SHIMANO EXPRIDE 163ML-BFS ちゃんと使ってあげないとな

結婚してから6年くらいブランクがあって、3年前くらいからまたバスフィッシングを再開したんです。

 

【ページへのいいねを押してもらえると毎日最新記事をお届けできます】

ベイトフィネス!?

 

そうしたら自分が知らない間に世の中はベイトフィネスなるものが当たり前になってたんですよね。

 

それはリールカスタムの進化だったり、フィールドの変化だったり。

 

20160322_151045

 

とにかく浦島太郎状態でベイトフィネスとはなんぞや?という。

 

で、とりあえず自分もやってみようと昨年購入したのがタイトルにあるSHIMANO EXPRIDE163ML-BFSな訳です。

 

20160322_151054

 

だんだんわかってきたよ

 

昨年の夏前に買ってみて、それから秋までほとんど使ってなかったんですよ。

 

理由はフリッパーな自分には必要ないから。

 

じゃあなんで買ったんだよ!?って言われちゃいますね。

 

ホントにただの興味でしたね。

 

ベイトフィネスもよくわかってなかったし。

 

でも去年のチャプター房総ではコテンパンで、一度も3本リミットを取れず。

 

上位の選手の話を聞くとベイトフィネスという単語がよく出てきてました。

 

これはちゃんとやらんとマズイ。

 

で、チャプターの全日程が終了したあとに練習がてら亀山でいろいろ試したんです。

 

そのときはストレートワームを買いこんでひたすらワッキーをやりましたね。

 

でもなんか違うような…。

 

もしかしてワッキーにはむいてない?

 

またいい加減なインプレです

 

というわけで、またしても当てにならないロッドインプレッションです(笑。

 

↓ それにしてもハリがあります

20160401_224631

↑ ティップにも相当ハリがありますね

 

このロッドを部屋で曲げてみた感想は、「すごくハリがある」という感じです。

 

去年から今年にかけて、ワッキーやネコリグを中心に使ってきました。

 

でもティップにハリがありすぎてどうも使いにくい、というのが素直な感想。

 

さらに曲げて見ると…

 

↓ ベリーもすごくハリがある

20160401_224638

↑ めちゃめちゃなファーストテーパーではないような

 

この感じだとワッキーよりもラバージグの方が使用感が良いかもしれません。

 

それもチョイ重めのラバージグが操作性よいのではないかと。

 

さらに曲げてみる。

 

↓ これはファーストテーパーではないな

20160401_224647

↑ ベリーに入ってますね

 

自分的にはレギュラーテーパーといった感じです。

 

このハリにこのテーパーだと、やはりノーシンカーには向いてないと思いますね。

 

できなくはないですが、むしろ重量のある6インチ以上のワームに向いてるのではないでしょうか。

 

ロッド選びってむずかしい

 

この前のEXPRIDE170M-PFもそうでした。

 

店や自宅の部屋で曲げた感じと実際のフィールドで使った感じは全然ちがうんですよね。

 

それにしても170M-PFの方は部屋では硬く、フィールドではやわらかく感じたんですが。

 

BFSの方はその逆でしたね。

 

まったくどんだけフシ穴なんでしょうか。

 

でもこれはこれで使えるものがあると思います。

 

自分的にはハリがあるロッドは好きですので。

 

ナチュラルに食わせるよりも積極的にカケていくロッド、という印象ですね。

 

ベイトフィネス?

 

自分の勝手なイメージですが、ベイトフィネスってもっともっとソフトなものだと思ってます。

 

やはりティップはソリッドがそれっぽいのかな?とか。

 

なんかすごく素人っぽい意見ですんません(汗っ。

 

もともとスピニングが得意だったのをベイトフィネスに乗り換えようとしてるところでして…。

 

そうゆう意味で言うと、このロッドはベイトフィネスではないのかもしれません。

 

ちょっとハリが強すぎるような。

 

普通のMLのベイトロッドでは?という感じです(笑。

 

ロッドから入るのはむずかしい

 

ルアーがあって、最後にロッドがくる、というお話を以前しました。

 

それが、自分の思惑と違うロッドを購入してしまい、なにか別のルアーに使えないか?という順番になると迷子になりますね。

 

ロッドから決めていくとおかしい事になるんですよ。

 

特に自分の手駒にない釣りをしようとすると、よけいにおかしくなります。

 

このロッドにはどのルアーが合ってるんだろう?

 

というやり方は正解までが長いんです。

 

ちょっと遠回りなんですよね。

 

なのでこのロッドはとりあえず置いておきます、というか、あまり気にしない。

 

一応もっていって、使えたら使う、的な。

 

さて、今期は違うベイトフィネス用のロッドを買おうかなぁ。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。 instagram(インスタ)

の方もチェックしてみてくださいね。

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

wpmaster

本名 欠塚実(カケヅカミノル) 48 既婚 子供三人の父親 東京都足立区在住 ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表