フリッピングの基本的な動作 あなたはできているか?

2016年3月に書いた記事の再リライトです。

 

このブログでは亀山湖でのカバーフリッピングについて結構いろいろ書いてます。

 

自分も最初はまったくできなかった基本動作。

 

ちょっと詳しく解説していこうと思います。

 

【ページへのいいねかツイッターフォローしてもらえると毎日最新記事をお届けできます】

スポンサーリンク

フリッピングとは

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーのカケヅカ(@kakedukzss)です。

 

バスフィッシングで使われる「フリッピング」というメソッドですが、これについては人によって捉え方が違うように感じてます。

 

低地のマディーウォーターフラットランドレイクで葦際やべジテーションを効率よく延々と撃っていくのもフリッピングなら、クリアウォーターリザーバーに点在する一級スポットに対して一撃必殺的に入れ込んでやるのもフリッピングと言えるでしょう。

 

自分の考えるフリッピングは後者の要素が圧倒的に強く、ホームレイクである千葉県房総半島のリザーバー亀山湖でヘビーカバーに入れ込んで行うメソッドの事をフリッピングとしています。

 

これについての解説は自分の心の師匠の一人、田辺哲男プロのコラムに詳しく解説してありました。

 

その記事を始めて読んだ時、その内容は明確な自分の答え合わせとなったんですよね。

 

一部抜粋させてもらうと、

まず第一に普通のルアーではアプローチ不可能なカバーが存在すること。第二に普通のタックルでは入れてもしょうがない、言い換えると入れることができないような場所にルアーをプレゼントすること。俺のフリッピングに必要不可欠な要素を挙げるなら、この2点に集約されると思う。

中略

手返しよく静かにプレゼントすることができるメソッドっていうのとは、捉え方がちょっと違う。それは俺にとって二の次。だから、このゲームは決して延々とアシやブッシュが続くフィールドに限定されるわけじゃない。たとえばクリアな山上湖だってリザーバーだって、ほんの数ヶ所でも最高のカバーが存在していれば成立するんだ。

中略

いずれにしても、フリッピングロッドを持っていないとするなら、それって不幸だよ。せっかくバスフィッシングをやっているのに、楽しさの一部を放棄してしまっていると思う。そこまで言い切っちゃうよ、俺(笑い)。

引用ここまで

 

この記事は心にジンジン来ましたね(笑。

 

そんな訳で、自分の場合はクリアウォーターリザーバーでのヘビーカバー撃ちをフリッピングとして、その動作を解説させて頂きますね。

 

スポンサーリンク

ロッドは二度上下させる

 

とりあえず活字でどこまで理解してもらえるかわかりませんが、できるところまで頑張りますね。

 

 

見出しの通り、ロッドは二回の上下運動で一連の動作となります。

 

フリッピングDaiwa17タトゥーラSV TW

 

ここでは超初心者の方向けに最初の最初から説明しますね。

 

まずリールからラインを引き出すところからですが、初動が結構大事なんです。

 

これは狙いのスポットにまず軽くピッチングしてしまうのが早いです。

 

普通にルアーを操作してる状態を作りましょう。

 

普通のピッチングと違うのはここからです。

 

まずロッドを立てましょう。時計の針で言うと11時くらい。

 

フリッピング画

 

これは自分から見て真上から前にほんの少し倒れてるくらいとします。

 

このとき右手はパーミング左手はリールより上、バット部分を軽くにぎってる状態にしてください。

 

そしてルアーをピックアップするための動作になりますが、ロッドを速やかに倒しながら左手でラインを引き出します。

 

ロッドを倒すのとラインを引き出すのは完全にシンクロさせます。

 

イメージとしては、左手でラインをもったままロッドを放してしまう感じでしょうか。

 

ロッドはその自重で勝手に倒れ、ラインだけが残されるというイメージかな?

 

前動作として、軽くルアーをシャクッって重さを消しておいてからロッドを倒すとよりスムーズかと思います。

 

左手固定でロッドを立てる

 

さてラインを引き出した左手はしばらくそのままにしておきます。

 

いまあなたのロッドは倒れた状態です。

 

そのままラインをもどさずにロッドを立てるとルアーが手元に帰ってきますね?

