SHIMANO EXPRIDE 170M-PFを買ったのでなんとなくレビューします

 

20160314_174234

 

タイトルにあるロッドを買いました。

SHIMANO EXPRIDE 170M-PF。

 

20160314_174303

 

最後のPFはピッチングフリッピングの事だと

思われます。

 

レングスは7フィート。

アクションはMとなってますね。

 

まあカタログスペックはどうでも良いです。

 

この長さでこのアクションの、

このロッドが欲しかったんですよ。

 

スポンサーリンク

硬くはないぞ

 

ティップのソフトなジグロッドが欲しかったんです。

 

これは亀山のカバーを想定してます。

 

フリッピングのフォローで、

ということではなく、完全にメインパターンに

ハメるためのロッドです。

 

↓ エキストラファーストなティップ

20160314_174614

↑ すごく良い感じ

 

ティップがソフトであって欲しい理由。

 

やや軽量ルアーをカバーに入れたときに

スタックしたルアーをうまくはずしながら

シェイクを入れたいからですね。

 

いまどきのロッドなら7フィートあっても

長さは感じないですね。

 

むしろシャープな感じ。

 

↓ この手の曲げ方では何もわかりませんが…

20160314_174625

↑ ベリーも強そう

 

ガイド同士の間隔が

すごく詰まってるわけでもないのに

エラく先調子ですね。

 

↓ バットは文句無く強そう

20160314_174702

↑ 竿先で小技が利くので楽しそう

 

↓ リールはやはり13メタで決まりでしょう

20160314_174335

↑ まずはフロロの16からかな

 

↓ あとはトリガーをどうするか…

20160314_174345

↑ とりあえずまだノーマルで使うか

 

スポンサーリンク

接近戦が自分のスタイルなので

 

部屋で見たかぎりでは、

かなりのファーストテーパーに見えます。

 

これだけ先調子だと

キャストはむずかしいかもしれません。

 

でも自分のスタイルはかなり接近して

カバーを打つというスタイルですから、

ロングキャストは考えてません。

 

ロッドの長さも手伝って、

ショートピッチでカバーの中に入れていくのは

かなりやりやすいと思います。

 

サイドからのショートキャストや

バックハンドでのキャストは

腕でなんとかせい、というノリですかね。

 

それよりも、

濃いカバーに軽めのルアーでアプローチして

シェイクで誘うやりかたには

先調子が絶対条件ですね。

 

あとは実際にフィールドで使ってみて

どうか、というところです。

 

使用感はまたあらためてレビューしたいと

思います。

 

今度の釣行がたのしみだ♪

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。最新の記事を見にいく

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク





★☆★★☆★ 良かったらこちらの記事もどうぞ ★☆★★☆★



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

wpmaster

本名 欠塚実(カケヅカミノル) 46歳 既婚 子供三人の父親 東京都足立区在住 ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表