ギル型ビッグベイトで稚バス守りの親バスを狙う、という内容について

以前にネストのバスを狙うのはやめよう、

的な事を書きました。

 

そして今回稚バスを守ってる親バスを

狙うという記事を書いた事について、

読者の方からご指摘を頂きました。

 

記事の中にそのことについての説明が

まったく書かれてなかったのは

自分の配慮が足りませんでした。

 

大変失礼しました。

 

バス保護の観点から見て矛盾している

 

ネストを守る親バスは狙わないが、

稚バスを守る親バスは狙う。

 

たしかにこれは矛盾していると思います。

 

自分としては

この矛盾を弁解するつもりはありません。

今まで普通にやってきましたし。

 

これに関しては、どこで線引きをするか、

という事になるのかなと思います。

 

稚バスを守らなくなった時点で

釣りOKとするのか。

 

それともライブウェル禁止期間が終わったら

狙うのをOKとするのか。

 

そもそもバス釣り自体がバスを

傷めてるのだから、みたいな意見も

あるかもしれません。

 

これは正直な気持ちを告白しますが、

自分でも良くわからない、

という事です。

 

単純にバスを釣ることは

楽しいのでやっている、

という事です。

 

その上でこの先ずっとバス釣りを

続けて行きたいのでバスを守る、

という感覚ですね。

 

なのでバスという魚種を

保護する目的というより

バスフィッシングを長くやりたいから、

となってしまいます。

 

ちょっと打算的な考え方ですが、

本当に正直な気持ちです。

 

気持ちをどこで整理するか

 

バス釣り、

という釣り自体がすべてそうですが、

動物虐待ですよね。

 

それは前々から自覚してました。

 

アングラーは全員地獄行きだよね、

みたいな事は以前よく言ってましたね。

 

今の気持ちを整理してみると、

自分的には稚バス守りの親バスを釣るのは

OKだという感覚です。

 

その理由については、

簡単に釣れないから、という事に

なりますね。

 

ネストのバスは簡単に釣れてしまうので

誰もが狙えば大きな打撃になって

しまいます。

 

それに対して稚バス守りの大型の親バスは、

非常に難易度が高く、今までもそうそう

釣れないという感覚でいます。

 

ただ、釣りにくいから狙っても良いか、

と言われると反論はできません。

 

狙う事自体が

ダメージをあたえてる訳ですし。

 

しかしながら、自分の気持ちを正直に

読者の方にお伝えしたいので、

ウソや弁解は書きたくありません。

 

普通に稚バス守りの親バスを

狙ってます。

 

一つステップアップとして

 

以前の記事で書いてますが、

過去にネストのバスはさんざん

狙ってきましたし、釣ってきました。

 

それがバス釣りの将来に多大な

影響をあたえることは、

あまり考えてませんでした。

 

ただ、今も言ってますが

ブラックバスという魚種の未来ではなく、

バスフィッシングの未来です。

 

この部分を指摘されたら、

もう世の中のバスアングラー全員を

否定しなくてはいけなくなります。

 

自分はバスフィッシングの未来を

守ってるつもりでネストの釣りを

やめました。

 

それはバスという魚に対しても

できれば傷つけたくない、という

矛盾との戦いです。

 

まずはネストの釣りをやめることから

ステップアップしようという考えです。

 

トーナメントとの関係

 

自分はこれでもトーナメンターです。

試合では魚を選んで狙う余裕は

ありません。

 

目の前に優勝の可能性があれば

もしかしてネストのバスも

狙ってしまいたくなるかもしれません。

 

なので、チャプター房総のルールや

ライブウェル禁止期間の設定は

非常に助かってます。

 

その中で五月の試合はポストスポーンの

時期と重なってますし、

ライブウェル禁止期間も解禁します。

 

そこに大型のバスがいれば

狙ってしまいます。

 

ならば自分自身それに対して

バスの保護を理由に狙わないという

選択はないですね。

 

これは年間を通して

ルールに遵守する意味で

自分にOKを出しているとも言えます。

 

年に二回ある、

夏場のライブウェル禁止期間も

きっちり遵守するつもりですし。

 

そしてその期間もチャプター房総は

開催しないという事です。

 

亀山湖のモラルというか、

チャプターのルールに逃げてると

思われるかもしれません。

 

でも、これは自分でもずっと

なやんでる問題です。

 

