チャプター房総第3戦 トップウエイトの詳細を公開します 前編

トップウエイト。

 

こんな単語を言うのは

メチャメチャ恥ずかしいですが。

 

でもめったにある事でもないので

思い切って使ってみました(笑。

 

いろいろあった今回の試合ですが、

トップウエイトを出せた事は

素直に嬉しいです。

 

では釣りの詳細を含めた

試合の状況や流れ、

具体的な釣り方を公開します。

 

前日プラクティス

 

20160614_045839

 

チャプター房総では必ず前日一日を

プラクティスに充てることにしてます。

 

これはどんなに工場の仕事が

忙しくても必ず行くのを

自分に課してますので。

 

しかし、去年から今まで

プラクティスで良い感触を掴んだのは

ほとんどないんですよね。

 

今回もそんな感じで、

まったく何も見えず。

 

試合の数日前まで約60センチの

減水だったようですが、

プラクティス前日に降った雨で

再び満水に。

 

20160614_045819

 

日曜日までの状況は

リセットされて、全員が

横一線からのスタートになりました。

 

水は全体的に濁りが入ってましたが、

白濁りではなく、笹濁りという感じで

釣れる感はすごくありました。

 

ただ実際には厳しく、

水深のあるカバーを撃っても

チビが一匹釣れただけ。

 

20160614_125029

 

プラではカバーは本気で

撃たない事にしてます。

 

でもあまりの釣れなさに本気撃ちを

試みるも撃沈。

 

これはいつものカバー撃ちは

厳しいな、と。

 

折木沢上流は敷居が高いので(笑

みてません。

 

笹川上流までは見ましたが、

生命感が乏しく

釣れる気がしませんでした。

 

全体的に見た感じでは

やはり本湖の水が良い感じでしたね。

 

20160615_064229

 

減水と増水が短期間にあったので

ダムサイトが放水するのでは?

という期待を込めてプラ終了。

 

これで雨が来ればまず間違いなく

放水があるところですが、

試合当日の予報は曇りのち晴れ

 

明日は厳しくなりそうだ、

という予感しかありませんでした(笑。

 

朝イチ見えバスにハマる

 

試合当日の朝。

 

晴れでもなく、曇りと言えば曇り。

微妙な天気ですが、

雨は期待できそうもありません。

 

20160615_093055

 

完全無風

さて、どうしたものか。

 

とりあえずスタートしてから

本湖に向かいましたが、

完全にノープラン

 

一般の人達が出船した後なので

その場の状況を見て、

空いてるところを釣る作戦です。

(それは作戦でも何でもない…)

 

前回の試合でよかったスポットには

先行者がいたので、

沖でライトリグをやりながら待機。

 

すぐに空いたのですかさず入ります(笑。

 

しかし無風のタイミングでは

このスポットに威力はない、

それはわかってました。

 

目に見える湖流も確認できず、

まあ無理かな?

と思いながらフリップすると。

 

けっこう良いサイズの見えバス発見!

 

どうせノープランだったし、

このバス君に遊んでもらおう、

という作戦に変更。

(作戦でもなんでもない)

 

結果二時間手を尽くしたものの、

まったく釣れずに心が折れました。

 

20160615_093114_001

 

この間、ベビーシャッドに

一度口を開いたのを

ミスったのは内緒です。

 

この前ブログに書いた

記事の通りに釣れたらカッコ良いとかいう

煩悩がジャマしたのかな。

 

この時9時を回ってました。

もちろんノーフィッシュ。

 

迷走

 

さあ困った。

 

ここから思い出めぐりが

はじまります(笑。

 

過去に釣った経験のある

カバーや深いところを

闇雲にやりますが、釣れる訳なし。

 

おいおい、今期のスローガンを

忘れてないかい?

 

そうだ、「今を釣る」。

 

でも湖流もないし風もない。

 

後のファクターは何かと考えると、

もうベイトしかないじゃん。

 

でも本湖のオープンウォーターには

ベイトが全然映らない。

 

20160615_063822

 

昨日ベイトが確認できたのは

松下ボート沖だけ。

でもさっきホゲッたし。

 

で、思いついたのが

昨日見てないところをやる作戦

(作戦でもなんでもない)

 

まったくのノープランでしたが、

ここ数年全く良い思いをしてない

押切沢にバウが向いてました。

 

このあとまたしても

テキサスが火を吹きます!

