Abu REVO LTX-BF8のオフセットクラッチ プロトが削れたよ

REVO LTX-BF8のクラッチの

最初のプロトが削れました。

 

形は毎度おなじみなんですが、

今回はいきなりうまくいってます。

 

寸法の微調整やら

ブランキングはこれからですが。

 

指ざわり良好!

 

20160630_173801

 

まあまあ良い出来です。

バランスもまずまず。

 

結構クラッチ作ってきましたが、

もうだいぶわかってきました。

 

前回の14スコーピオンの時は

苦労しました。

 

でもそれも経験値として

自分の糧にしてます(笑。

 

同じ形に見えて全部違うんですが、

共通してる部分は指を置く

位置ですね。

 

指を置いたときに

気持ち良い形ってあるんですよ。

 

これもその部分は合格ですね。

 

20160630_173912

 

今回のクラッチはオフセットには

それほどこだわってません。

 

元々がかなり低いですし、

今時のロッドも

考えられてますからね。

 

必要があれば低くしますが、

これに関しては必要ないでしょう。

 

このくらいが丁度良いですね。

 

質感良し!

 

切削の条件もわかってきました。

 

このあとバレル研磨して

ブラスト処理するんですが、

やはり生地の状態は大事なんです。

 

ここが汚いと最後まで

汚くなっちゃうんですよ。

 

今回は質感も問題なし。

 

20160630_172752

 

アウトラインはほぼ決定ですね。

 

ここからどうやって

ブランキングするか。

 

まだ迷ってるんですよね。

 

シンプルでいくか思いっきり

凝ったデザインにするか。

 

単価にも関係してくるし。

 

もう少し悩ませてくださいね。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。 instagram(インスタ)

の方もチェックしてみてくださいね。



1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    wpmaster

    本名 欠塚実(カケヅカミノル) 48 既婚 子供三人の父親 東京都足立区在住 ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表