アルミラダーとステンレスラダーはどっちが良いのか?

相変わらずラダーが在庫切れなほぼフリッパーのカケヅカ( @kakedukaSS )です。

 

本当にありがたい事に、まったく一つも在庫がありません(汗っ。

 

これだけ買ってもらえるならもっと沢山作っておけばよいのでしょうが、これが中々むずかしく…。

 

いっそ郊外に引っ越して広い土地に移って好き勝手やろうかな、などと妄想してたりします(笑。

 

でも子供が大きくなるまでは東京に住むという嫁さんとの約束があるもんですから。

 

なんか話にまとまりが無くなってきましたが、今回はボートラダーの素材について改めて考えてみます。

 

スポンサーリンク

希少なステンレス製ラダー

 

20150326_074921

 

このブログでも何回か書いてますが、ラダーはステンレス製が良いと断言します。

 

でも、世の中のラダーを使ってる人達はほとんどがアルミ製ラダーなんですよ。

 

cans-fuzzy-drinks-medium

 

今現在でステンレス製のラダーを作ってるのはうちだけじゃないですかね?

 

少なくとも市販してるのはKAKEDZUKA DESIGN WORKSのラダーだけだと思います。(他のものがあったら教えてください)

 

その理由はおそらく技術的な事でしょう(笑。(と思いっきり煽ってみる)

 

実は溶接をお願いできる外注さんを何件も探したんです。

 

でも、技術と単価がどうしても合わなくて。

 

簡単に言うと、「その値段でそのクオリティーは無理でしょう」と。

 

いやいや、事実レベルで今それでやってますから。

 

20160815_101135

 

なんでできないんだろ?

 

そんな訳でどこも溶接をやってくれないので仕方がなく自分でやってるという。

 

スポンサーリンク

アルミとステンレス

 

ところで、アルミ製ラダーのメリットってなんでしょうか?

 

軽い事?他には?

 

…ないですよね(笑。

 

自分がアルミ製ラダーを見て、一番残念なのは修理が効かない事。

 

これは何度も書いてます。

 

基本的に剛性はないからすぐにヘタってくるのがアルミです。

 

削り出しの小さいパーツとかならジュラルミンは良いですけどラダーのような大きなものには向かないですね。

 

20160623_140036

 

最初の状態のまま長く使ってる人はいないでしょう。

 

自分の知ってる限り、アルミ製ラダーは消耗品という考えの方が大半のようです。

 

ステンレス製なら半永久的に良い状態のまま使えるのに。

 

フィンが大きいというメリット

 

トータルで見て頑丈なんですが、特に言いたいのはフィンがデカいんです。

 

水に入ってる板状のヤツの事ですが、それを大きくできるのはステンレスだからなんですよね。(本当はチタンが最強)

 

大きいだけでなく、かなり薄くできるのも強度のあるステンレスだからです。

 

大きくて薄いというのは水の抵抗を減らすのにかなり貢献してくれますよね。

 

同じ大きさのフィンをアルミで作ると水圧に耐え切れなくてすぐに金属疲労で破損すると思います。

 

で、これが大きいと何が良いのか?

 

それはもう、メチャメチャ水を掴むという事につきますね。

 

掴むと言っても、そのメリットは様々でして。

 

一番体感できるのは、走行時でしょうね。

 

20160615_122424

 

とにかく船がブレない。

 

試合の時は移動中がごはんタイムですが、ラダーがないと船がブレて操船に気を使います。

 

ゆっくりオニギリを食べる余裕は無いですね(笑。

 

 

20160614_061630

 

今年の初めにラダーを忘れて船を出した事があったんです。

 

そうしたらリヤがブレブレでストレス溜まりました(笑。

 

もうステンレスラダー無しでは釣りにならない体になっちゃってます。

 

安心感

 

結局ラダーって、フィールドでガンガン使いたいんですよ。

 

少々ぶつかろうが、シャローでボトムに擦ろうが、頑丈で長持ちするのが一番大事なところですよね。

 

そして、万が一破損しても修理が効くこと。

 

それなら安心してムチャクチャ使えるんじゃないでしょうか?

 

無理すると壊れて、ただのゴミになってしまうものより。

 

孫の代まで使える頑丈なものの方が経済的だと思います。

 

20160614_061320

ほんの少しですが、環境にもやさしいですしね(笑。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。最新の記事を見にいく

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク





★☆★★☆★ 良かったらこちらの記事もどうぞ ★☆★★☆★



2 件のコメント

  • いつも楽しく読ませて頂いています。
    自分が使ってるラダーはアルミ製なので、しょっちゅうシャローで引っかけては、ボート固定部分が曲がってしまいます。
    足で踏んで曲げてあげれば元に戻るのですが、面倒で・・・。
    是非、カケヅカ製のラダー使ってみたいですねぇ~。
    プロがいいですけど、自分のこづかいでは厳しいかっ!(笑)
    でも一生物と思えば安いもんですよね!
    ちなみに自分は45歳 既婚 子供3人の父親 東京都北区在住 ホームレイクは将監川です。
    何となく共通点が多いので勝手に親近感をもって記事を読ませて頂いております。
    これからもブログ楽しみにしております。お仕事のほうも頑張ってください。

    • コメントありがとうございます。
      自分が参戦しているチャプター房総でも
      ほとんどの方がアルミ製のラダーを使ってますね。
      毎週のように通ってる人は一年くらいで交換するそうです(笑。
      そうなると生涯で何台のラダーを使うんでしょうかね(゚ー゚;Aアセアセ

      お子さん三人なんですね。
      うちと同じです。
      年代も近くてこちらも親近感が沸きます。
      お父さんアングラー同士、お互い頑張りましょう!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です