 

押切沢の川筋ド真ん中

 

なんというか、ベイトがすごい!

 

橋を超えて、

川筋に入る岬を折り返すところで

ボイルがあちらこちらで確認できます。

 

目でも確認できるし、

魚探の反応もすごい。

 

その岬の一等地に先行者が。

 

まあ当然ですよね。

で、許しを得てその先に進みます。

 

バックウォータを目指したのですが、

なんとなく途中の崩落に

テキサスをフリップ。

 

幅のせまい川筋のド真ん中に

崩落したレイダウンがあるんです。

 

この日は濁りがあったので、

近づかないとわからない

水面に出てない木がありました。

 

川筋を進みながら、

片手間で撃つつもりでしたが

その一投目でした。

 

フッツーにバイトがあり、

反射的にフッキング!

 

20160615_094158

 

いきなりのキロ近いナイスフィッシュ。

 

この日の押切沢は人の往来が激しく、

まさかこんなド真ん中が釣れるとは

まったくの想定外。

(じゃあなんで撃ったんだよ)

 

しかし良く見ると川筋の真ん中を

良いサイズのバスが悠々と

回遊してます。

 

そしてあちこちでボイルが。

 

生命感はバリバリあるのに、

ノーシンカーをスキッピングさせても

まったく無反応。

 

その時はイマイチ訳がわからず、

そのまま上流をめざします。

 

またしてもド真ん中

 

水面から顔をだしている

枝っプリの良い、

いかにも美味しそうな崩落。

 

は釣れないんです(笑。

 

 

当然片っ端から撃ちますが、

良さげなところは無反応。

 

で、魚探をみて、目に見える崩落の

少し離れたところ。

 

水深はボトムが大体9mで

そこの中層1・2m?。

 

おそらく濁ってなければ

視認可能な水深だと思われますが、

この日はまったく見えません。

 

あてずっぽうでフリップ。

 

周りから見たら

何も無い川筋の真ん中に

テキサスをフリップしてる

イタい人でしょうか(苦笑。

 

ここでもピッチングではなく、

絶対フリップするのがキモなんです。

 

間合いというか、

自分の距離感と水深の測り方が

大事なんですよね。

 

ピッチングだと水深が曖昧に

なってしまうでしょ?

 

そしてこれも絶対なんですが、

ボトムまで落としても

釣れません。

 

それだけは言い切れます。

 

自分のロッドでフリップした場合、

バーチカルで約6m。

 

最大遠くまでフリップして、

近づきながら水深を

落としていきます。

 

その感覚でまったく見えない

崩落?を撃ってみます。

 

おそらく水面から1・2mくらいまで。

 

それを意識して撃った数投目。

 

またしても普通にバイトがあり、

今度もさきほどと同じサイズ。

 

20160615_102850

 

もう、そうゆう事だな、と。

 

完全にパターンでしょ、と。

 

そしてここから

一時間以上ノーバイト(爆。

 

さて、最大の山場は

後編に続きます。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。 instagram(インスタ)の方もチェックしてみてくださいね。



5 件のコメント

  • […] ところで当ブログに度々登場して下さる“亀山フリッパー”、カケヅカ氏。 何と水深10mもあるリザーバーのカバーをフリップするという、私にとっては完全に理解を超えたスタイルを持つNBCトーナメンターの方です。 (前回の試合では、何と見事にトップウェイト!) […]

  • […]  KAKEDZUKA.com(カケヅカ.com)  16 sharesチャプター房総第3戦 トップ…  KAKEDZUKA.com(カケヅカ.com)  22 sharesチャプター房総第3戦 トップウエイトの詳細を公開します 後編 | KAKEDZUKA.com(…http://kakedzuka.com/2016/06/chapter-boso-top-weight-2/亀山湖で行われたチャプター房総第3戦でトップウエイトを出した釣りを公開します。後半はついにゴーマルが。 […]

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    wpmaster

    本名 欠塚実(カケヅカミノル) 48 既婚 子供三人の父親 東京都足立区在住 ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表