場所とルアーは絞らないとビッグバスには出会えない

去年から現在にかけて、釣りにいける時間を取る事ができるようになってきました。

 

そのなかで、特に試合中にクオリティーフィッシュを獲る確立が上がってるんんですよ。

 

たまにしか釣りに行けないので集中力が出るんですかね(笑。

 

でもそれだけじゃないんです。

 

今回はそのあたりの考え方を書いてみたいと思います。

 

数釣りが封印された

 

チャプター房総に参戦してる関係で約6年空いたブランクの前に使っていたワームが使用禁止になってました。

 

20160602_125610

 

 

エコルールというのを知らなかったのですが、その内容は結構複雑なんです。

 

別記事で書いてますのでその件についてはここでは割愛させてください。

 

要するにそれまで信頼して使っていたワームがすべて使えなくなった訳です。

 

長年バスフィッシングをやってきて突然手持ちのワームが使えなくなるとどうなるのか?

 

釣りの幅が極端にせまくなります。

 

試合のプラクティスで魚を探す作業でも手変え品変えといった事が前のようにできないんです。

 

そのエリア・スポットに魚がいるのかその確認をするための作業。

 

ライトリグを使ってバイトを確認する事ができなくなってしまったんですね。

 

強い釣りで探す

 

ライトリグができないと言っても他のワームやシンカーを使ってやってはみました。

 

20160606_150750

 

でも自信をもってやれないんです。

 

時間をかけて経験値を積み重ねた信頼できるワームではない訳ですから。

 

このブログを読んでもらってる方なら気づいてると思いますが。

 

結構一つのワームを使い込む性格なんですよ(笑。

 

20160518_150127

 

 

新製品を次々試して状況によって使い分ける」、みたいな事はあまりしません。

 

基本的に一つの釣りを遣り通すタイプなんですよね。

 

それは試合でも同じで、今年に入ってからテキサスでしか魚を獲ってません(笑。

 

20160518_144536

 

それは自分が持ってる一番強い釣りで獲ってる魚なんです。

 

フリッピングでカバーテキサス。

 

プラクティスで魚を探すのも、試合本番で真剣勝負するのも。

 

結局フリップをやりきってしまいます。

 

数は釣れませんが、良いバスが入る確立は高いと感じてます。

 

機動力は必要なのか

 

チャプター房総が行われる亀山ダムはエンジン禁止のいわゆるエレキレイクです。

 

動力はバッテリーによるエレクトリックモーターか手漕ぎ(足こぎ)のみとなります。

 

トーナメントという事で見ると100%エレキが動力となりますね。

 

20160614_053654

 

チャプター房総では特にエレキの台数などの制限はないようです。

 

だからと言って試合中に湖の端から端まで移動できるような機動力は必要なのでしょうか?

 

その選手のスタイルにもよりますが、自分のスタイルで言うと必要ないと考えます。

 

過剰な機動力はエリアの選定を迷わせるだけになってしまうと考えてるんですよ。

 

20160323_074350

 

朝一番に良いスポットに誰よりも早く入りたい」という思いは誰でもあると思います。

 

でも公式戦となると、一般の人より遅いスタートですし、そもそも一斉スタートというのは珍しいと思います。

 

チャプター房総は一斉スタートですから良いスポットまではスピード勝負になります。

 

20160706_061939

でも自分は生活のかかったバスプロではありません。

 

試合はメチャクチャ本気でやってますが、結局自分との戦いですよね。

 

良い魚を釣るのは機動力に頼っていては無理だと思います。

 

ルアーやメソッドと同じくらい場所もやりこんだ方が結果は出ると思いますね。

 

釣れるのか釣れないのかをそんなにすぐ判断できません。

 

ビッグレイクをバスボートで、とかなら違いますが。

 

IMG_6615

 

亀山湖においてエリアをまったく絞れないのは致命傷でしょう。

 

エリアがせまく、人が多いエレキレイクですから。

 

良いと思ったエリアをそんなに早く見切っていては良い魚に出会えないと思いますよ。

 

観察眼を磨く

 

以前は試合となるととにかくガムシャラにルアーを投げてるだけでした。

 

キープキャストの精神を勘違いして「ルアーが水に付いてないと釣れる訳がない」と思い込んでたんですね。

 

でも、亀山湖のようなクリアーウォーターでは魚の動きをしばらく観察する、という事が釣課につながるんです。

 

20160706_121036

 

しかもそれを試合中にやるという。

 

前日のプラクティスである程度エリアを絞るんですが、何せ状況が変わりますから(笑。

 

やはり当日にアジャストする事は大事になってくるんですよね。

 

トッププロとはレベルが違いますが、気持ち的には「その時を釣る」つもりでやってます。

 

これがハマる時もあるんですよ。

 

20160705_163631

 

試合本番で魚を見失ってしまい、一旦ロッドをおいて状況を分析する。

 

その時水の中を見ているとバスやベイトが見えるんですね。

 

何気なく見ていると魚の行動パターンがわかる時があるんですよ。

 

ベイトを追うギルの姿とかそのギルを追いかけるバスとか。

 

またはバスの姿もベイトの姿もまったく見えないとか。

 

昨日まで沢山見えていた魚が全然いなくなってるとか。

 

20160705_152833

 

そういう時は思い切ってエリアや狙いを変えてみる、みたいな。

 

やみくもにルアーを投げるだけじゃなく水の中を良く観察する事もそのエリアを絞る要因になりますね。

 

非ランガン

 

これまでの統計的に、自分の場合はラン&ガンは向いてないようです(笑。

 

20160705_152146

 

魚を見失ってランガンを始めたらノーフィッシュ率高いですね(笑。

 

かといって、スタート直後からランガンするスタイルではないですし。

 

どうも一箇所をじっくりやり込むのが自分には合ってるようです

 

昔はとにかく手変え品を変え場所を変えてたんですよ。

 

それこそ午前中でバッテリーが赤くなっちゃうくらい(笑。

 

そのころはたまに大きいのが釣れてもそれで揃う事は無かったですね。

 

つまり交通事故狙いでした(笑。

 

今は一箇所でじっくり釣り込むので練習と本番が連動してるような感覚ですかね。

 

やってるうちに見えてくるというか。

 

逆に言うと、早々に見切ってしまうと自分の釣りをやりきってないみたいな。

 

なのでプラクティスでは真剣にやりこまないで、余白を残しておくというイメージでやってます。

 

そしてプラクティスで釣れなくても本番ではさらにやり込んで絞り出す的な感じですね。

 

そう言って、前回はプラクティスでメチャメチャ真剣に叩きまくってしまいまして(汗っ。

 

やはりプラクティスで釣れると本番はないな…。

 

【場所とルアーは絞らないとビッグバスには出会えない】を最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。 instagram(インスタ)の方もチェックしてみてくださいね。



1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    wpmaster

    本名 欠塚実(カケヅカミノル) 48 既婚 子供三人の父親 東京都足立区在住 ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表