亀山ダムのカバー打ち 前向きな空アワセをしてますか?

 

pexels-photo-medium

カバーの中にルアーを入れ込んで

狙い通りの明確なアタリがあれば

誰でもフルパワーでフッキングしますよね。

 

それこそ余裕を持って

ハンドルを三回巻いて糸ふけを取って、

せーの、ドン!

 

まあこれで釣れてくれるのが

一番簡単で気持ちよいのですが。

 

でも季節や状況によって

いろんなアタリが出るじゃないですか?

 

みなさん、どう対応してますか。

 

スポンサーリンク

難易度0~5 落ちパク

これが一番フッキングが簡単、

というか、

もはやフッキングがいらないレベルかも。

 

instant noodles

 

ルアーが落ちた瞬間もう食っている状態。

 

ただしここには大きな前提があります。

 

この落ちパクを演出するまでのプロセスは

難易度高いということです。

 

狙って落ちパクを出すのはそれまでの

アプローチがすべてなのですよ。

 

エリア選択から始まり、

スポットの見極めからボートの寄せ方、

アプローチ方法にキャスト精度。

 

エレキ操船についての記事はこちら

 

すべてが高次元で成立したときにのみ

落ちパクが現れます。

(はぐれメタル的な)

 

逆に言うと、

落ちパク体験が多い人は

カバー打ちの名手でもあると

言えるでしょう。

 

落ちパクは食うのがわかってれば

高い確率でキャッチできます。

 

でも初心者の場合、

ビックリして初動が遅れ

カバーに潜られてアウト。

 

Burundi, Face, Surprised, Portrait

 

というケースもよくあると思います。

 

特に遠めからのピッチングで

落ちパクに当たるといくら初動を早くしても

間に合わない場合が多いですね。

 

ルアーが空中にある状態ですでに

クラッチを戻すくらいの使い手でないと

落ちパクフィッシュは獲れないでしょう。

 

まあ素直にフリップするのが早いのでは(笑。

 

フリップについてはこちらから

 

スポンサーリンク

難易度10 ラインが沈まない

 

これありますよね。

 

亀山ダムのカバー限定ですけど、

ラインをカバーに持たせて

ルアーをゆっくり沈めてやります。

 

中層シェイクについては

こちらの記事を参考に。

 

自分の場合は

ほぼ100%テキサスになりますが。

 

このときシンカーの重さを感じながら

落とすのがキモです。

 

そしてまだボトムに着くはずのない

水深でシンカーの重みを感じなくなります。

 

Dentist, Pain, Borować, Cure, Nfz

 

そしてそれ以上ラインが入っていかない。

 

これは大物特有のアタリの出方です。

それについての説明はこちらで。

 

この場合はあわてずさわがず、

ゆっくりと糸ふけをとって、

さらにロッドを適度に倒し。

 

ティップにわずかでも違和感を感じたら

覚悟を決めてフッキングしましょう。

 

たまに普通サイズが釣れてくるという

オチもありますけどね。

 

難易度100 シェイク中に違和感を感じる

 

これは相当難易度が高いですね。

 

Free stock photo of rope, knot, boat rope, sailor's knot

 

カバーにテキサスを入れ込んで

ラインをカバーに持たせた状態で

シェイクするんですが。

 

このとき定期的にシェイクを止めて

ルアーをステイされてやるんですよ。

 

そしてまたシェイクをはじめる。

 

自分のリズムを作って違和感を

感じやすくするんですね。

 

テキサスはリズムが大事、

って記事はこちら

 

このなかのどれかの動作中に

おかしいリズムになる時があります。

 

これは活字で説明するのは

ホントむずかしいんですが、

もう違和感としか言えません。

 

これを感じるための条件は

気もちが前向きな事、です。

 

もうスピリチュアルな感じに

なってきちゃいますけど…。

 

Meditation, Buddha, Hand, Religion, Spiritual, Buddhism

 

それまでノーフィッシュで

釣れる気がしない時なんかは

感じる事ができません。

 

でも例えば、

以前に良いサイズを何本も獲ってる

自信のあるスポットなら

感じられるかもしれませんよね。

 

じつはそういった経験って

ありませんか?

 

なんか釣れる気しかしない、

みたいな。

 

もしかして食ってんじゃね?感

 

これメンタルが低い時って

わからないんですよ。

 

前向きに空アワセしていこう

 

メンタルが弱っているときこそ

空アワセしていきましょう。

 

フッキングの動作って、

すごく良いと思うんですよ。

 

もちろん実際に釣れなくても。

 

まず空でもいいから

エアーフッキングしてるうちに

不思議と釣れる気がしてきます。

 

そうしているうちに

フッキング体勢を意識して

各動作をするようになります。

 

そうです、あの釣れ釣れモードを

エアーで再現するんです。

 

よーし、次も釣れちゃうんじゃね?

の時の状態です。

 

こうしてメンタルを整えてやると

いざ本当にアタリがきても

瞬時に対処できるんですよね。

 

あとは同船者がいるとき、

空アワセをする事によって

威嚇になります。

 

いかにも本当にアタリがあったと思わせて、

「なんでおまえだけアタるんだよ?」

とくやしい思いをさせましょう。

 

これは昔から自分の得意技です(マジです 笑)

 

釣れない時ほど前向きに

 

釣りって釣れない時間の方が

圧倒的に多いですよね。

 

一時間に一匹釣れたらそれって

多いほうかもしれませんよね。

 

単純に10時間釣りしたら

10本釣れる計算ですから

まずまずじゃないですか。

 

初夏のころなんて一日12時間

浮いてることもありますよね。

 

そこで数時間アタリがないと

まいってきますよ。

 

釣れなくても楽しいかもしれませんが、

やっぱり釣れた方が楽しい。

 

いろんな気分転換がありますが、

結局魚が釣れるのが一番の

ストレス解消ですから。

 

なら釣れた気になりましょう。

 

釣れた状態にもっとも近い動作を

エアでやりましょう。

 

これがエアファイトとなると、

かなりサムいですよ。

(たまに浮遊枝とかでやっちゃいますが)

 

Eskimo

 

まあフッキングまでなら大丈夫です。

 

むしろアタリを獲ってると思われて

尊敬されるかもしれません。

 

そして人間の脳ってけっこう騙されて

ホントにアタリがくるって

予感しちゃうらしいです。

 

時間は未来から流れてくる、

という説があります。

 

言い予感も悪い予感もそのとおり

的中するといいます。

 

ならば常にいい予感をもっていれば

それがあなたの未来になるはず。

 

まあ自分も結構そんな体験を

してるんですよ、マジで。

 

何度も空アワセをして

同船者を意味無くビビらてたら

その後ほんとに釣れるという。

 

その時の同船者の人

申し訳ありませんでした。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。最新の記事を見にいく

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク





★☆★★☆★ 良かったらこちらの記事もどうぞ ★☆★★☆★



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です