REVO LTX-BF8のクラッチ作ってます

途中になってたREVO LTX-BF8の

クラッチデザイン再開しました。

 

今回はいきなり寸法が

出てます。

 

たまにあるんですよね、

ものづくりの神が 

降りてくる時が。

 

今回ははたして。

 

ビス一本で交換可能

 

新しいレボはクラッチも

構造が新しくなって

取り付けが楽になりました。

 

SHIMANOのリールにある

ビス一本で止めるタイプに

一新しましたね。

 

20160621_155142

 

これだとリールをバラさなくても

交換可能になりました。

 

前のモデルだとクラッチ交換は

ほぼ全バラしでしたから(汗っ。

 

サイドカップの開け方といい、

かなりSHIMANO製品を

意識してますね。

 

まあ使いやすくなるのは

ユーザーにとって良い事です。

 

3Dプリンター

 

まずは叩き台を作りました。

 

これがまずまずな出来栄え。

 

20160621_113945

↑ このままフィールドで使えてしまいます。

 

でも、もうちょっと

手直ししたいんですよ。

 

この手のリールはフィット感を

極限まで高くしないとね。

 

むしろオフセット具合は

それほど重視しません。

 

↓ で、こうなりました。

20160621_150744

↑ え? まったく変わらない?

 

いえいえ、かなり変わりましたよ。

 

↓一見同じに見えて

20160621_152413

↓こんなに違うんです

20160621_152504

 

よりスプールに近くしました。

 

↓ 一体感でましたね

20160621_152646

↑ 浅溝スプールの場合

大事な要素です。

 

↓ 切り心地にすごく影響します

20160621_152718

↑ いい感じです

 

それにしても、

一発目から良い感じです。

 

さてこのあとどうなるのか

お楽しみに!

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。 instagram(インスタ)の方もチェックしてみてくださいね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

wpmaster

本名 欠塚実(カケヅカミノル) 48 既婚 子供三人の父親 東京都足立区在住 ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表