釣り関係の仕事はつらいのか それはあなたの釣り好き具合できまります

2016年4月25日の記事をリライト

 

新卒入社のみなさんもそろそろ一ヶ月が経とうとしてますね。

 

まだまだ環境にはなれないでしょうが、楽しく仕事できてるでしょうか。

 

その中で、釣り関係の仕事をしてる人はどんな感じでしょう?

 

釣具屋の店員さん、釣り雑誌の編集者さん、メーカーの開発や営業の担当者さん。

 

他にもいろいろあると思いますが、みなさん楽しく仕事されてるでしょうか。

 

【ページへのいいねを押してもらえると毎日最新記事をお届けできます】

 

じつは釣りに行けません(笑。

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーのカケヅカ(@kakedukzss)です。

 

自分がこの仕事を始めてからの年間釣行日数はおおよそ20日間くらいでしょうか。

 

20160322_115843

 

チャプター房総の本戦前に必ずプラクティスをする事に決めてますのでそれで都合10日間。

 

その他にぽろぽろとプライベートで行ったりします。

 

それ以外にテストで何日か行く事がありますが、釣りはほとんど出来てませんね(苦笑。

 

ちなみにチャプター含めて、すべての釣行はテスト兼、という条件が付きますけど。

 

つまり完全プライベートでの釣行はほとんどありません。

 

でも、その前の何年かは全く釣りをやめてましたから。

 

結婚して子供が出来てからは釣りをやめてました。

 

pexels-photo-medium (1)

 

釣りに行く事が苦行だったんです。

 

土曜日に子供を寝かせてから釣りの準備をして、ほとんど寝ないで釣りにいきます。

 

一日釣りをして、帰ってから荷物を全部おろして。

 

そのあと子供の世話をして、というのがキツかったのでいつのまにか遠ざかってましたね。

 

ローカルトーナメントに出てたのですが、プラクティスがまったくできないのでそれもあって。

 

だから今の方が釣りに行く日数は全然多いわけです。

 

しかも日曜祭日は家族と過ごせるし。

 

これってとってもハッピーでしょ?

 

釣り業界はどうですか?

 

もしかして釣りが好きではない方が釣り業界で仕事してるとしたら、非常につらいのではないですかね。

 

female-100319__180

 

なんといっても釣りは過酷ですから(笑。

 

例えばショップ店員さんが釣りをやらない場合。

 

お客さんに聞かれても、何も実体験を話せないというのは説得力がないですよね。

 

そんな方にアドバイスされても何も買う気にならないでしょう。

 

雑誌編集者の方が釣りに興味がなかったら薄っぺらい記事しか書けないでしょうね。

 

というか、まったく記事が書けないでしょう。

 

一部それをコンテンツにしてる雑誌も見かけますが、非常に残念ですよね。

 

釣りに興味がない新人さんが、業務命令で釣りをさせられる、という。

 

そのコンテンツを見て、初・中級者の読者が優越感に浸れるという狙いなんでしょうか。

 

しかし、その新人さんが本当に釣りに興味がないとしたら、ただのイジメにしか見えないです。

 

釣りに興味のない人には、釣り雑誌に関わってもらいたくないですよね。

 

カメラマンさんやライターさんが釣りに興味がなかったら、これはもう成立しません。

 

今も続けているアングラーなら記事を書いている人が釣り好きかどうかすぐわかっちゃいますからね。

 

そのほかにも、ボートメカニックさんやルアーデザイナーさん、ロッドビルダーさんなどなど。

 

他にも自分が知らないところまで含めると色んな方が釣りに関わってます。

 

その方々が全員釣り好きとは限りませんが、それって商品や記事などに反映されてしまうと思います。

 

できれば生活するために仕方なく釣りに関わっている人よりも、好きな人に作り上げてもらいたいですよね。

 

ブラックな業界ですよ(笑

 

釣りが好きではない人に、釣りをやらせたら、かなりの苦行でしょうね(笑。

 

睡眠不足に体力的疲労。金銭的な負担に長時間労働。

 

夏は炎天下、冬は氷点下。

 

soldiers-army-basic-training-mud-medium

 

雨風をまともに受けながら、一日立ちっ放し。

 

魚が釣れても大して感動も無く、労働に対して対価は格安。

 

絶対やりたくないでしょうね(笑。

 

これが仕事だとしたら、完全にブラック企業ですよね(爆。

 

逆に好きでこれをやってる自分達って完全に変態ですからね。

 

釣り人は全員ドMなんでしょうか(笑。

 

つまり釣りが好きなら釣りの仕事も耐えられるという事ではないでしょうかね?

 

ちょっとくらい仕事時間が長くても、ちょっとくらい体力的にキツくても。

 

実際の釣りに比べたら大した事ないですよね。

 

給料が安くても、休みが少なくても。

 

どうせ自由に使えるお金は釣りに消えてるんだし。

 

休みが少なくても、仕事でフィールドに行ったり釣り道具に囲まれてれば。

 

他の興味ない仕事をするより楽しいと感じるのでは?

 

今、自分がまったく関係ない、例えばエアコンの取り付け工事を仕事にしたとしたら。

 

construction-681548__180

 

夏は炎天下、冬は氷点下。休みも少なく給料が安い。

 

たぶん一日も続かないでしょうね。

 

まあ、エアコンの取り付けが大好きな人もいるかもしれません。

 

そうゆう人は良いでしょうけど、自分はまったくそこに価値を見出せませんね。

 

今の仕事も釣りが好きではないなら相当おもしろくないと思います(笑。

 

でも、自分にとっては天職ですね。

 

環境を整える

 

時間がかかりましたが、自分で今の環境を整えましたね。

 

前提にはラッキーがある訳ですが、それを受け入れて、そのために本気で動いたのは事実としてあります。

 

以前の仕事先をすべて切ったときは先行きどうしようかと不安になりました。

 

pexels-photo-60778-medium

 

でも逆に、やるしかないと開き直ってマシンを動かす事に全力を注ぎました。

 

自分としては、わずか半年くらいでマシニングセンタを動かし、一年足らずで最初の製品を完成させました。

 

今考えても、あの時の集中力はなんだったんだろうと不思議に思います。

 

やはりバスフィッシング用リールのカスタムパーツという、自分の心に強烈に響くものだったからでしょう。

 

2014-10-16 21.37.09-1

 

これが生活雑貨のようなものを作るためなら、そんなにパワーが出たとは思えません(笑。

 

釣りってすばらしいんです。

40代半ばのオッサンがこんなに頑張れるんですから。

 

なら若い人はもっと頑張れるでしょう。

 

もし釣りの仕事に興味があるけど、将来の不安で迷ってる人がいたら、まずはやってみたらよいですよ。

 

業種にもよりますが、釣りに関われれば毎日が本当におもしろいですから。

 

あまり褒められたもんでもないですが、オシャレやグルメなんかより、釣りが好きだとゆう若い人。

 

絶対釣り業界向いてますって!

 

仕事に関する記事はこちら

● 嫌いな仕事をしていて大怪我した話

● 好きな仕事と家族の関係 父親の仕事は死ぬほどいやだった

● 好きな事が仕事になる 準備ができたらそっちに呼ばれたって話

● 難航は成長? ものづくりに対する思いを書いてみた

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。 instagram(インスタ)の方もチェックしてみてくださいね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

wpmaster

本名 欠塚実(カケヅカミノル) 48 既婚 子供三人の父親 東京都足立区在住 ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表