チャプター房総・エコルールについての補足 パッケージ保存の徹底

直接の釣りではなく

ルール上の事を書いておきますね。

 

今回までのチャプター房総で

タックルのエコルールに抵触した

事案をまとめておきます。

 

自分自身が去年からの参戦なので

その範囲でわかる事となります。

 

エントリーカードの記載方法など、

複雑な部分もありのが公式戦です。

 

自分も含め、皆さんができるだけ

競技に集中できるように

備忘録的に書いておきますので

参考にしてもらえれば幸いです。

 

タックルチェックについて

 

現在販売されているエコ認定商品は

すべて把握するのが難しいほど

たくさんありますよね。

 

20150817_172159

 

それは自分でもどうすれば良いのか

わからなくなってしまう事もあります。

 

試合当日の受付前に

タックルチェックで認定外のルアーや

小物が見つかった場合ですが。

 

その場で船から下ろして

車に戻すか大会本部に預ければ

大丈夫との事です。

 

エントリーカードを提出する前なら

それはセーフになります。

 

エントリーカード

 

もし抜き打ちタックルチェックで

不備が発覚した場合は

完全アウトですからね。

 

チェックをした選手された選手

双方に1キロのペナルティー

課せられてしまいます

 

タックルチェックをお願いする

相手の方と一緒に

自分のタックルから

不備がないか探してもらう。

 

くらいの気持ちで

お願いしましょう。

 

ワームや小物類はパッケージ保存

 

ワームやシンカーなどには

エコ認定品であっても

エコマーク(Fマーク)が

確認できないものもあります。

 

こうゆうものに関しては

たとえFeco認定品であっても

確認できない時点でアウトです。

 

例えばネコリグに使う

ネイルシンカー。

 

20160707_234942

 

これはシンカー自体には

マークが入ってませんよね。

 

それをパッケージから出して

ケースに入れて保管したものを

ボートに積んであったらアウト、

という事です。

 

ワームについても、

ワーム自体にマークが無い場合。

 

パッケージから出して別の容器に

保存してあるものを積んであったら

アウトです。

 

とにかく、

確認が出来ない時点で

アウトという事だそうです。

 

ですので、基本的に

すべてのワームや小物類は

パッケージのまま保管するのが

間違いないでしょう。

 

ワームの保存に関して

 

それでもガルプ系のワームや

修行汁に漬け込んだワームなどを

そのまま保存できない場合が

あるようです。

 

それについては頭をひねって

何とかしましょう。

 

例えば自分の場合はパッケージに

修行汁を入れて、

そのパッケージをさらに別の

ジップ付きの袋に入れてます。

 

↓ イメージはこんな感じ

20160707_235050

まあパッケージを二重にしてる

という事ですね。

 

たしかに少し面倒くさいですが、

ちょっとした工夫で

朝のタックルチェックもスムーズですし。

 

何より精神衛生上

落ち着いて試合に望めます。

 

使いやすさよりルールを

優先した方が得策です。

 

ルールブックに載ってない事も

 

去年の開幕戦から今年の

第4戦まで終わって感じる事。

 

やはり朝のタックルチェックが

一番の難関ですね(笑。

 

これから参戦を予定されている方には

まずルールの部分が一番大変だと

思ってもらって良いでしょう。

 

もちろん魚を釣る事が

一番難しいのですが。

 

それもちゃんと受付を済ませないと

意味がありません。

 

公式の競技である訳ですから

ルールが厳しいのは当然です。

 

ですから選手同士が助け合って

タックルチェックで不備がないか

良く見るようにしましょう。

 

実際にはルールブックに載ってない、

正直わかりにくい事もあります。

 

どれがOKでどれがアウトなのか。

 

もしも曖昧であれば

すぐに本部に確認しましょう。

 

その場で適当にチェックして

悪気がなくても後で発覚すれば

手痛いペナルティーを受けます。

 

そうなると集中して試合に

望むのは難しいですよね。

 

相手のためにも厳しく

 

結論としては、

お互いの幸せのために

タックルチェックは厳しくしましょう。

 

受付前であればセーフ

というのは考えようによっては

ラッキーとも言えます。

 

その場で不備を見つけるのは

相手のためでもある訳です。

 

お互いが気持ちよく試合できるよう

細かくチェックして

見つけてあげましょう。

 

もし自分が

タックルチェックをお願いして。

 

不備を見つけてもらったら

相手にお礼を

言いたいくらいですね(笑。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。 instagram(インスタ)の方もチェックしてみてくださいね。



2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    wpmaster

    本名 欠塚実(カケヅカミノル) 48 既婚 子供三人の父親 東京都足立区在住 ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表