どこからがOKで、どこからがNGか。

 

自分的にもどこかで折り合いを付けないと

バスフィッシング自体を楽しめなくなってしまいます。

 

ありがたいご指摘

 

今回ご指摘を頂いた方の

名誉のために書かせてもらいますが。

 

以下引用です

 

これは記事の矛盾に言及しているだけであり、

そのような釣りをすべきでない、

という意図ではありませんので

その点は誤解のなきようお願い申し上げます。

 

との事。

 

決してバスフィッシングの時期や

状況に対しての

批判や中傷ではない事がわかります。

 

そして今回ご指摘いただいた方は

ご自身の素性を明かした上で

ご指摘いただきました。

 

これについては感謝しかありません。

 

ネストのバスを狙うのがカッコ悪いとか、

でも稚バス守りの親バスは狙うとか。

 

それを言ってるのは管理人である

自分だけです。

 

そしてその矛盾自体をご指摘頂いただけで、

バス釣りをするすべての人に対して、

なんの批判も言ってはいません。

 

このように、当ブログに対しての

ご意見やご指摘に対しては

できる限り真摯に受け止めたいと

考えております。

 

素性を明かしていただいた方を

ブログ上でさらし者にしたりなどと言うことは

断じてありません。

 

ですので、今後他にも何か

お気づきの点などありましたら

ご意見等頂ければ幸いです。

 

最後になりますが、

 

そしてこちらはどうでもいいことなのですが

亀山湖にギル型ビッグベイトブームをもたらしたのは

時系列的にガンタレルではなく、ブルシューターJr.と思われます。

 

同時にこのようなご指摘も

頂きました。

 

むむむ、そうなんですね…。

これは素直に訂正させていただきます。

 

自分的にはガンタレルだったのですが、

勝手な思い込みを書いてしまいました。

 

大変失礼しました。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。最新の記事を見にいく

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから

2 件のコメント

  • 共感出来るブログでした。
    ただ気になるのが、ガンタレルのトレブルフックです。
    バスの、いやバス釣りに関してこれ程までに考慮されている欠塚様が、ビッグルアーのフックがバーブフックなのが気になりました。
    バーブフックはバーブレスに比べると魚へのダメージは数倍です。
    ビッグルアーならエラや目へのダメージの可能性も格段に上がります
    釣って食べる魚なら何も問題無いのですが、ゲームフィッシングとして確立しているバス釣りにおいて、バーブフックはデメリットしかないのでは…。
    へら釣りやトラウトはバーブレスが常識化していますが、何故バスフィッシングだけはバーブレスフックが普及しないのか不思議でなりません。
    私個人の意見なので、どうでもいいことなのですが、バスフィッシングにおいて[バーブレス]というキーワードさえ拒否されているように感じます。
    バスプロが毎回コメントしてる雑誌やブログでもその話題はタブーなのかと感じるほど、話題に上がりませんし。

    乱文失礼しました。

    追記
    欠塚様の影響でフリッピング、実釣しました。
    ロッククローで釣れました。
    貴重な情報ありがとうごさいました。

    • 馬場様コメントありがとうございます。 記事に共感頂きチョッとホッとしています。色んな意見があるかと思いますが、まずは自分の本音として書かせて頂きました。
      バーブレスの件については、確かに気になりますね。正直その部分は考えておりませんでした。じつは普段ビッグベイトをやることはまずなく、ガンタレルで釣れた魚は
      ほぼすべてゴーマル(といっても2本だけですが)で、フックのバーブがそれほどキツい感じはしてませんでした。巻きで釣れるヤツは普通に口にかかっていたので、そこまで気にしていませんでした。
      しかし今確認しましたが、確かにガンタレルのデフォルトのフックはバーブがキツいですね。他の種類のギル型含めたビッグベイトの中ではバーブの小さいタイプのフックも
      あるようです。完全バーブレスにするのはバラシの問題もあり、やはり抵抗があります。しかしトーナメントにおいても魚を傷めたのでは本末転倒ですから、
      今後はそのあたりについても考えてみたいと思います。

      フリップで釣れたとの事、非常に嬉しく思います。ロッククローは良いワームですよね。今中々売ってませんが…。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    wpmaster

    本名 欠塚実(カケヅカミノル) 48 既婚 子供三人の父親 東京都足立区在住 ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表