亀山ダムのカバーで自分が「バックスライド系ワーム」を使わない理由

バックスライド系ワームってあるじゃないですか?

 

どうも使う気がしないんですよ(笑。

 

昔は良くやってたのですが、今どうして自分がやらなくなったのかを考えてみました。

 

【ページへのいいねを押してもらえると毎日最新記事をお届けできます】

琴線に触れない

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーのカケヅカ(@kakedukzss)です。

 

かつてはイモグラブとかスティックワームの逆刺しとか、いまだとドライブスティックの逆さ付けとかでしょうかね。

 

いわゆうバックスライド系ワーム。

 

でも、自分はこれほとんどというかまったく使いません。

 

単純に好きじゃない、というのはあるんですけど、それだけじゃなくて、明確な理由もちゃんとあります。

 

そのあたりの話をすこしだけ。

 

イモグラブ

 

イモグラブって釣れました。

 

正確には良くバイトがありましたが、バラしも多かったんです。

 

その理由は木化け。

 

自分のスタイルがヘビーカバーにテキサスを入れて中層でシェイクして食わせるもの。

 

キャプチャ

 

 

そこにバックスライド系を打ち込むと予期しないところでバイトがあってカバーから魚を出せないんです。

 

ただその時はスピニングタックルでしたからね。

 

ワームがスムーズに動き過ぎたのでしょうか。

 

PEラインでも

 

フロロカーボンの4ポンドでやってましたがラインブレイクも多かったですね。

 

それも引っ張り合いではなく、カバーに擦れて切れるパターン。

 

なのでPEラインも投入しました。

 

これは強いししなやかだし、浮力があるのでラインでアタリを取りやすかったですね。

 

良い事ばかりのようですが、結局根本的な解決にはならず、木化けは防げませんでした。

 

むしろしなやか過ぎて自発的に動き過ぎたように思います(笑。

 

で、簡単に切れないから木化けされた時には余計苦労しました(笑。

 

ベイトタックル

 

そのうちファットイカの逆刺しが流行った事があって。

 

で、自分も試してみたんですよ。

 

重量があるので操作しやすく釣れる時は大きいのが釣れました。

 

これはさすがにスピニングタックルでは無理っぽくて。

 

ベイトタックルにフロロの12ポンドでやってましたね。

 

でもこれもバックスライド系なのでどうもワームの動きをコントロールできなかったです。

 

やっぱり自分はこの手のメソッドは好きじゃないなぁ、と。

 

バスの動きをコントロール

 

もともとカバーに船ごと突っ込んでさらにロッドをブッシュに突っ込んで釣ったりしてたので。

 

キャプチャ2

 

 

バックスライドで奥の奥まで滑り込ませるという概念がなかったんですよ。

 

ワームが自発的に動くのがそのメソッドの良いところですが、それを完全に殺してるというか(笑。

 

でもトップウォーターなんかでもそうですが、バスに食いに来てもらうのが一番楽ですから。

 

カバーテキサスの中層の釣りってバスにルアーを気づかせて食いに来させる釣りだと考えてるんですよ。

 

ある程度人間の側でバスの食い方をコントロールするというか。

 

バスのいるところまでルアーを送り込んで食わせるのは効率が悪いと思ってしまうんです。

 

カバー以外なら

 

カバーの定義が、「水がプロテクトされてる場所」という事であるなら。

 

それ以外の桟橋とか縦ストなど、カバー以外のストラクチャーならバックスライド系メソッドはやりますね。

 

それは単純にカバーテキサスではどうしようもならないので。

 

20160517_063229

 

そして、まあまあなオープンウォーターの場合、さすがに30ポンドのナイロンラインではチョッとね。

 

ではフロロの14ポンドあたりに落とせば良いかというと、そんなものでもなく。

 

いつでもどこでもテキサスリグでやれば良いというものでもないですしね(笑。

 

そこはやはり適材適所という事で。

 

バックスライド系ではキツいカバーとは

 

自分的にバックスライド系のメソッドでは攻めきれないカバー。

 

それが竹のブッシュです。

 

IMG_6653

 

これは竹が沖に向かって倒れ込んでる場合ですが、枝が沖に向かって生えてますから。

 

それに逆らってバックスライドさせるのは厳しいですよ。

 

ヘタすると一投でワームが回収不可能になる事もあるでしょうね。

 

同じ竹でも沖に長く伸びてる単発でそれほど入り組んでない太い竹ならむしろアリかと。

 

その竹ですが、暑くなるとカエルの卵みたいなブヨブヨのゼリーみたいなのが発生するんですよ。

 

20160705_091201

 

それが良いのか悪いのかはいまだに不明ですが、そのせいでバックスライド系は非常にやりにくくなりますね(笑。

 

バックスライド系向きなスポット

 

逆にバックスライド系向きなスポットと言えば浮きゴミでしょうね。

 

1441255924088

 

大雨の後などに岩盤の窪みなどに出来る浮遊ゴミがたまったスポットです。

 

これは一時的なもので時間が経つと無くなってしまいます。

 

でも見つけると高い確率でバスが付いてますね。

 

カバーの上からテキサスを落としても良いのですが、バックスライド系でもやりやすいと思います。

 

これからの時期には雨の翌日に見かける事が多いと思います。

 

なるべく水深のある岩盤の窪みに浮きゴミが溜まってたらやってみてください。

 

ゴミの上にソフトにキャストして水の上までゆっくり引いてきます。

 

そして着水したらラインを緩めて浮きゴミの中へ滑り込ませる感じで。

 

バスがいれば意外と簡単に食ってきますよ。

 

まとめ

 

さて、自分がバックスライド系メソッドをやらない理由をまとめると。

 

① カバーテキサスが基本スタイルなので

あまり必要を感じない。

 

② 竹のブッシュを攻めにくい。

 

③ あまり好きじゃない。

 

④ もってない。

 

⑤ 過去に散々バラした。

 

という好き勝手な理由でごめんなさいね(笑。

 

これを参考に、皆さんは逆に有効にバックスライドを活用してください。

 

おわります。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。 instagram(インスタ)

の方もチェックしてみてくださいね。

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です