

 

あまりに壊れるので、バスボートを出すのは

月に一回という暗黙のルールが

出来たくらいでした(笑。

 

買ってから半年後に売却

 

あまりの維持費にバスボートを持つ事を

断念する事にしました。

 

購入から半年後だったと記憶してます。

 

それに乗って毎回バコバコに釣れれば

たのしかったのですが。

 

操船の難しさと故障への恐怖で

まともに釣りにならない始末(笑。

 

操船に関しては、エンジンの回転数が

まったく上がらず、エンジンの始動も

おそろしくコツのいる作業だったので。

 

もう、一度エンジンがかかったら

二度と切りたくない、くらいでしたね(笑。

 

荒れ気味の時などはマジでビビリながら

釣りしてました。

 

エンジンがかかるのに数十分を要する事も

しばしばだったので。

 

おまけに謎の浸水にいつも

苦しめられてましたから。

 

船底に穴が空いてたのと

何か関係があったのかは

今となってはわかりませんが。

 

こんな事なら小さくても新艇を買っておけば

もっと楽しいバスフィッシングが

できてたのかもしれなかったです。

 

でも、全部ひっくるめて

すごく貴重な体験をしたと思えるように

なりましたね。

 

その後自分はアルミボートを買い直して

JBのトーナメントに行く訳です。

 

20160828_220515

 

 

その友達はその後また中古で

バスボートを買ってましたが、まったく乗らず

二束三文で売却してました(笑。

 

当時こんな思いをして

バスボートに乗ってたのが

他にもたくさんいたのではないでしょうか?

 

ホントに今生きてるのが

不思議なくらいですね。

 

怖くて楽しい、良い思い出です。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。最新の記事を見にいく

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク





★☆★★☆★ 良かったらこちらの記事もどうぞ ★☆★★☆★



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

wpmaster

本名 欠塚実(カケヅカミノル) 46歳 既婚 子供三人の父親 東京都足立区在住 ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表