Daiwa ZILLION SV TW ラインガイドシャフトができました!

削りあがってからアルマイトに出していた

ジリオンSV TWのパーツが帰ってきました。

 

今回はラインガイドシャフトというパーツ。

20160402_112933

↑ ?? どこの部品?

 

では説明しますね(笑。

 

分解したままだったジリオンSV

 

分解したままの状態で保管してあった

ジリオンですが、

やっと組み上げることができます。

 

20160402_112703

↑ バラバラだと何かと心配ですから

 

前回はラインガイドシャフトを

はずすところまでやりました。

 

なので今回はその状態から

戻していきます。

 

まずはラインガイドシャフトを

セットしましょう。

 

↓ ウォームギヤの横からセットします

20160402_113208

↑ この状態で入れられます

 

そうしたら反対側から出た部分を

Eリングで固定します。

 

↓ この部分です

20160402_113311

↑ ライムグリーンの先端わかりますかね?

 

↓ リングは超小さいので慎重に

20160402_113331

↑ ここでリングを飛ばしちゃうとアウチなんで

 

↓ 無事にはまるとこんな

20160402_113600

↑ ホッと一息(笑。

 

本当に気を遣いますよね。

コツは見ないで作業する事です(笑。

 

というか、親指で完全に上から

抑えながら小型のマイナスドライバー

などで押し込んでやります。

 

もしはずれても、

最悪リングがどこかに飛んでいって

しまうことはないですから。

 

それか大きめの透明なビニール袋の

中で作業するという荒業も(笑。

 

両サイドのカップをセットします

 

では次に両側のカップを組んでいきます。

 

↓ パーミングカップから

20160402_113740

↑ まずスプールを入れます

 

↓ そしてパーミングカップをセット

20160402_113754

↑ここから上にスライドしてネジを締めます

 

↓ コインで回すとお手軽

20160402_113829

↑ アホほど締めないように(笑。

 

そうしましたら、

ハンドル側のカップに移ります。

 

↓ メインシャフトの取り付け

20160402_113903

↑皿ビス2個で止まります

 

↓白い樹脂の間からネジ穴が見えますので

20160402_113950

↑ ドライバーで締め込みます

 

↓ 次にピニオンギヤをセット

20160402_114346

↑ 向きを間違えないように

 

↓次にメインギヤを入れます

20160402_114217

↑ 順番わかりますかね?

 

もし順番がわからなくなった場合は

こちらの記事を参考に。

 

赤茶のプレートが付いている

ギヤは最後まではめ込まないと

後でカップがうまくはまらなくなりますので

要注意。

 

↓ メインギヤをセットしたら

20160402_114518

↑ スプリングをセット

 

これも紛失しやすいので慎重に。

 

そしてメインギヤ部に

凹凸のついたカラーをはめます。

 

↓ カップからはずしてしまいます

20160402_114633

↑ あとからだと面倒なんで

 

↓こんな感じで

20160402_114650

↑ さきにはめておきます

 

ここまでやったらカップをセットします。

 

↓ スプリングが飛ばないように

20160402_114856

↑ かみあわせは大丈夫か

 

↓ビスで止めます

20160402_114955

↑ 画像の日本が同じながさのビス

 

↓ 一本長いのがあるので

20160402_115024

↑ 画像の位置に

 

次はメカニカルブレーキキャップを

セットします。

 

↓ まずは樹脂パーツをひとつ

20160402_115050

↑ 差し込んでから

 

↓メカノブキャップを締めます

20160402_115108

ここまでやってしまえば

安心ですね(笑。

 

ドラグとハンドルをセット

 

さあもう少しです。

ハンドルまわりのパーツを

セットしていきます。

 

↓ ワッシャー類をセット

20160402_115315

↑ 画像悪くてすんません

 

薄いワッシャー(最左)を忘れないように。

ゴールドのワッシャーは厚みが違います。

厚い→薄いの順番。

 

↓ 次、ドラグの音だし用品?

20160402_115413

↑ パーツ名がわからん…

 

↓ 続いてドラグワッシャーを

20160402_115441

↑ 二枚入れます

 

↓ 最後にカラーをセット

20160402_115503

↑ これでドラグが効きます

 

↓ そしてスタードラグを

20160402_115540

↑ 左ハンドルは反時計まわりで締まります

 

↓ ハンドルをセットして完成です

20160402_121537

↑ うーん、なかなか

 

ほんのチョッとした違いなのに、

細かい部分まで統一されると

精悍ですね。

 

20160402_124438

 

TWSの後ろのシャフトです。

このあまり目立たない部分が

大事なところですよね。

 

これにてジリオンSV TWの

ドレスアップ完了です。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。 instagram(インスタ)

の方もチェックしてみてくださいね。

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

wpmaster

本名 欠塚実(カケヅカミノル) 48 既婚 子供三人の父親 東京都足立区在住 ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表