ブログ界のツートップと亀山湖サミット part2 ポロリもあるよ(゚m゚*)プッ

 

釣りメディア界のツートップ、

hebinumaDeeePSTREAM

 

その中の人達と亀山湖で

一緒に釣りをした話の続きです。

 

そして自分を合わせた三人と

もう一人を含めた計4人

だったのですが。

 

じつはこの日一番良い釣りをしたのは

この4人目の男、通称パティシエさん

だったのです。

 

後半戦はどうなったのでしょうか。

 

琵琶湖アングラーの目

 

移動した先のカバーで

ファーストフィッシュを獲った

ところまでお話しました。

 

20160721_073124

 

釣りの内容はまた別の記事で

くわしく書きたいと思いますので

ここでは割愛しますが。

 

まあいつもの釣りでした(笑。

 

さて、何とか一本でましたが、

それでも厳しい状況は

変わりません。

 

今の一本から次の一本を

探して駆けずり回る事に

なります。

 

それにしてもKenDさん、

さすが琵琶湖アングラー。

 

20160722_163115

 

湖をマクロな目で見て

エリアを切っていきます。

 

ざっくり水とベイトの存在で

魚を追いかけるスタイルは

勉強になりました。

 

それについても別の記事で

詳しく書くつもりでいますので

割愛します。

 

しかし、

自分には見えないものを

見ているなぁ、と

本当に感心させられました。

 

フリップで二本目

 

感心ばかりしてましたが、

今日は午後からメンバーの

シャッフルがあるので。

 

そうのんびり構えては

いられないのです。

 

次は本湖から押切沢を

チェックしに行きます。

 

この日つばきもとボート周辺の

沖は水が悪く、医院下も最悪。

 

一気に本湖まで来ていたので

水の違いを肌感覚で

感じてました。

 

もしかして生きた水が

残ってるかも、という期待で

沢筋にバウを向けたんですよ。

 

しかし期待した水でもなく、

ベイトも少ない状況。

 

前回の

チャプター房総第4戦の時は

ウヨウヨいたベイトが

姿を消してました。

 

まあそれでも一応、

という感じで崩落のカバーを

フリップしていきます。

 

目に見える大規模?なカバーを

二人で撃ってた時でした。

 

ここでもいつものように

船をカバーにくっつけて

フリップします。

 

そしてここで何とか

二本目をキャッチ。

 

一本目と同じくらいの

600~700くらいの魚でした。

 

せっかくだからキロくらいのヤツが

釣れてくれたらよかったんですが、

まあ厳しかったですね(苦笑。

 

結局午前中は二人で

この二本だけでした。

 

ポロリに遭遇

 

二本目が釣れてから

笹川を釣り上って

上流までチェックしました。

 

結局釣れませんでしたが。

 

ここでメンバー交代する予定の

時間が近づいてたので

古澤艇に連絡。

 

偶然にも

近くにいる事がわかったので

合流する事に。

 

笹川を下って、よりとも島周りで

古澤・パティシエ艇を発見!

 

丁度パティシエTさんが

魚を釣っているところだったという。

 

20160721_120150

 

このタイミングで釣ります?

すごい(汗っ。

 

そして近づいて声を掛けた

つぎの瞬間でした。

 

さすがカリスマブロガー、

みんなの目の前で掛けます。

 

このタイミングで魚を釣るとは

持ってる男は違いますね。

 

そしてオチも忘れません。

 

ポロリ。

 

絶妙のタイミングで

フックオフ。

 

古澤 「今のって、釣った事にして良いです?」

 

全員 「ダメです」

 

さすがエンターテイナー、

勉強になります。

 

シャッフルターイム!

 

さてお待ちかねの?

シャッフルタイムです。

 

当初つばきもとボートの桟橋で

一度上陸しながら、の予定でした。

 

それが連絡を取り合うと

お互い笹川方面にいる事が

判明。

 

それならと、適当に接岸して

湖上シャッフルという

暴挙に出ます(笑。

 

この日4人中3人が

サンダル履き。

 

まあ7月後半ですから

まさか寒いとは思いませんよね。

 

で、船を舫って一人分のタックルを

それぞれチェンジするのですが。

 

そこで古澤氏が普通に入水(驚。

 

20160721_130150

 

これで一児の父親ですから。

ちょっとファイター過ぎるでしょ(汗っ。

 

しかし、一人こうやって

入水してくれると

仕事は早い(笑。

 

メンバーで唯一40オーバーの

自分は船の上で高みの見物。

 

午後からはパティシエTさんと

同船です。

 

今年47歳になるオッサンです、

宜しくお願いします。

 

隠れた実力者

 

さて午後から同船した

パティシエのTさん。

 

この日が約三回目の

顔合わせ。

 

約、

というのは裏フィッシングショーで

同じスペースにいたのですが、

ほとんど話をする事がなかったので。

 

その後のhebinumaオフ会で

知り合い、今回の釣行で

初めて一緒に釣りをするという。

 

そんなこんなで、午後の部の

スタートフィッシングです。

 

初めての人と同船して

釣りをするのは

いつもワクワクしますよね。

 

って思ってる矢先、

自宅から電話が。

 

しまった、機内モードにするの

忘れてた。

 

空けてきた工場で

ちょっとしたトラブルがあって、

電話で指示出ししてたら

数十分のロス。

 

その間エレキを踏んでもらい

好きに釣っててもらいました。

 

でもまったく慌てる事なく、

むしろ自由に好きな事を

やってましたね。

 

20160721_132707

 

エレキ操船も中々で、

意外と(失礼)

やる方なんだと悟りました(笑。

 

オカマを掘られたフリッパー

 

何か昔話のタイトルのようですが、

バックシートにやられました(笑。

 

このパティシエやりますわ。

 

操船を代わってもらい、

自分が前で

エレキを踏んでたのですが。

 

なにやら変わったルアーで

カバーを撃ってるんですよ。

 

「ふーん」

くらいに思ってたら、

普通に魚釣ってる!?

 

1469236973241

 

見慣れないラバージグに

フラッシュユニオンの

「アバカス」というワームを

トレーラーにしたリグで。

 

重さ量ったら

800g近いヤツでした。

 

まあ40オーバーってとこでしょうか、

良い魚です。

 

それよりも、

フリッパーがバックシートに

魚抜かれちゃダメでしょ(笑。

 

正直釣らせようとして

本気で撃ってなかった訳では

ありませんでしたからね。

 

いや、脱帽です。

ナイスフィッシュ!

 

結局そのあとはまともなサイズは

釣れず終了でした。

 

初日が終了

 

古澤さんとTさんは

一日だけの釣行なので

ここでお別れです。

 

でも釣りが終わってからも

話は尽きないです(笑。

 

今日釣ったルアーやタックルの話で

メチャ盛り上がって

楽しかったです。

 

やっぱり釣り人同士が集まると

最高に楽しいですよね。

 

最後にTさんフェイバリットの

ルアー&タックルを教えてもらい

これからのヒントをもらいました。

 

そのルアーにKenDさんが

メチャ食いついてたのが

印象的でしたね(笑。

 

人気薄ルアーに食いつくあたり、

さすがDeeePSTREAMです。

 

そんな訳で楽しく終了した

初日でした。

 

二日目は

さらなる衝撃事件が

まってるんですが、

それはまた後日。

 

お楽しみに。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。 instagram(インスタ)の方もチェックしてみてくださいね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

wpmaster

本名 欠塚実(カケヅカミノル) 48 既婚 子供三人の父親 東京都足立区在住 ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表