SHIMANO14スコーピオン用オフセットクラッチ 左ハンドル用で導入

20160319_171114

製品のインプレをする関係で購入した

SHIMANO14スコーピオン201HG。

 

けっして自分のフリッピング用の、

私物化するためのリールではありません。

 

仕事なんです、

これは仕事で必要なんですよ。

 

スポンサーリンク

やはりクラッチの位置は高いな

 

ノーマルを見てみると。

 

20160319_171216_001

↑ スコーピオンレッドがイカすなぁ(・-・*)ヌフフ♪

 

全体的にカッチリした感じです。

 

今ビッグベイターに人気だというのも

わかりますね。

 

今回はオフセットクラッチのインプレ用ですので、

まずはそこに注目してみます。

 

クラッチの位置はやはり高い位置に

設定されてますね。

 

20160319_171256

↑ 指が当たる部分は平らです

 

SHIMANO製リールはクラッチの交換が

簡単なので、さっそく取り換えてみます。

 

スプールをはずしてビスを緩めると

すぐ取れます。

 

↓ ピンボケ失礼(゚ー゚;Aアセアセ

20160319_171426

↑ ドライバーを差し込んでビスを緩めます

 

これだけ。

 

↓ 取れました

20160319_171450

↑ SHIMANOリールはこれが助かる

 

↓ で、カスタムクラッチ

20160319_171536

↑ 専用ビスが付属します

 

↓ これもビスで止めるだけ

20160319_172231_001

↑ 簡単

 

スポンサーリンク

ライン巻いてみた

 

↓ ナイロンの30ポンドを巻いてみました

20160320_081127

↑ これで50m

 

サンラインのMachinegun CASTの

マーカーきっちりなので、

びったり50m。

 

20160319_173105 20160320_081704_001

 

ノーマルスプールがかなり深溝なので

このくらいは巻けますね。

 

計算済みかな?

 

パーミングはなかなか良いけど…

 

いまどきのリールはメインギヤ側が

かなりオフセットしてるので

腰が低いですね。

 

そして重量がメインギヤ側に集中してるせいか

ロッドにセットすると自然にハンドル側を

下にする持ち方になってしまいます。

 

自分的にはこれでしっくりきますね。

 

20160320_082319

 

やはりシェイクなどのアクションをつける場合は

リールを横向きにしてやりますからね。

 

うん、良い感じ。

 

ただやはりスタードラグは小さいな。

 

↓ 普通にパーミングすると指がとどかない

20160320_073407

↑ これが惜しい!

 

今回の釣行で使ってみて、

どうしてもやりにくかったら

またAvailさんにパーツを送ってもらおうかな。

 

でもちょっとは釣れないと

もらいにくいな。

 

営業ON田氏の視線も怖いし…。

 

13メタか14スコーピオンか

 

20160320_111132_001

 

昨シーズンまではフリッピングロッド、

ハリアー80に13メタニウムの組み合わせで

やってきました。

 

DaiwaのロッドにSHIMANOのリール

という組み合わせについては

ご愛嬌ということで。

 

自分的にロッドについては

それほどメーカーでこだわりは

ありません。

 

ですがリールについては

単にSHIMANO好きなのです。

 

理由はあとづけで、

ただ好きなんですよ、それだけ。

 

で、ハリアーに合わせるリールですが、

今回は14スコーピオンを考えてます。

 

前に記事で書きましたが、

ロッドに対してリールが軽量すぎると

バランスが悪いような気がするんですよ。

 

特にフリッピングロッドのような

物干し竿には軽量リールだと

ロッドが重く感じてしまいます。

 

13メタニウムXG,

性能も見た目も申し分ないのですが、

軽すぎるんですよ、ハリアーに合わせるには。

20160320_111305

 

で、14スコーピオン。

 

これが良いバランスかもしれないです。

 

今の仕事をやる前は

スコーピオン1001を使ってましたが、

これがバランス良かったんです。

 

↓ なつかしのスコーピオン1001

20160320_112556

↑ このコンボでよう釣ったなぁ

 

このバランスに近いんですよ。

 

リールの重量も近いし、

このくらいの重さがハリアーには

丁度良いと思うんです。

 

じつはこの先16スコーピオンという

選択も出てくると思うのですが、

伝統のスコーピオンレッドではないんですよね。

 

まあそれは良いとして、

14スコーピオン、インプレッションして

きますね。

 

どんな感触なのか自分でも楽しみです。

 

ただ、フリッピングロッドに組み合わせる

リールのインプレって

みなさん興味ありますかね?

(;^_^A アセアセ・・・

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。最新の記事を見にいく

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク





★☆★★☆★ 良かったらこちらの記事もどうぞ ★☆★★☆★



2 件のコメント

  • いつも更新楽しみにしています。
    ラインやフックについても拘りを
    聞かせていただければと願っております。

    • utica様 コメントありがとうございます。そう言えば当ブログでラインやフックについてはほとんど触れてませんでした(笑。
      順を追って記事にしていけたらと思います。宜しくお願いします。(。-_-)ノ☆・゚::゚ヨロシク♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    wpmaster

    本名 欠塚実(カケヅカミノル) 46歳 既婚 子供三人の父親
    東京都足立区在住
    ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表