レンタルボートにラダーを付けるとなぜ魚が釣れるのか という話

 

過去記事のリライトですが。

 

レンタルボートの操船がうまくいかなくて悩んでいる人。

 

それはあなたの技術ではなく、ラダーがない事が原因かもしれませんよ。

 

レンタルボートにラダーをセットすると間違いなく魚が釣れます。

 

これはアングラーのレベルに関係なく、誰でも体感できる事ですね。

 

逆にラダーを付けないという事はかなり損をしていると言って良いでしょう。

 

今時のリーズナブルなリールと同価格のステンレスラダーを試してみませんか?

 

【ページへのいいねかツイッターフォローしてもらえると毎日最新記事をお届けできます】

 

船に言うことをきかせる

 

20160323_091748_001

フットエレキで釣りをする時にリヤに何もつけずに操船すると船の挙動はまったく抑えられません。

 

リヤを野放しにしてのキャストでは繊細なアプローチは無理でしょう。

 

レンタルボートのような小さい船は特に船の挙動を押さえるのが大変なんですよ。

 

2016-03-22 10.20.19

大型のバスボートなどに比べて船が流されやすいですし、向きが変わりやすいんですよね。

 

自分が前でエレキを踏んでるとリヤがどうなってるのかあまり見えないですよね?

 

ラダーの付いてない船を見ると、すごく流されてるのがわかります。

 

ラダーを付けた事がない人はそれが当たり前なので気づいてないと思います。

 

でも、一度ラダーを付けて釣りをすると付けてないときは船がメチャ暴れてるのがわかるんですよ。

 

ラダーの効果とは

 

20150326_074921

 

ラダーの効果とは船を制御する事です

 

オカッパリと違って、レンタルボートにエレキで釣りをするといろいろとやっかいな問題があります。

 

風や波で船が流されたり、真っ直ぐ進んでるつもりでもリヤが振られたり。

 

みんな無意識にそれをエレキで修正しながら釣りをしているんですよ。

 

最初は気にならないんですが、一日船の上で過ごしていると後からすごく疲労している事に気づきます。

 

特にエレキを踏んでいる足が

marathon-333185__180

これはボートポジションを気にしたり、キャストコースを考えたりする中級者によくある現象でしょうか。

 

初級者の頃って、とにかく釣りたくてなんでもよいからルアーを投げてればそれで良いんですよね。

 

でも段々考えるようになってきて、どうすればもっと釣れるかを研究するようになるんです。

 

ロッドやリールやルアーはかなり研究して理にかなった事をやるようになってきます。

 

でも、船の挙動とかそうゆう事にはまだ目が向いてない場合が多いですね。

 

操船が楽になる

 

エンジン禁止のバスフィッシングフィールド、いわゆるエレキレイクでの動力はもちろんエレキのみです。

 

手漕ぎという選択もありますが、やはり機動力と体力を考えるとどうしてもエレキになりますよね。

 

今自分が使っているのは、モーターガイドツアーの82ポンドです。

 

フロントに一機だけのスタイルですが、この場合ラダーがないと釣りになりません。

 

今年の2月に製品テストで亀山湖に行った時にラダーを忘れてしまったんです。

 

2016-02-03 13.42.37

 

何十年ぶりにラダー無しで操船しましたが、船をまともに操船できませんでしたね。

 

デコったのはそれだけが原因ではないですけど(笑。

 

それにしてもラダーが無いと本当に釣りがしにくいんですよ。

 

テストじゃなかったら帰ろうかと思うくらいですね。

 

ハイパワーなほど制御しにくい

 

24ボルト82ポンドというエレキですが、エレキのパワーは移動の時にものをいいますよね。

 

2015-07-08 09.04.43

当然パワーが大きい方が移動が楽ですが、パワーがあるだけ船の制御は大変です。

 

さらに36ボルトの109ポンドなんてエレキもあります。

 

これの前後二機がけならまだ良いですが、ハイパワーエレキをフロントに一機だけとなると大変です。

 

仮にラダーがなかったら、長距離移動の時などは相当神経を使いますよね。

 

移動しながらメシ食うなんて、自分ならとても無理でしょう。

 

バッテリーにやさしいんです

 

ちゃんと比べた訳ではありませんが、あきらかにバッテリーの燃費には影響あるでしょうね。

 

20160322_124606

これは12ボルトのエレキの場合、はっきり体感できるはずです。

 

昔自分も12ボルトの、しかもかなりショボイエレキで釣りしてました。

 

その時はバッテリーが一個だとすぐなくなっちゃうんですよ。

 

エレキのパワーが小さいのに、バッテリーがもたないんです。

 

これは無駄な動きが多く、船を制御できてなかったんですよね。

 

長距離移動の時なんかはリヤが暴れまくって全然前にちゃんと進まなかったですね。

 

亀山湖のローカルトーナメントに参加しはじめた頃にはラダーを使ってました。

 

そのときもアルミボートに付いていたエビンルードのウ○コエレキでトロトロやってましたね。

 

でも、ラダーを付けてるとそれほどバッテリーの消費は激しくないんです。

 

かんがえてみたら、前ほどエレキを踏んでないんですよね。

 

惰性を最大限に利用できるんです。

 

これは大きなメリットですね。

 

ラダーは高いか!?

 

ところで、釣り道具が一番売れるのって冬だって聞いたことがあります。

 

pexels-photo-65551-medium

 

やはりフィッシングショーなどの影響が大きいでしょうね。

 

それと冬は釣りに行かないから、タックルやルアーを買う事で釣り欲を満たすんでしょうか。

 

でも、今買おうとしてるタックルをちょっと待ってもらって。

 

もしすでに何セットかタックルを持っているなら、次はラダーを考えてみませんか?

 

ルアーやロッドのようにその時々に合わせて使い分ける、という事はラダーにはないですよ。

 

春夏秋冬、いつでもどんな時でも使います。

 

とにかくエレキや魚探と一緒でレンタルボートで釣りをするなら必ずセットするものです。

 

そして寿命が短いものよりも、ステンレス製のラダーなら長く使えます。

 

もしかしたら、ロッドやリールよりも長く使うものになるかもしれません。

 

技術だけでは解消できない悩み、ラダーの効果を実感してみませんか?

 

よかったらONLINE SHOPを覗いてみてくださいね。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。 instagram(インスタ)

の方もチェックしてみてくださいね。

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

wpmaster

本名 欠塚実(カケヅカミノル) 48 既婚 子供三人の父親 東京都足立区在住 ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表