亀山湖のカバーテキサス 接近戦でのフッキングと根がかりについて考える

自分が亀山ダムでフリッピングをする時は、狙うカバーにすごく近づくんですよ。

 

初めて一緒に釣りをした人は、その近さにみんな一瞬おどろきます(笑。

 

なぜそんなに近づいてやるのか、自分の考えを紹介しますね。

 

 

フリッピングの隠れたメリット

 

フリッピングの大きなメリットに根がかりの少なさとフッキングのしやすさがあります。

 

フリッピングのような接近戦ではリズムが大切な要素だというお話を以前しました。

 

リズムが良いとわずかな違和感にもすぐに気づいてフッキングに持ち込めます。

 

そしてリズム良く流していくためにはなるべくスタックさせないでルアーを回収することが大事です。

 

スタックとは水面だけでなく、水の上や下のカバーも含めてです。

 

水の上のカバーにおいては最悪取りに行けば何とか回収できますよね。

 

でも水中の見えないところまで沈めたリグは簡単には回収できません。

 

水中のカバーにリグがスタックしてしまうことを通称根がかりといいます(笑。

 

 

ルアーを垂直に落とす意味

 

2016-03-22 11.11.52

亀山湖のようなリザーバーで岸際のカバーを狙う場合。

 

けっこう距離をとって攻めてる人が多いですよね。

 

レベルの高いチャプター房総でも、けっこう距離をとってカバーを攻めてる人が多いです。

 

狙うスポットから離れるほどバスに対するプレッシャーは少ないのでその考え方は正解ですよね。

 

でもそれはフックの貫通能力が高いライトリグでの話です。

 

少しの力で刺さるような細いフックなら離れて攻めても成立します。

 

逆に普通のテキサスリグなどを離れてアプローチしても意味がありません。

 

それが意味するところは、スポットから離れるほどフッキングパワーが伝わらない、という事です。

 

例えばスモラバをカバーに入れるとしましょう。

 

かなり離れたポジションから入れるとカバーに持たせたラインが90度に近い角度で水中に落ちていきます。

 

まるで滑車のようなイメージですかね。

 

mechanics-737816__180

 

そうするとフッキングパワーは水中のルアーに伝わりにくいので細軸の貫通しやすいフックを使う訳です。

 

それが太軸の大きなフックの場合、ダイレクトにフッキングパワーを伝えなければなりません。

 

そうなると、離れたところからでは物理的に無理があるんですよね。

 

カバーテキサスをやるときはカバーに近づいてなるべく真上からリグを落としましょう。

 

根がかりとフッキングはセット販売

 

亀山湖のカバーにテキサスリグを入れる時、フリッピングロッドのような物干し竿級のロングロッドを使うのには意味があります

 

単純にロッドパワーがあるとか、ディスタンスを沢山取れるからとか。

 

それもそうなんですが、リグを真上に近い角度で落とせるというのが大きなメリットです。

 

少しスポットから離れたとしても、ロッドを立てるとかなり角度をつけられます。

 

これは根がかり回避に相当貢献してくれてます。

 

そしていざバイトがあっても、その長さを生かしてより角度が無い状態でフッキングできます。

 

カバーの釣りではラインが色んな物をまたぎます。

 

2016-03-22 14.42.44

 

その分フッキングパワーをロスするわけですから、より高い位置からのフッキングをする必要がありますよね。

 

根がかりの少なさとフッキングパワーの伝達は同じメリットな訳ですね。

 

根がかりを取りにいかない

 

カバー打ちをしていて根がかりしたら、もちろん回収しにいくわけですよね。

 

でもそこで回収することによって、そのカバー周りすべてにプレッシャーをかけてしまいます。

 

2016-03-22 12.14.38

 

でも帰ってこないルアーを見捨てる事もできませんしね(笑。

 

根本的な解決は、根がからない距離で打つというのが自分の回答です。

 

これは上記内容にもありますが、バーチカルなら根がからない、という理屈にもとづいてます。

 

カバーにおいてはリグを真下に向けて落としてやるとほとんど根がかりしません。

 

根がかる原因はラインの角度にあります。

 

自分からカバーまでの距離、そこまでにラインが寝ているほど根がかりやすいという事ですね。

 

根がからない距離といっても、ある程度は工夫で長く出来ます。

 

ボートをハイデッキにすることで自分が立つ位置を高くできます。

 

2016-03-22 10.19.53

 

そうなるとロッドをより高い位置で振ることができますから、根がかりが回避しやすくなります。

 

あとは単純に長いロッドを使う。

 

自分のようにハリアー80だと本当に根がかりは少ないですよ。

 

これが6.6フィートくらいだと倍以上根がかりするんじゃないですかね。

 

それでも根がかりしてしまったら、ロッドのグリップエンドギリギリを持ってゆすってみましょう。

 

丁寧にルアーをゆすってやると回収できることも多いですよ。

 

まとめます

 

フッキングパワーを伝えるのも根がかりしないのもカバーに近づけば解決します。

 

極論はカバーの真上からルアーを落とす

 

根がかりはカバーの真上からはずす

フッキングはカバーの真上から決める

 

どちらもカバーの真上から、つまりバーチカルという事がキモです。

 

sea-man-person-legs-medium

 

なかなかそこまで近づいてカバーを打つことはないかもしれません。

 

でも亀山のカバーはこれでも釣れます。

 

これはリザーバーのカバー打ちのすごくニッチな分野かもしれませんね。

 

今のところ自分以外でフリッピングしてる人を一人も見たことないですから。

 

20年以上通ってて、一人もですよ。

 

これが霞ヶ浦とか琵琶湖だったら普通にいそうじゃないですか?

 

誰もやらない釣りほどハマると爆発しますよ。

 

根がかりをおそれずにフルパワーのフッキングを決める釣りをみなさんも一緒にどうですか。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。最新の記事を見にいく

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です