リールパーツ屋が実戦投入しているリール その2 ベイトフィネス機2台

SHIMANO12アルデバランBFSと

Abu REVO LTX-BF8。

 

同じハイギヤのベイトフィネス機ですが、

どちらも甲乙つけがたいんですよ。

 

釣りブランクが開けてから使ってる

アルデバランBFSは現在カリッカリに

フルカスタムしたお気に入りの一台。

 

対して、REVO LTX-BF8は現在

クラッチなどカスタムパーツを製作するために

使用頻度の高い一台なんです。

(あまり釣り行ってないですが)

 

スポンサーリンク

REVO LTX-BF8が良くなってきた

 

20160805_173216_001

 

REVO LTX-BF8は最初、

どうしょうもないほど使えないと

思ってたのですが(笑。。

 

最近カスタムを繰り返してるうちに

ブレーキなどは快適になってきて。

 

チョッと使いやすくなって

きちゃったんです(笑。

 

基本的に自分はSHIMANOの

リールが好きです。

 

これは単に好みの問題ですが、

リールに関してはメーカーミックスは

しない主義でした。

 

良い悪いではなく、メーカーによる

色づけというか、フィーリングに

違いがあると考えてるからです。

 

なのでベイトフィス機もSHIMANOで

決まり、と。

 

12アルデバランBFSで何の問題も

なかったんです。

 

20160614_083243

 

ところが今年、REVOシリーズが

フルモデルチェンジ。

 

パーツを製作する関係で

REVO LTX-BF8を購入したんですよ。

 

そしてノーマル状態からフィールドで

テストやインプレッションを繰り返しました。

 

その間12アルデの方はまったく

使ってなかったんです。

 

そんな感じで使ってるうちに

馴れたというか、使いやすくなって

しまったというか(笑。

 

なんというか、愛人が本妻に

昇格したというか(笑。

 

人の気持ちは移ろいやすいですね。

 

スポンサーリンク

ベイトフィネスとマグネットブレーキ

 

ここでチョッと、

ベイトフィネスとリールの関係について

少しお話しますね。

 

基本的に軽いものを投げるには

スプールが軽ければ軽いほど

投げやすいんですよ。

 

これはスプールの初速に対して

いかにストレスなく回り出すか、

という事ですね。

 

ここでSHIMANOのスプールを見ると

スプールシャフトが長いのが

わかります。

 

20160806_160115

 

これはどんなに軽い材料を使っても

その分重量が増してしまいますよね。

 

さらにSVSユニットがプラスされますから、

スプールの重量はマグネット式の

ブレーキに比べて重いという事に

なってしまいます。

 

これが16アルデバランでは

マグネットブレーキが採用されて

解消された形です。

 

12アルデバラン最強計画

 

しかし、自分の使っている

12アルデバランBFSはSVS式

 

普通に使っても全然使えるレベルでは

ありますけど。

 

でも、

一応カスタムパーツを作ってる立場なので、

もう少しなんとかしたいですよね(笑。

 

そこでアベイルさんに相談したところ、

普通にありました、

マグネットブレーキユニット(汗っ。

 

20160806_134541

 

シャフトからSVSユニットがなくなったので

スプール重量は劇的?に軽くなりました。

 

アベイル製マイクロキャストスプールに

マグネットブレーキユニットを組んでやると

あきらかに軽いものが飛ぶようになりましたね。

 

20160806_134616

 

今までスピニングタックルでしか

投げられなかった小さいワームの

ネコリグなどもやってみたら

結構なげられました。

 

Daiwaのネコストレートの5インチなら

ネイルシンカーを入れれば楽に

飛びますよ。

 

ただ、その下の3.5インチになると

ちょっと無理がありますかね。

 

でもさすがにそのサイズになると、

無理にベイトでやる必要もないかな、と。

 

そんな訳でそれ以来、

ベイトフィネスに関しては

12アルデで何の問題もないと思ってたのですが。

 

調整が面倒

 

特に問題が無いと思っていた

12アルデバランですが、

チョッと困ったことが。

 

ブレーキの調整が外からできないんです。

 

せっかくマグネットブレーキになったのに、

外部から調整できないのは

すごく惜しい。

 

20160806_134631

 

そこそこ重量のあるルアーを投げるなら

それほど問題はないんですが。

 

シビアなセッティングが求められる

軽めのルアーの場合は

メカニカルブレーキだけではキツいですね。

 

結局カバーを外して中のマグネットを

調整してやるしかないんですよ。

 

それでもかなり高いレベルで

使えるんですが、

やっぱり外から調整できた方が

良いですよね。

 

これは巻きよりも撃ち用かな。

 

足の長いヘキサゴナルスタードラグ

付けられるしね。

 

20160806_134729

ラインスラック取りやすくて

クラッチも片手で切れる。

 

REVO LTX-BF8の良さとは

 

もともと巻きに関しては

マグネットブレーキのリールを

使いたいと思ってました。

 

軽めのシャッドを投げるのに

丁度良いベイトフィネス用のタックルが

欲しいなぁ、と。

 

でも、自分的には

SHIMANOのリールが好きなので。

 

おそらく16アルデバランか

13メタニウムをカスタムする感じかな、

と思ってたんです。

 

現在パーツ製作のために使っている

REVO LTX-BF8については

仕事が終われば使う事はないだろう、

と思ってたんですが。

 

20160805_112622

 

でもテストしてるうちに

使いやすくなってきた、というのは

上で書いたとおりです。

 

欲しいと思ってたマグブレーキだし、

まずまず使えるので

しばらく使う事になりそうです(笑。

 

軽めのシャッドからスモールクランクも

いけるのかな。

 

やはりブレーキの調整が外から

幅広くできるのは魅力ですよね。

 

そんな訳でチョッと味付けの違う

二台のベイトフィネス機です。

 

釣りの幅が広がってしまうな、

困ったな。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。最新の記事を見にいく

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク





★☆★★☆★ 良かったらこちらの記事もどうぞ ★☆★★☆★



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です