亀山湖のロクマルもう何本目なんだか 今年はすごいな

もう今年に入ってロクマルが何本出たか

わからなくなってきましたね(笑。

 

o0768102413634004901

↑ボートハウスつばきもとさんのブログから。

 

釣り人は上木原さん

お見事です、いやぁうらやましい。

 

この日は他にも56.5cmがでてますが、

いずれもつばきもと前となってます。

 

これはリリースフィッシュが

食ってきたのでしょうか?

 

だとしたら、短期間にまた食うなんて

かなり若いバスということになりますかね?

 

スポンサーリンク

もう幻の魚じゃない

 

今回ゴールデンウィーク中にもかかわらず、

このサイズが連発するという異常事態(笑。

 

20151016_064321

つばきもと前というのがどのあたりなのか

わかりませんが、60ジャストで2996g

となると、まだアフターではない感じでしょうか。

 

一度産卵した固体かもしれませんし、

ネストでカップリングしていたヤツかも

しれません。

 

スワンプのネコリグとのことですが、

サイトで狙ったのかどうかは

わかりません。

 

ただ、普通60と言えば、

通常はかなりのお年寄りですよね。

 

それが、

スポーニングに絡んでるとか、

もしかしてリリースフィッシュかも、とか。

 

そう考えるとけっこう若い固体ではなかと

推測できます。

 

釣った方のテクがすごいというのは

もちろん大前提ですが。

 

長く生きている個体は頭も良く、

一度ルアーで釣られたら、次は

そうそうルアーに反応する事は

ないでしょうからね。

 

つまりロクマルに成長するのに

そんな長い時間がかかってない、

と思われます。

 

これは一昔前の55cmくらいの感覚ですね。

 

自分が通ってる頃は55cmなんて

ちょっと信じられなかったですからね。

 

それが今はロクマルがこんなに

出てしまうなんて(汗っ。

 

これは釣り人にとっては

嬉しい事実ではないでしょうか。

 

若いロクマルなんてどんだけ

引くんでしょうね。

 

もう夢のサイズではなくなりましたね。

この連休中にまだ出そうですね(笑。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。最新の記事を見にいく

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク





★☆★★☆★ 良かったらこちらの記事もどうぞ ★☆★★☆★



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

wpmaster

本名 欠塚実(カケヅカミノル) 46歳 既婚 子供三人の父親 東京都足立区在住 ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表