ケビン・バン・ダム逆転で今期2勝目 清水盛三シングルフィニッシュ!

バスマスターツアーエリート

第7戦・レイクカユーガ。

 

ケビン・バン・ダムが逆転で

今期2勝目をあげました。

 

そして初日トップスタートの

清水盛三選手が

9位フィニッシュ。

 

今期のバスマスターツアーは

とにかくおもしろい展開。

 

KVD完全復活!

 

lead

(bassmaster.comより)

 

じわじわ追い上げて

最終日に一気に他を置き去り。

 

帝王の凄みを感じました。

 

暫定トップだったジョーダン・リーも

バンダムのオーラにやられ?

 

 

今回の舞台となったレイクカユーガ。

上位選手を見てると沖での釣りが

メインのようでした。

 

バンダムももちろん沖を釣ってましたが、

そのなかでもスピニングタックルを持ったり

ハードジャークをしたり。

 

オールラウンダーとしてのスキルを

まざまざと見せ付けてくれました。

 

モリゾー選手9位フィニッシュ

 

初日のスタートダッシュを見て

今回は勝つかも、なんて

期待しちゃいました。

 

でも日に日にタフ化が進み、

二日目以降はスピニングタックルを

手にする選手が目立ってきましたね。

 

1w4a1238

 

当のモリゾー選手も

途中スピニングタックルに

手を伸ばしてましたし。

 

まあ成績がすべてのツアープロ。

 

闇雲に突っ込んで

無駄に成績を落とすような事は

しませんね。

 

今回は勝つ事よりも、

とにかく外さない事を

考えたんでしょう。

 

やはり今期勝っている大森さんの時も

初日は76位?スタートから

まくり切って優勝でしたから。

 

やはり大陸の自然は

刻一刻と変化してるでしょうから、

そこに合わせるのは至難の業。

 

それを読みきってアジャストさせるのは

さすが世界最高峰のツアープロです。

 

AOY争い

 

さて、注目のポイントランキング。

 

トップを独走していたグレッグハックニーが

今試合失格で混沌としてきましたね。

後半戦も目が離せません。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。 instagram(インスタ)

の方もチェックしてみてくださいね。

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です