SHIMANO13メタニウムのマグネットブレーキ再テスト 具合良かったです!

遅くなりましたが、

前回自分の失態で中途半端になっていた

13メタニウムのテスト結果を報告いたします。

 

結果から申し上げますと、

実践で使えるレベルにあると

判断しました。

 

まだプロト段階なので

細かい調整などはシビアでしたが

ブレーキの利き具合はまずまずといった感じ。

 

ただし手放しでOKを出す前に

もう少しテストをしてみたいというのが

正直な感想ですが。

 

メリット多し

 

20160415_173728

内部構造の画像は現地では

撮れませんでした。

 

セッティングは簡単で、

SVSのユニットをはずして

マグネットのユニットをつけるだけ。

 

ドライバー一本あれば

取り付けられます。

 

ブレーキのテストはもう少し

いろいろ試してみたいんですよね。

 

例えばベイトフィネスがどのくらい

対応できるか、とか。

 

前回琵琶湖釣行の時は

基本的に軽いものはほとんど

やらなかったんですよ。

 

6.5インチのカットテールは

投げましたけど、

それ以下のものはやりませんでした

 

その時はハイギヤのXGしか

持ってなかったので巻物はまったく

投げなかったんです。

 

まあ、

普段巻物ほとんどやらないですが(笑。

 

亀山湖でも投げてみた

 

先日のチャプター房総でも

使ってみました。

 

20160516_002230

 

 

ハードルアーではないですが、

スタッガーワイドの4インチ1/16テキサスを

マキマキでやってみたんですよ。

 

7フィートのロッドに、その時は

13メタニウムのHG(ギヤ比7.4)

でフロロ14ポンド。

 

これに関してはほぼノートラブルでした。

 

けっこう空気抵抗はある方だと

思ったのですが、まったく問題なく

投げ続けられました。

 

まあ釣れませんでしたが(笑。

 

でもこの手の釣りはやる人多いのでは

ないでしょうか。

 

大きめのシャッドテールワーム系を

ノーシンカーやライトテキサスで

マキマキする釣り。

 

20160518_144801

 

メカニカルブレーキはユルユルにしても

全然バックラッシュはなかったですね。

 

替えスプールとしても

 

今テストしている13メタニウムの

プロトスプール。

 

純正のSVSを移植しなくても良い

となると、意外なメリットが出てきます。

 

替えスプールとして使える、

という事です。

 

マグネットユニットはそのままで、

スプールを二個用意すれば。

 

違うポンド数のラインを簡単に

取り替える事が可能です。

 

もちろんノーマルスプールを

複数用意しても良いです。

 

でもマイクロキャストスプールの

メリットを考えると、

こちらの方がより快適ですよね。

 

いまさら13メタニウム?

 

さて、ここでちょっとした疑問が

でてきますよね?

 

なぜいまさら13メタニウムのテストを

しているのか?

 

20160318_114517

 

これは別の記事で詳しく書きたいと

思ってますが、リールカスタムって

ちょっと前の機種の方が充実してるんですよ。

 

例えばパソコンだと最新のOSが

最も使いやすいか?というと

そんな事はありませんよね?

 

けっこう対応してないソフトが多くて

実際には以前のOSを使い続けてる人が

多いのではないでしょうか。

 

リールカスタムに関しても

何年か前の機種の方がパーツが

充実してるんですよね。

 

ここ数年内にリリースされた国産機は

特に性能が良いので、型落ちのリールでも

体感で性能差を感じないでしょう。

 

もしかしたら、最新のリールより

カスタムした型落ちのリールの方が

使いやすかったりするかも(笑。

 

モデルチェンジのサイクルが早すぎて

せっかく良いパーツが出ても

すぐに埋もれてしまうのはもったいないんです。

 

作り手としては、

正直少し前のリールの方が

愛着があったりしますしね。

 

もう少し13メタニウム

 

13メタニウム自体は非常に良いリールで

現在SHIMANOさんから出てる

後継機もボディーはその形を継承してますよね。

 

オカッパリのように、

タックルに制限がある釣りでは

ワンタックルにお金をかけるのもわかります。

 

でもボートの釣りだと複数のタックルを

持ち込む事になりますよね。

 

 

2016-03-22 10.22.43

 

2016-03-22 10.22.30

 

その場合、モデルチェンジのたびに

タックルを一新するのは無理があります。

 

新品を一台買うお金で

複数台分のカスタムパーツを購入して

今のリールを使い続けるのも手ですよね。

 

これからもそんな提案を

続けていきたいと思います。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。 instagram(インスタ)の方もチェックしてみてくださいね。



4 件のコメント

  • 初めまして何時も楽しんで読ませて頂いてます
    この記事のマグネットユニットやスプールはプロトのままで終了してしまったのですか?
    アルデバラン50系の物は出ていますよね
    大変興味があるので教えていただければ幸いです

    • コメントありがとうございます。うーん、正直今回のユニットは立ち消え感がありますね。申し訳ないのですが、13メタニウムのスプールは16メタニウムに互換性が無く、専用のものを開発してるんだと思います。
      その部分はまだ自分もわかってません。12アルデバランに関しては、製品として発売されてますね。あとのものに関しては、カスタムパーツメーカーのアベイルさんに直接聞いてもらった方が早いです。ハッキリ答えられなくてごめんなさい。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    wpmaster

    本名 欠塚実(カケヅカミノル) 48 既婚 子供三人の父親 東京都足立区在住 ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表