 

それでそのまま次の振り出しができれば連続動作になるのですが、最初はそんなにうまくいかないでしょう。

 

左手でラインを引き出したままの状態でロッドを真上に立てたとき、ルアーが大体リールの位置に来てればOKです。

 

左手はそのままで、ラインを出すなり少し巻きとるなりして調整しましょう。

 

このとき左ハンドルのリールだと右手だけでラインの出し量を調節できるので便利です。

 

自分はあえて左ハンドルのリールを使ってるのはこのためですね。

 

送り出しの動作

 

さていよいよフォワードキャストになります。フリッピングというとこれを連想するのではないでしょうか。

 

やってみるとわかるのですが、フォワードキャストの時は思ってるほどロッドを動かすことはありません。

 

ほんとに少しロッドがおじぎする程度です。

 

大事なのは左手の方で、送り出しの時に少しラインを引いてやるのがキモですね。

 

20151230_170213_thumb

 

ルアーを前に飛ばすのに、なぜラインを引くのか?

 

これはよりルアーに勢いをつけるため、ということになります。

 

ルアーを飛ばす前の動作で一度ラインを引くことでよりロッドをしならせます。

 

そして飛んでいくルアーに合わせて左手のラインを放して絡まることがないよう案内してやります。

 

最後は左手がリールの上のバット部に自然と収まれば一連の動作が完了となります。

 

つまり一度目にロッドを倒すときは大きく、二度目に倒すときはほんの小さく、という感じですね。

 

そのあとはアクションをつけるなり、シェイクするなりしてまた次の動作に入ります。

 

 

連続動作のキモ

 

フリッピングの動作そのものは慣れればそれほどむずかしくはないでしょう。

 

要はこれを連続して行うのが難しいのかもしれませんね。

 

フリッピングは基本的に流れが大事です。

 

エレキ操船とのマッチングが大切なんですよね。

 

ラインの出し入れに関してはほぼ無いですよね。

 

左手で引き出した分しか余裕はないので、その範囲だけでやる訳です。

 

一見すごく窮屈に感じるかもしれませんが、エレキと連動することで、すごく効率の良いメソッドに変化します。

 

前に書いた記事でエレキ操船について説明してます。

 

ルアーをリリースした後は船を前進させることによってフォールさせる分のラインスラックを作ります。

 

その際ロッドの角度は基本変えません。

 

バイトがあればすぐにフッキングできる体勢でエレキを踏むわけです。

 

いちいちエレキを踏んでたら魚にプレッシャーがかかるのではないか?

 

という心配は無用です。

 

エレキを踏んで水流なり音なりで魚にプレッシャーがかかる前にルアーが沈みます。

 

つまりバイトがある方が一瞬早いんですよ。

 

繰り返しの動作ですから、プレッシャーがかかったスポットを次々と後にしていく感じですかね。

 

慣れると速いよ

 

自分も最初は全然できませんでした。それについてはこちらで書いてます。

 

でもいろいろキッカケがあって今ではそればかりやってます。

 

フリッピングは速い釣りです。

 

慣れると手返しはピッチングの比じゃないですね。

 

もうハンドル巻くのは面倒くさくてできません。

 

リズムが出てくると次々進めていくので相当なエリアをカバーできると思います。

 

亀山くらいだと、一つのストレッチを流すのはすぐ終わっちゃいますから、折り返して流し直したりしますね。

 

状況によってはじっくり一つのカバーでロングシェイクさせて、というときもあるでしょう。

 

それでも動作がフリッピングなら、そのまま次のエリアまで流していって、みたいな感じでムダがありません。

 

次回は具体的なスポットに対しての流し方と攻め方を説明したいと思います。

 

最近のカバーフリップ

タックルデータ①

Daiwa17SV-TW8.1L_thumb1_thumb

ロッド:旧TD バトラーリミテッド ハリアー80 

リール:Daiwa17タトゥーラSV TW8.1L 

 

タックルデータ②

531-10.09.54_thumb1_thumb

SHIMANO EXPRIDE 1711XH

SHIMANO16メタニウムXG

 

ライン:アプロードGT-R ULTRA

シンカーストッパー:アクティブL

ルアー:Fエスケープリトルツインモコリークロー

ビーズ:手芸店で買ったもの

フック:DECOY キロフックハイパー1

 

テキサスリグに関する記事はこちら

● 【晴れ限定?】亀山湖のカバー中層テキサスには黒いワームが良いと思う件

● 【まとめ】 エスケープリトルツインのテキサスリグ

● 亀山ダムでテキサスリグを使う一番大きな理由

● 【まとめ】 亀山湖の中層カバー攻略

● 続続・カバーのバスを釣りたいならナイロンの30ポンドを使え

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。最新の記事を見にいく

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク





★☆★★☆★ 良かったらこちらの記事もどうぞ ★☆★★☆★



1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    wpmaster

    本名 欠塚実(カケヅカミノル) 46歳 既婚 子供三人の父親 東京都足立区在住 ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表