【ブライトリバーHIGHI POSITION CLUTCH】 01カルカッタコンクエスト200の場合

ブライトリバー製グリップ”Eyspot”と”CHUCKER”。

 

それにSHIMANOの丸型リール01カルカッタコンクエストをセットして使うためのクラッチ。

 

そのクラッチのフィッティングをできる限り行ってます。

 

【facebookページへのいいねかツイッターフォローしてもらえると最新記事をお届けできます】

 

01カルカッタコンクエスト200×CHUCKER

 

まずは01カルカッタコンクエストの

200とCHUCKERです。

 

20160627_091644

 

これに関しては結構ギリギリ

切れなくもない感じですね。

 

でも確実に緩衝します。

 

↓ クラッチの足の部分

20160627_091804

↑ 切れるけど当たるという

 

もちろんお客様の判断ですが、

カスタムクラッチに交換してもらえば

確実に緩衝しません。

 

↓カスタムクラッチに交換後

20160627_095108

↑3mほど上がってます

 

↓足の部分に余裕があります

20160627_095122

↑確実に切れます

 

01カルカッタコンクエスト200×Eyspot

 

次にEyspotとのマッチング。

 

ノーマルの場合は指を置く部分の

すぐ下が当たってしまいます。

 

↓ 中の構造と一緒に見てください

20160627_100001

↑グリップとの隙間がせまいです

 

こちらは足ではなく

サムバーのベロの部分が緩衝します。

 

↓やはり緩衝しました

20160627_100011

↑切れなくはないのですが…

 

これについてもカスタムクラッチに

交換してもらう事で

安心して使ってもらえます。

 

↓ノーマルより上にあげてます

20160627_095159

↑完全に下ろしても当たりません

 

 

この年式のカルカッタコンクエストは

クラッチが片軸で受けてるんですよ。

 

なので右ききの人が右ハンドルを使うと

軸の反対側に力が入るので

クラッチにガタツキが出ます。

 

そうなると余計にグリップに

緩衝しやすくなってしまうんですよね。

 

これから販売するカスタムクラッチは

軸がネジ式になってます。

 

増締めする事で

ガタつきを解消できますので

ぜひご検討くださいね。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。 instagram(インスタ)

の方もチェックしてみてくださいね。

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です