亀山湖のカバーで「ネコフリップ」に可能性を感じた件

先週のチャプター房総第4戦で

前日プラクティスの時に試した方法。

 

ネコフリップ」に可能性を感じたんですよ。

 

ロッドはエクスプライドの170M-PFに

比重の高いPEライン「セフィアG5]

の組み合わせ。

 

これでキャストやピッチングではなく、

フリッピングでカバーを撃っていくという。

 

今回はテキサスが普通に良かったので

それほどやりこまなかったのですが。

 

これはアリだと思いました。

 

ネコリグをフリッピング

 

これも動画撮ってくればよかったのですが、

結構快適にフリップできました。

 

20160705_064838

 

ロッドの長さはもう少し長くても

良いと思いましたが。

 

でも、そんな丁度良い長さで

ティップがソフトなロッドは無いですよね。

 

とりあえず今はエクスプライドの

170Mで何とかやれると感じてます。

 

ただし、まだ魚をかけてはいません。

 

実際にヘビーカバーでバスを掛けてみないと

わかりませんが。

 

ピッチングもいける

 

この釣りの可能性を強く感じる理由の

もう一つとして。

 

ピッチングでも全然イケるという事です。

 

ベイトフィネス用のタックルなら

もちろん普通にできるのですが。

 

20160705_073318

 

それではヘビーカバーで強引な

やりとりが心配ですよね。

 

じゃあスピニングを使って、

パワーフィネスで良いのでは?

と思われるでしょうが。

 

自分としては、基本的に

フリッピングで攻めたいんですよ。

 

クラッチを戻した状態、

つまりラインを出さずに撃ちたいのです。

 

理由はテキサスの時と同じで

自分の間合いを把握しやすいんですね。

 

フリッピング

 

水深どのくらいで食った、

とかわかりやすいんです。

 

あとは圧倒的な手返しの良さ。

 

スピニングではどうしても

手返しは遅くなりますよね。

 

精度的にもベイトタックルの方が

この釣りには合ってる訳です。

 

アベイル製フィネススプール

 

ベイトフィネスのブレーキシステムに

マグネットが良いとされる理由。

 

20160701_111546

 

それはブレーキの効き具合とかは

関係ありません。

 

ズバリスプールがどれだけ軽いか、

これに尽きる訳です。

 

SHIMANOリールのSVSが

ベイトフィネスに向いてないのは

スプールにSVSユニットがついてる分

重量があるからなんですよ。

 

20160702_131344

ただでさえシャフトが長いですから

スプールの初期回転に対して

抵抗になってる訳です。

 

その解決策になりそうなのが

アベイル製スプールに

プロトのマグブレーキユニットです。

 

20160702_143858

 

 

純正のSVSを移植しないで

ブレーキユニットをマグ方式に

交換します。

 

するとスプールにSVSが無い分

軽いので初速が出る訳です。

 

20160702_131400

 

実際に投げてみましたが、

まったく問題なくキャストできました。

 

13メタニウムなら何の心配もなく

ヘビーカバーを撃てますよね。

 

SHIMANO以外のリールはダメなのか?

 

ではマグネットブレーキを採用してる

Daiwa製リールでやれば良いのでは?

となりますよね。

 

ジリオンSV-TW

 

それはそうなんですが、

自分的にヘビーカバーの釣りにおいて

剛性感は絶対条件なんですよ。

 

そこにきてDaiwa製リールには

信頼性がないんです。

(そもそもカスタムスプールが

ないですしね)

 

そこまで問題がある訳ではないですが、

仕事上全バラししてパーツを確認

しているので。

 

見ればわかってしまうんですよ。

 

ジリオンメインギヤ

 

今のDaiwa製リールは精度が

ないんです。

 

どう考えても海外生産で

切削技術も安っぽいんですよね。

 

それが巻き心地にハッキリ

現れてるんです。

 

この釣りは初速がすべてですから

ロングキャストは関係ありません。

 

そしてPEラインを使う事が

前提ですから。

 

ただでさえカスタムスプールの無い

(超浅溝スプールが無い)

Daiwa製リールでは

勝負にならないでしょうね。

 

ではAbuのレボシリーズはどうか?

 

これはもう説明の必要も

ないですよね。

 

残念ながら精度という事になると

国産機、とくにSHIMANOとは

比較にならないでしょう。

 

どこかのカスタムメーカーさんで

レボの剛性がある機種に

超浅溝スプールを作ってくれれば

可能性はありますけど。

 

わざわざそんな事をする

メリットがないですよね。

 

もっと違う釣りに向いてる

リールなんでしょうから。

 

システムを試しながら

 

この釣りを実戦で使うためには

もっとシステムを詰めていかないと

ダメですね。

 

特にラインのシステムは

色々試してみたいです

 

基本的にPEラインに直結ですが、

リーダーを付けた方が良いのか、

とか。

 

もし付けるとしたら、

フロロかナイロンか。

 

何ポンドにするのが最適か。

 

今月はまた泊りで行く予定があるので

その時にじっくりやってみたいと

思います。

 

パワーフィネスに勝てる釣りに

なるように煮詰めていきますよ!

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。 instagram(インスタ)

の方もチェックしてみてくださいね。

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です