オフセットクランプのプロトを九州に嫁に出しました

レンタルボートセットするエレキを

シャフトカットした場合。

 

船が変わると

モーター部の喫水が

足りなくなってしまう事が

あるかと思います。

 

それを解消するためのアイテム、

オフセットクランプを考えてました。

 

そのプロト品の一つを

このたび九州は鹿児島県にある

大隅湖の方に嫁にだしました(笑。

 

九州のヤングライオン

 

現在も大変な状況が続いている

九州地方で精力的に活動している

若手トーナメンター。

 

mikami-shyota

 

見上祥太さんの依頼で

オフセットクランプのプロトを

提供させてもらいました。

オフセットクランプ①

 

マウントのクランプ部に

オフセットクランプを取り付ける事で

喫水の浅いエレキも

装着可能となります。

 

クランプのノブを緩めてやると

完全にエレキを上げる事も

できるようですね。

 

これは嬉しい誤算、

いえいえ、

もちろん想定してました(汗っ。

 

オフセットクランプ②

 

九州でのフィールドテスト

 

フィールドテストというか、

しっかり使ってもらってるようで

嬉しいですね。

 

今回紹介してもらった見上さん。

 

九州を拠点に活躍する

若手トーナメンターであり、

大隅湖にボートを提供している

営業マンでもあります。

 

非常におもしろい活動をしているので

ブログの方もチェックしてみてくださいね。

 

大隅湖というフィールドも

見上さんのような方達が

意欲的に開発してるようです。

 

大隅湖のブログはこちら

 

お近くにお住まいの方は

ぜひ足を運んでみては

いかがでしょうか。

 

製品化はいつ?

 

ほぼ製品として完成してるのですが、

最近サボってて最後の詰めが

出来てないというか。

 

しかしこうしてフィールドで

使ってもらうとモチベーション

アガりますねぇ。

 

次の自分の試合には

完成させて使おうかな。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。 instagram(インスタ)の方もチェックしてみてくださいね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

wpmaster

本名 欠塚実(カケヅカミノル) 48 既婚 子供三人の父親 東京都足立区在住 ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表