メタルバウデッキ

もう最終プロトとか最終テストとか言うの

やめます(泣。

 

20160317_162815

コツコツと継続して開発している

メタルバウデッキ。

 

あきらめずにコツコツ

続けております。

 

コツコツと言えば聞こえが良いですが、

色んな業務に追われて

一気に出来てないだけです(泣。

 

改良するたびに

最終プロトとか言ってきましたが

もうそうゆうのやめます。

 

最終プロト詐欺になってますからね。

 

スポンサーリンク

シンプルにまとまったかな

まったくこんなペースで作ってて、

構想2年とか、

フィールドテストに1年とか。

 

↓ 去年の夏

20150515_120836

↑ これは完全に強度不足でした

 

完全に詐欺ですよね。

 

ガッツリ取り掛かれば

もっと早くできるはずなんです。

 

今年中に製品化のメドを立てないと

開発自体が立ち消えしてしまいそう。

 

自分的にはこれ無しに

レンタルボートパーツメーカーは

名乗れないと覚悟してます。

 

そのくらい思いいれがある製品に

なる予定です。

 

スポンサーリンク

強度はかなり上がってますんで

 

これのテストって強度テストの

歴史なんですよね。

 

↓ とにかく強度が足りない

20150902_054018

↑ なんとしてもメタルで作りたい

 

やってもやっても強度が問題なんです。

 

ハイパワーのエレキを

全開で踏んでも大丈夫な

強度をめざしてるんですよ。

 

↓ 小さくすれば強度がたりず…

20150902_130113

↑ 軽くするほど強度が足りず…

 

どうもタイプを限定するから

おかしい事になるのではないか?

という考えになり。

 

最近のやつはボートに対して

オフセットしたタイプを試してみたところ、

なかなか良い感触だったんですよ。

 

でもサスペンション機能がイマイチ

強度不足。

 

そこでも強度の問題にぶつかり、

とにかく強度では苦労してます。

 

その機能がなければ早いんですが、

レンタルボートあってもこの釣りです。

 

ボートに負担をかけるパーツは

絶対ダメなんですよ。

 

船より先に壊れるパーツでないとね。

 

コンパクト

 

今まで使ってたバウデッキと比べて↓

20160317_162951

だいぶコンパクトでしょ?

 

重量もかなり抑えられてるんですよ。

 

各部にこだわりがあって、

使いやすくしたつもりです。

 

クランプのネジ部はステンレスの補強入り ↓

20160317_162738

ジュラルミンに直接ネジを切ると

すぐにグズグズになっちゃいますからね。

 

↓ 特殊な加工で強度を出してるんですよ

20160317_162723_001

バスボートと違って、

レンタルボートの場合は何ども

ネジを締めたり緩めたりしますからね。

 

↓ リトルゲーターマウントもアルミに直

20160317_162927

↑ ここがグズグズになっちゃうんです

 

自分の周りの釣り仲間も

この部分には苦労してましたからね。

 

ここは絶対強化しようと思ってました。

 

またしても試合がテスト

 

来週はチャプター房総開幕戦です。

 

今回のプロトも

試合絡みでテストになります(笑。

 

なかなか集中して試合できませんが、

この世界に足を踏み入れた宿命ですかね。

 

14スコーピオンのクラッチ

インプレッションしないとな。

 

メーカーをやってるトッププロって

ホントすごいですね。

 

自分は成績を出しながら

良い製品を作っていくのは

むずかしいのかな…。

 

いや、そうじゃなく

良い製品を作ることで

成績がついてくるのだ!

 

ものづくりを全力でやることが

成績を出す近道だと思って

頑張りますっ!

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。最新の記事を見にいく

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク





★☆★★☆★ 良かったらこちらの記事もどうぞ ★☆★★☆★



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です